メインメニューを開く

山梨県道708号富士河口湖笛吹線

日本の山梨県の道路
Japanese Route Sign Number 7.svgJapanese Route Sign Number 0.svgJapanese Route Sign Number 8.svg
山梨県道708号標識
国道137号(右)との分岐
御坂トンネル(笛吹市側)
御坂トンネルからの眺望

山梨県道708号富士河口湖笛吹線(やまなしけんどう708ごう ふじかわぐちこふえふきせん)は、山梨県南都留郡富士河口湖町から同県笛吹市に至る一般県道である。

概要編集

甲府盆地河口湖を結ぶ国道137号新御坂トンネルの東側に位置し、1967年昭和42年)に開通した新御坂トンネル有料道路が、1994年平成6年)11月20日に無料開放されるまでは国道137号の旧道であった。起点・終点とも国道137号から分岐する道路の延長は約12 kmあり、曲がりくねった山岳道路が御坂峠の御坂隧道まで続き、御坂峠を経て御坂山地を越える[1]。御坂隧道は全長396 mのトンネルで、富士河口湖側の出口付近に太宰治も滞在したことがあるという天下茶屋がある[1]。冬季は閉鎖されるため、例年12月上旬から4月下旬までの期間は通行することができない[1]

路線データ編集

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

脚注編集

参考文献編集

  • 佐々木節、石野哲也、伊藤もずく『絶景ドライブ100選[新装版]』松井謙介編、学研パブリッシング〈GAKKEN MOOK〉、2015年9月30日。ISBN 978-4-05-610907-8

関連項目編集