メインメニューを開く

山猫は眠らない』(原題:Sniper)は、1993年公開のアメリカアクション映画トム・ベレンジャービリー・ゼインパナマ暗殺任務にあたるアメリカ軍狙撃兵を演ずる。

山猫は眠らない
Sniper
監督 ルイス・ロッサ
脚本 マイケル・フロスト・ベックナー
クラッシュ・レイランド
製作 ロバート・L・ローゼン
製作総指揮 ワロン・グリーン 他
出演者 トム・ベレンジャー
音楽 ゲイリー・チャン
撮影 ビル・バトラー
編集 M・スコット・スミス
配給

アメリカ合衆国の旗 トライスター映画

日本の旗 日本ヘラルド映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1993年1月29日
日本の旗 1993年5月1日
上映時間 98分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $19,000,000 アメリカ合衆国の旗
次作 山猫は眠らない2 狙撃手の掟
テンプレートを表示

目次

概要編集

『山猫は眠らない』シリーズはトム・ベレンジャー演ずるトーマス・ベケット上級特務曹長を主人公としたシリーズ作品であり、第一作は1992年(日本公開は1993年5月)に公開された。

ストーリー編集

トーマス・ベケットはアメリカ海兵隊のベテラン狙撃兵。しかし、過去の任務遂行中に相棒である観測手を何人も失ってきた。今回、南米のパナマの国境近くのジャングルでワシントンからの指令を受け、極秘任務を遂行する。彼のもとにパナマの麻薬王オチョアとアルバレス将軍を消し去るという任務を受けた、自分とは対照的に経験の浅いエリート志望のリチャード・ミラーと組むことになる。ミラーはSWATの狙撃手で射撃の腕は非常に良いが、軍隊での戦闘経験はないばかりか、実際に人を射殺したこともない。おまけにジャングルという環境にすら慣れていないため、幾度に及ぶ忠告をベケットから受けるはめに。ミラーは山の斜面ですべり転げたが狙撃手の命である銃を手放さなかったことをベケットから褒められる。ミラーは初のジャングル、ベケットは歴戦の勇士ということで衝突することも多かった。物語終盤は農園に偽装された麻薬王のアジトに二手に別れ忍び込むが、ミラーの起こしたヘマからミラーを守ろうとベケットは注意をこちらに向けさせ敵に捕まり過酷な拷問を受けた。その結果、人差し指は二度と引き金を引けなくなった。任務の途中でミラーは何度もベケットを殺しかけたが最後は捕まったベケットを救い出し任務を遂行し、二人は軍からの迎えのヘリで飛び立っていった。映画は狙撃の任務そのものだけではなく、二人の関係と、彼らが持つ異なった背景から生まれる任務に挑む姿勢の違いや大自然の描写にも焦点を当てている。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
VHS テレビ東京
(追加収録部分)
トーマス・ベケット トム・ベレンジャー 小川真司 青野武
島田敏
リチャード・ミラー ビリー・ゼイン 大塚芳忠 平田広明
チェスター・ヴァン・ダム J・T・ウォルシュ 村松康雄 仲野裕
ダグ・パピッチ伍長 エイデン・ヤング 佐久田修
エル・シハーノ ケン・ラドリー 千田光男
NSC士官 ゲイリー・スワンソン 柳沢紀男
海軍中将 ハンク・ギャレット 円谷文彦
陸軍大佐 レックス・リン[1]
ミゲル・アルバレス将軍 フレデリック・ミラグリオッタ 村田則男
  • テレビ東京版:初回放送1997年3月13日『木曜洋画劇場』※2011年10月26日発売「山猫は眠らない クアドリロジーDVDセット」に、放送時カットされた部分の追加収録を行い収録。
その他吹き替え:福田信昭小形満宝亀克寿天田益男辻つとむ森沢芙美
演出:松川陸、翻訳:日笠千晶、調整:佃安夫、効果:南部満治、担当:柴川謙一、配給:日本ヘラルド映画、制作:テレビ東京、ザック・プロモーション、制作協力:武市プロダクション

続編編集

山猫は眠らない2 狙撃手の掟編集

第2作『山猫は眠らない2 狙撃手の掟』(原題:Sniper 2)

第一作公開から11年を経て第二作『山猫は眠らない2 狙撃手の掟』(原題:Sniper 2)が2002年に公開される。米国ではDVDリリース、日本では劇場公開された。第一作で敵に捕まり拷問を受け重傷を負ったベケットの利き指は回復しておらず、トリガーを右手中指で引いている。既に現役を退いているベケットに、セルビアでの暗殺ミッションが依頼されるというストーリーとなっている。

キャスト
役名 俳優 日本語吹替
ソフト版 テレビ東京
トーマス・ベケット トム・ベレンジャー 安原義人 谷口節
ジェイク・コール ボキーム・ウッドバイン 乃村健次 江川央生
ソフィア エリカ・マロジャーン 加藤優子 大坂史子
パヴェル タマス・プスカ 田原アルノ 井上倫宏
エクレス ダン・バトラー 西村知道 野島昭生
マッケナ大佐 リンデン・アシュビー 木下浩之
  • ソフト版
その他吹き替え:高瀬右光宗矢樹頼前島貴志水野龍司辻親八志村知幸花輪英司すずき紀子御園行洋木下尚紀
その他吹き替え:安元洋貴徳本恭敏金尾哲夫秋元羊介廣田行生奥田啓人田坂秀樹新明茉璃三浦潤也、木下尚紀

山猫は眠らない3 決別の照準編集

第3作『山猫は眠らない3 決別の照準』(原題:Sniper 3)

翌々年2004年には『山猫は眠らない3 決別の照準』(原題:Sniper 3)が製作され、米国ではDVDリリース、日本では劇場公開された。第二作では退役していたベケットは軍籍に復帰しトレーナーとなっていたが、ベトナムでの麻薬王暗殺ミッションに参加、ターゲットがかつての恩人であったこともあり、狙撃に失敗する。

キャスト
役名 俳優 日本語吹替
ソフト版 テレビ東京
トーマス・ベケット トム・ベレンジャー 安原義人 谷口節
クアン バイロン・マン 檀臣幸 桐本琢也
ポール・フィネガン ジョン・ドーマン 菅生隆之 石田太郎
ウィリアム・エイベリー デニス・アーント 小島敏彦 稲垣隆史
ララビー トロイ・ウィンブッシュ
シドニー ジャネッタ・アーネット 野沢由香里 一城みゆ希
  • ソフト版
その他吹き替え:斉藤次郎鈴木正和川島得愛岡田佐知恵天田益男堀越省之助仲野裕宇乃音亜季白熊寛嗣御園行洋渡邊正幸片貝薫
その他吹き替え:乃村健次伊藤和晃川中子雅人秋間登奥田啓人武内健松岡大介利根健太朗荒井静香田代有紀矢島和葉

山猫は眠らない4 復活の銃弾編集

第4作『山猫は眠らない4 復活の銃弾』(原題:Sniper: Reloaded)

2011年製作の第四作『山猫は眠らない4 復活の銃弾』(原題:Sniper: Reloaded)ではトーマス・ベケットの息子のブランドン・ベケットが主人公になっている。父トーマスの出番はないが、1作目のサブ主人公リチャード・ミラーが射撃教官として登場し、ブランドンにアドバイスや戦闘の支援をする。

キャスト
役名 俳優 日本語吹替
ブランドン・ベケット チャド・マイケル・コリンズ 中川慶一
リチャード・ミラー ビリー・ゼイン 黒澤剛史
ラルフ・イェーガー大佐 リヒャルト・サメル 加藤亮夫
チャンドラー パトリック・リスター 林一夫
エレン・アブラモウィッツ アナベル・ライト 石田嘉代
ダスティン・ネルソン コンラッド・ケンプ
  • その他日本語吹き替え
嶋村侑藤吉浩二茶花健太かぬか光明遠藤純平松本忍菊本平青木強

山猫は眠らない5 反逆の銃痕編集

第5作『山猫は眠らない5 反逆の銃痕』(原題:Sniper: Legacy)

キャスト
役名 俳優 日本語吹替
トーマス・ベケット元一等曹長 トム・ベレンジャー 安原義人
ブランドン・ベケット一等軍曹 チャド・マイケル・コリンズ 中川慶一
大佐 デニス・ヘイスバート 福田信昭
サナー・マリク伍長 メルセデス・マソーン 甲斐田裕子
ステファン ネスター・セラーノ
シンプソン ダグ・アレン
リース アレックス・ロウ
ビッドウェル少佐 ドミニク・マフハム

山猫は眠らない6 裏切りの銃撃編集

第6作『山猫は眠らない6 裏切りの銃撃』(原題:Sniper: Ghost Shooter)

キャスト
役名 俳優 日本語吹替
ブランドン・ベケット チャド・マイケル・コリンズ 中川慶一
リチャード・ミラー ビリー・ゼイン 黒澤剛史
大佐 デニス・ヘイスバート 福田信昭
ロビン・スレイター ステファニー・ヴォクト ちふゆ
ビッドウェル少佐 ドミニク・マフハム さかき孝輔
ミゲル・セルバンテス ニック・ゴメス
ジョー・バーンズ三等軍曹 イーノック・フロスト
メインズ マイク・ストラウブ
ロハス ジェイド・オググア
ジーナ・アウングスト プレシリアナ・エスパロリーニ
ガザコフ ベリスラフ・パブロフ
キリアン・グリューン ナイジェル・バーバー

山猫は眠らない7 狙撃手の血統編集

第7作『山猫は眠らない7 狙撃手の血統』(原題:Sniper: Ultimate Kill)

キャスト
役名 俳優 日本語吹替
ブランドン・ベケット チャド・マイケル・コリンズ 中川慶一
トーマス・ベケット トム・ベレンジャー 安原義人
リチャード・ミラー ビリー・ゼイン 黒澤剛史
ケイト・エストラーダ ダナイ・ガルシア 土井真理

トーマス・ベケットのモデル編集

トーマス・ベケットのモデルは“ベトナム戦争の英雄”カルロス・ハスコックだったと、『山猫は眠らない~決別の照準~』DVD収録のメイキングにてベケット役のトム・ベレンジャー自身が語っている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ クレジットなし

外部リンク編集