山村 浩(やまむら ひろし、1962年昭和37年)1月30日[1] - )は、日本海上自衛官。第34代海上幕僚長。山口県出身。

山村やまむら ひろし
JMSDF Admiral Hiroshi Yamamura 山村浩海将 (US Navy photo 191120-N-BB269-1046 U.S., U.K., Japan Navies Reaffirm Commitment to Increased Cooperation).jpg
山村浩
生誕 (1962-01-30) 1962年1月30日(58歳)
日本の旗 日本 山口県
所属組織 Naval Ensign of Japan.svg 海上自衛隊
軍歴 1984年 -
最終階級

JMSDF Vice Admiral insignia (a).svg

海上幕僚長たる海将
テンプレートを表示

略歴編集

1984年(昭和59年)3月、防衛大学校(第28期)を卒業後、海上自衛隊に入隊。護衛艦「みねゆき」艦長、第4護衛隊群司令、護衛艦隊司令官、海幕副長等を歴任し、2019年(平成31年)3月19日の閣議において、4月1日付をもって第34代海上幕僚長に任命する旨の人事が了承・発令された[2]

年譜編集

 
英空母クイーンエリザベス艦上での日米英参謀長級会談(中:英ラダキン大将、右:米ギルデイ大将)
 
米太平洋艦隊司令官とのテレビ会議を行う山村海上幕僚長

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 海上自衛新聞(平成28年12月23日)第3面・主要人事略歴
  2. ^ 防衛省発令(将人事)”. 防衛省 (2019年4月1日). 2019年3月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月19日閲覧。

出典編集

外部リンク編集

先代:
村川豊
海上幕僚長
第34代:2019年 -
次代:
現職
先代:
村川豊
海上幕僚副長
第40代:2016年 - 2019年
次代:
出口佳努
先代:
河村正雄
護衛艦隊司令官
第37代:2015年-2016年
次代:
糟井裕之