メインメニューを開く

山森 隆(やまもり たかし、安政5年9月24日1858年10月30日) - 昭和4年(1929年12月13日)は、政治家衆議院議員(2期)、金沢市長(2期)。

山森 隆
やまもり たかし
Yamamori Takashi.jpg
生年月日 1858年10月30日
出生地 加賀国石川郡金沢九人橋下通
(現:石川県金沢市兼六元町)
没年月日 (1929-12-13) 1929年12月13日(71歳没)
所属政党 立憲政友会

Flag of Kanazawa, Ishikawa.svg 第6-7代 金沢市長
当選回数 2回
在任期間 1909年12月15日 - 1919年5月14日

選挙区 金沢市選挙区
当選回数 2回
在任期間 1902年8月10日 - 1902年12月28日
1904年3月1日 - 1908年3月1日

選挙区 金沢市選挙区
当選回数 2回
在任期間 1898年4月1日 - 1902年8月

在任期間 1893年 - 1902年
テンプレートを表示

経歴編集

加賀藩士の子として金沢に生まれる。1866年慶応2年)に明倫堂に入り、その後、済々館、石川県変則中学、石川師範学校で学んだ。卒業後の、1875年(明治8年)から小学校訓導を務めた。1880年(明治13年)、金沢区会議員となり、やがて議長に選出された。1885年(明治18年)、石川県教育会議員、金沢区書記となった。

1893年(明治26年)に金沢市会議員、1898年(明治31年)に石川県会議員に選出された。また1896年(明治29年)には北陸商報という新聞を創刊している。

1902年(明治35年)、第7回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。1904年(明治37年)の第9回衆議院議員総選挙で再選された。

1909年(明治42年)、金沢市長に選出され、2期務めた。

参考文献編集

  • 『新選代議士列伝』金港堂、1902年。


公職
先代:
渡瀬政礼
  金沢市長
第6-7代:1909年-1919年
次代:
飯尾次郎三郎