メインメニューを開く

山浦 景国(やまうら かげくに)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将上杉氏の家臣。

 
山浦景国
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 天文15年(1546年
死没 文禄元年(1592年
改名 村上国清→山浦国清→景国
別名 源五、源吾、通称:蔵人
主君 上杉謙信景勝
氏族 信濃村上氏山浦上杉家
父母 父:村上義清[1]、母:小笠原長棟
猶父:上杉謙信
兄弟 村上義利村上義勝村上義照
村上義邦景国村上義満室、内山清宗室、村上義房室、高梨頼治正室、
会田清幸室、
養兄弟:屋代正国上杉景勝上杉景虎上条義春
正室:上杉謙信養女朝倉義景娘)
幸清高国
テンプレートを表示

生涯編集

天文22年(1553年)、父・村上義清と共に武田晴信に追われて越後国の長尾景虎(上杉謙信)を頼ってその猶子となり、謙信の養女を娶る。女系ではあるが上杉重房の血を引いていたので、後に当時断絶していた山浦上杉家を継いで山浦国清と名乗る。初め、客将として謙信に仕え、川中島の戦い越中国での戦いなど、謙信に従って各地を転戦。謙信死後は上杉景勝に仕えて御館の乱の功績により、景勝から一字を与えられて山浦景国と名乗ることを許された。

天正10年(1582年)には、海津城主となり父の旧領を回復する。しかし、元大名であったことが災いし、他国の大名、武将と書状を通じて交流していることで他家と内通していると疑いを掛けられ、海津城を追い出され越後に召喚され、根知城主にさせられた。その際、旧村上家臣も景国から離れて散り散りにされたと言われる。

文禄元年(1592年)没。

山浦家は後に景勝の側室桂岩院の実家四辻家出身の山浦光則が家名を継いだ。

脚注編集

  1. ^ 祖父説有り。