メインメニューを開く

山武町(さんぶまち)は、千葉県山武郡に存在したである。

さんぶまち
山武町
廃止日 2006年平成18年)3月27日[1]
廃止理由 新設合併
成東町山武町蓮沼村松尾町山武市[1]
現在の自治体 山武市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 千葉県
山武郡
団体コード 12405-2
面積 52.05km2
総人口 19,779
(2006年2月1日)
隣接自治体 八街市芝山町横芝町
成東町東金市松尾町富里市
町の木 スギ
町の花 ヤマユリ
四季の花 春:スイセン
夏:アジサイ
秋:ビジョザクラ
冬:サザンカ
山武町役場
所在地 289-1298
千葉県山武郡山武町埴谷1874番地
外部リンク 山武町Internet Archive
座標 (町役場)東経140度22分12秒
北緯35度38分27秒
 表示 ウィキプロジェクト

地理編集

町は九十九里平野のはずれの地点に位置し、町東部は平坦な地形だが、西部は丘と平野が入り乱れる特殊な地形をしている。九十九里平野と下総台地のほぼ境目にあり、谷津田といわれる谷あいの土地に作られた田が目立つ。

隣接していた自治体編集

歴史編集

行政編集

産業編集

山武町の産業は『山武杉』で知られるように林業農業が盛んであるが過疎による後継者不足に悩んでいる。

農業は主に、西部の日向地区ではニンジンスイカ水稲トマトなどが、また、東部の睦岡地区ではニンジン、スイカ、トマトに加えホウレンソウダイコンなどの畑作作物がよく作られている。また、近年は有機農法による有機農産物も作られている。

交通編集

施設編集

山武町は自然溢れる町を目指していた。さんぶの森公園は、1996年(平成8年)10月7日に着工し[2]1998年(平成10年)4月23日にさんぶの森図書館等の主要施設が完成して開園した[3]

2005年(平成17年)3月25日にプールや福祉施設を兼ね備えたさんぶの森元気館が完成し[4]、高齢化社会に備える。

合併問題編集

山武町、松尾町蓮沼村東金市成東町九十九里町を合併し、新市である九十九里市とする計画で、2002年(平成14年)11月25日に山武地域合併準備会が発足した[5]

2003年(平成15年)12月25日に山武地域合併協議会が新市名を九十九里市(くじゅうくりし)と決定し[6]2005年(平成17年)3月22日の合併を目指した[7]

2004年(平成16年)11月28日の東金市の住民投票で「合併反対」が多数で離脱[8]が決まり、2005年(平成17年)1月31日に山武地域合併準備会が解散した[9]

のちに山武町、松尾町、蓮沼村、成東町により改めて合併協議が行われ、2006年平成18年)3月27日に新市山武市として合併した[1]

著名な出身者編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d “新4市・町 誕生祝う 香取市 県内初の自治区制導入 山武市 旧4町村、テープカット 新・成田市 NARITAナンバーを交付 横芝光町 2町合併、喜びかみしめ”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 16. (2006年3月28日) 
  2. ^ “人々が憩える森に 40メートルのタワーも さんぶの森公園起工式”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 14. (1996年10月7日) 
  3. ^ “さんぶの森公園完成 合同落成で式典”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 3. (1998年4月24日) 
  4. ^ “さんぶの森元気館開館 山武 町長らがテープカット”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 20. (2005年3月26日) 
  5. ^ “山武合併準備会が発足 任意協から法廷協の母体”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 14. (2002年11月26日) 
  6. ^ “新市の名称は「九十九里市」 山武地域合併協が決定 「全国的に知名度高い」”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 14. (2003年12月26日) 
  7. ^ “合併期日は来年3月22日 山武合併協”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 14. (2004年7月23日) 
  8. ^ “「反対」が多数 合併協[議会]離脱へ 東金市住民投票 東金市合併住民投票開票状況”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 1. (2004年11月29日) 
  9. ^ “山武合併協31日解散 3市町で廃止議案を可決”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 16. (2005年1月20日) 

関連項目編集

外部リンク編集