山東省化学工場爆発事件

山東省化学工場爆発事件(さんとうしょうかがくこうじょうばくはつじけん)とは、2015年8月22日午後8時40分(CST)ころ、中華人民共和国山東省博市桓台県果里鎮東付村の潤興化工廠で発生した爆発事故[1]。工場の周辺1km未満に住宅がある[2]。初期調査では、アクリロニトリルという有毒の化学物質が爆発の原因とみられる。

概要と人的被害状況編集

2015年8月22日午後8時50分頃、山東省北部の東営市麗景の工場地区にある化学工場で大きな爆発が起こった[3]
同年9月2日現在で少なくとも5名が死亡、9名が負傷した[4]。工場から5キロメートル離れた地点でも揺れを感じたという。一部の中国メディアは「工場に保管されていた化学物質に由来する有毒ガスが漏れ出ている恐れもある」と伝えている[5]

原因編集

現時点では詳細不明。工場は粘着剤を生産、新技術を導入し昨年、操業を始めたばかりだった[4]アクリロニトリルという有毒の化学物質が爆発の原因とみられる。 警察は現場に通じる道路を封鎖し、工場から半径1キロの範囲に住む人たちが避難した。

アクリルニトリルは、石油化学製品(液体)の一種。気化しやすく燃えやすい性質がある。精製・合成し得られるモノマーであり、主にセーターやカーペットの原料となるアクリル繊維、自動車や家電製品に広く用いられるABS樹脂などの主原料として広く使われている。引火性の高い猛毒の液体である。厚生労働省によると、皮膚に触れたり、吸い込んだりすると生命に危険を及ぼすほか、がんになるおそれもあるといわれており、保管する際は容器を密閉することや火や熱から遠ざけることが必要である[6]。日系企業の中では旭化成等の化学メーカーの主力製品である[7]
アクリロニトリルは2015年7月に米テネシー州メリービルで発生した貨物列車の脱線・炎上事故英語版の原因のひとつともなっている。なお本現場では、アクリロニトリルの危険性を考慮して消火活動は行われておらず、危険物処理班の出動が要請された[8]

被害状況編集

中国当局の反応編集

発表内容編集

情報統制編集

脚注編集

関連項目編集