メインメニューを開く

山猿(やまざる、英語: YAMAZARU1984年3月20日 - )は、日本男性シンガーソングライター俳優。本名は遠藤 竜治(えんどう りゅうじ)[1]福島県会津若松市出身。所属芸能事務所およびレコード会社ソニー・ミュージックエンタテインメント。所属レーベルソニー・ミュージックレーベルズ内のエピックレコードジャパン血液型O型。公式ファンクラブは「あいことBARルビー」。

山猿
出生名 遠藤 竜治
別名 LGMonkees(旧称)
前回のLGMonkeesこと山猿です。(旧称)
生誕 (1984-03-20) 1984年3月20日(35歳)
出身地 日本の旗 日本福島県 会津若松市
ジャンル J-POP
ポップ
職業 ミュージシャン
シンガーソングライター
俳優
担当楽器 ボーカル
ラップ
活動期間 山猿
(2007年 - 2010年、2014年 - )
LGMonkees
(2010年 - 2014年)
前回のLGMonkeesこと山猿です。
(2011年)
レーベル エピックレコードジャパン
事務所 ノーダウトトラックス
(2007年 - 2014年)
ソニー・ミュージックエンタテインメント
(2015年 - )
公式サイト 山猿 Official Web Site

目次

概説編集

音楽性編集

LGMonkees名義では打ち込み主体によるポップス寄りのヒップホップを基調としていたが、山猿名義以降はヒップホップのみならず、ロックEDMR&Bなどを含んだ広義の意味でのポップスである。また山猿名義以降は、打ち込みを主軸にした楽曲もあるが、多くの楽曲で生楽器を使用しており、完全なバンドサウンドによる楽曲も制作されている。

作詞は1stアルバム『あいことば』収録の『「ぼくが好きな君の夢」』以外、全曲で担当。LGMonkeesでは共作が多いが、山猿では全て単独名義となっている。山猿曰く「90%が実体験から生み出されている」と発言しているように、嘘偽りも飾ることもない言葉で表現されている。

人物編集

6人兄弟の三男として生を受ける。スケートボードが趣味の引っ込み思案な性格だった小学生の頃から、祖母が営業していたスナック「ルビー」のカラオケで、自身のルーツである美空ひばりを始めとする演歌カーペンターズ長渕剛など、多数のジャンルの音楽に触れていく。

中学生のときに学校の先輩に見せてもらったAIR JAMの映像を観たことで衝撃を受け、Dragon AshSCAFULL KINGBACK DROP BOMBなどのミクスチャーロックパンク・ロックにのめり込む。

数年後就職、上京しサラリーマンとして働くが、2年で退職し帰郷。22歳頃から音楽活動を開始する。

バイオグラフィ編集

17歳の時に2パックを聴いたのがきっかけでヒップホップに興味がわき、当時単身で上京していた東京横浜のクラブに通いづめていた。その時期に当時東北で行われていたヒップホップイベント「西海岸」とその主催者であるLGY(現LGYankees)の存在を知り、地元を自分も熱くしたいと会津若松へ拠点を戻す。そんな中福島のクラブでLGYのメンバーHIROに出会い、これがきっかけで本格的に音楽活動を始める。初音源はHIROが監修したコンピレーション・アルバム『NORTH EAST』である。その後も山猿としてLGYankeesやNoaなど、NO DOUBT TRACKS所属アーティストの楽曲にフィーチャリングとして参加している。

2010年、"LGYankeesが送る謎のアーティスト"として別名義LGMonkees(エルジーモンキース)として活動。Dragon Ashのカヴァー曲「Grateful Days feat Noa」を配信曲としてリリースし、その後このカバー曲も収録したアルバム『LGMonkees』がリリースされた。リリース後も猿のロゴを模する覆面アーティストとして活動しており、ライブ以外では自身の正体を完全に隠したまま活動していた(LGMonkeesの公式サイトでも顔には猿のロゴが貼られていた)。2011年、2ndミニ・アルバム『前回のLGMonkeesこと山猿です。』発売の告知とともにその正体が明かされ、山猿ということが判明した。 グループ名の由来は諸説あるが、本人が語るところによると、「ある日突然、明日から山猿じゃなくてLGMonkeesという名前に決まりました」と言われたとのこと。「モンキース」は、英語表記による正しい複数形はMONKEYSであるが、そう表記せず、意図的にMonkeesとしている。

通称はエルモン。これは、きゃりーぱみゅぱみゅの番組に出演した際にLGMonkeesさんと呼びにくい事から命名されたことがきっかけ。レーベルメイトの鈴木雅之には初対面の際に「山伏」と呼ばれたが、こちらは浸透しなかった。

デビュー配信シングル「Grateful Days feat Noa」はレコチョク クラブうたで2010年 年間ランキング1位を獲得。レコチョク クラブフルでは2010年 年間ランキング2位を獲得。他にも、有線放送キャンシステム7月度お問合わせチャート1位を、JOYSOUND歌詞の歌詞検索サイトでも1位!と3冠獲得でデビューした。

続く2nd 配信シングル「Life feat. Noa」でもレコチョクフル週間ランキング初登場4位を獲得、夏には1週間限定での配信シングル「花火」もチャートイン、NGMonkees診断ゲームも期間限定で配信し、話題に火がついていった。

2ndミニアルバム「前回のLGMonkeesこと山猿です」を2011年3月17日にリリースする直前に、東日本大震災にて被災。当時仙台に住んでいた為、家が津波の被害を受け、避難所生活を送る。当時、スタッフとも連絡がとれない中、残り少ない携帯電話の電池を使って、ブログに自身の安否を書き込み、このブログに多くのファンが安堵した。また、転々とした避難所生活の中で人の有難みを感じる出来事が多数起こる中、4月29日に自身の楽曲「宝島」が挿入歌になっている映画「豆腐小僧」の前夜祭イベントが行われた。

震災直後ということもあり、ライブができる状態ではないLGMonkeesであったが、ステージに立つと心配で集まったファンの多くが応援してくれ、又自身の楽曲で感動する観客を目のあたりにし、この時に「音楽で人は救われる」ということを本人は確信したと語っている。このときのライブで「3090」を歌唱した映像がYouTubeで約100万回再生され話題となった。

このライブを皮切りに全国各地に歌で愛を全国に伝えていきたいという想いのもと1年間で100本のライブを敢行!ライブで必ず歌う「3090」に対して、音源化の声が多数集まった為、急遽1週間限定で「3090」を配信したところ、限定期間終了後に更なる問い合わせが殺到。「3090」の歌詞の一部を変更し、楽曲アレンジなども施した「3090〜愛のうた〜」が完成した。

2011年10月26日に1stシングル「3090〜愛のうた〜」をリリース。レコチョク ウィークリー2位を獲得し、「ミヤネ屋」「NEWS ZERO」などの報道番組でも特集された。「カミスン」ではMCの中居正広が感動で涙したことも話題になり配信では累計200万ダウンロードを突破、動画サイトでは1000万PVを超えている。

2012年4月は河村隆一主演の舞台「銀河英雄伝説」のテーマ曲として「Change my LIFE」を書き下ろし、自身も「謎の男」として役者デビューを果たした。

2012年11月26日に1st AL「あいことば」をリリース。リード楽曲の「イマアイ」は

  • ドワンゴ タイアップCM
  • Music.jp タイアップCM
  • 流派Rマンスリーアーティスト!
  • TOKYO FM 「RADIO DRAGON」レギュラー番組
  • FMフジパワープレイ
  • RAB青森放送「ZIP FRIDAY」エンディング!
  • RAB青森放送「あさぷり」エンディング!
  • 仙台放送「あらあらかしこ」エンディング!
  • 福島中央テレビ「ゴジてれ土曜版」エンディング!
  • FM新潟パワープレイ!
  • 福井テレビ「スーパーレディース駅伝」テーマソング!
  • 福井テレビ「BANDAY獏」オープニング!
  • 福井テレビ「スーパーニュース」エンディング!
  • FM三重パワープレイ!
  • 伊豆シャボテン公園「カピバラの露天風呂30周年」テーマソング決定!
  • 「ABC万博マラソン2013」テーマソング!
  • KBC朝日放送「ドォーモ!」エンディング!
  • FM福岡パワープレイ
  • FM佐賀パワープレイ と多くのタイアップを、JOYSOUND歌詞検索サイト1位、レコチョク着うたフル2位、クラブフル1位、有線放送リクエスト1位を獲得した。(九州地区は6週、東北地区は5週)

他アルバム収録曲の「NAGISA」は松坂桃李・武井咲 主演の映画「今日、恋をはじめます」のテーマソングに決定した。 又、「元祖カピバラの露天風呂」PR大使に就任した為、2013年2月からはじまった全国ツアー「あいことばは生猿です」では、MCの際にカピバラ人形をステージから投げることが恒例となった。

ツアー終了後から長い制作期間に入り、ライブを中心とした活動を行わざるを得ない状態が続いたが、交流のあるやまだひさしのニコラジで緊急出演を果たし、 重大発表として「LGMonkees」の解散を発表した。 翌日のニュースには解散、活動休止と報じられたが、解散ライブで自分の口で直接ファンに話したいとして、解散当日まで口を閉ざしていた。

2014年10月6日に解散ライブを行い、当日の緊急記者会見の中で、今後は山猿に改名して音楽活動を続けると発表。 2年半の空白のリリースを一気に埋めるかのような怒涛の12週連続配信企画をスタートさせた。

ディスコグラフィ編集

シングル
  1. 3090〜愛のうた〜(2011年)
  2. (2015年)
スタジオ・アルバム
  1. あいことば(2012年)
  2. あいことば2(2015年)
  3. あいことば3(2016年)
  4. あいことば4(2017年)
  5. あいことば5(2018年)
  6. あいことば6(2019年)

ライブ編集

サポートメンバー編集

DJが後述のイベント出演も込みで参加が多いのに対し、LGMonkees期に参加した生バンドイベント『勝菊亭』を除きバックバンドがイベントに帯同することはない。

バックDJ編集

人名 在籍期間
DJ CHYCHO from purple label 2011年
DJ CANBE 2012年 -
マツコ 2013年 - 2015年
DJ May 2015年 - 2016年
植田せりな 2015年 - 2016年
DJ Rinaly 2016年 - 2017年
花井諒 2017年
木内友軌 2018年

バックバンド編集

人名 パート 在籍期間
川口圭太 ギター 2015年 -
山崎英明 ベース 2016年 -
モチヅキヤスノリ キーボード 2015年 -
今村舞 ドラムス 2015年
城戸紘志 ドラムス 2016年 -
足立賢明 マニピュレーター 2015年 -

公演一覧編集

通常のアルバムツアーの他、『勝手に紅白猿合戦』と題した年末スペシャルライブを不定期で開催している。主にライブハウスを主体として公演を行っているが、地元である福島公演では多目的ホールコンサートホールといった、ホールクラスの会場が使用されている。当初はDJスタイルであったが、次第にバンドスタイルでも行われるようになった。

日程 種別 タイトル 会場・備考
LGMonkees
2011年2月11日 - 3月27日 コンサートツアー NO DOUBT LIVE‼︎
「LGMonkees LIVE TOUR 生猿 2011」

LGMonkees初のライブツアー。当初は11公演を予定していたが、前述の通り東北地方太平洋沖地震の影響により後半4公演は中止となり、チケット代金は払い戻しの措置が取られた。

2013年1月24日 単発公演 LGMonkees「あいことば」リリース記念
~一夜限りのプレミアムショーケース~

1stアルバム『あいことば』の購入者から抽選販売を行い開催された限定ライブ。LGMonkees初の全曲生のバックバンドを帯同して行われた。

2013年2月9日 - 3月28日 コンサートツアー LGMonkees ライブツアー 2013
「あいことばは・生猿です!」

1stアルバム『あいことば』を引っ提げて敢行された2年振りのライブツアー。

2014年10月6日 単発公演 LGMonkees解散LIVE みんなありがとう‼︎
~でも寂しいからサヨナラは言わないよ~

同年8月に解散を報じたのちに開催された一夜限りの解散ライブ。2013年に出演した生バンドイベント『勝菊亭』以来の生のバックバンドを帯同して行われた。終演後「LGMonkees緊急記者会見」と題された映像で、以後は山猿名義に戻して再スタートを切ることが発表され、山猿として未発表曲5曲を初披露した。

山猿
2015年2月11日 - 3月20日 コンサートツアー 改めまして山猿です!
「襲名披露」ツアー2015

2ndアルバム『あいことば2』に伴う、山猿に改名後初のライブツアー。ツアーで初めての愛知公演が行われた。

2015年7月24日 - 9月11日 コンサートツアー あいことばは山猿です‼︎
Tour 2015〜夏の陣〜

2ndシングル「」に伴うライブツアー。2015年2度目であり夏に敢行するツアーは初で、初めての長崎公演が行われた。ツアーでは初めてのバンドスタイルで行われ、ギターキーボードが加わった(リズムは打ち込みによる同期演奏)。

2015年12月27日 単発公演 山猿だよ‼︎勝手に紅白猿合戦2015
~あの夢への第一歩~

山猿に改名して1年、ファンへの感謝を込めて開催された年末スペシャルライブ。この公演よりベースドラムスを加えたフルバンドスタイルとなる。後に『あにばーさる 〜山猿だよ!! 勝手に紅白猿合戦2015 あの夢への第一歩〜』として初の映像作品化された。

2016年4月2日 - 5月21日 コンサートツアー 猿年だよ‼︎ 全員集合ツアー2016
〜見る猿、聴く猿、歌う猿〜

3rdアルバム『あいことば3』に伴うライブツアー。ツアーで初めての青森、鹿児島、北海道公演が行われた。最終日の恵比寿LIQUIDROOM公演にはハローキティ華原朋美がゲスト出演した。

2016年5月29日 単発公演 一夜限りのスペシャルライブ・
山猿 meets ハローキティ
『猿年だョ‼︎全員集合ツアー in サンリオピューロランド』

ツアーのアフターパーティー的な意味も含むタイトル通り一夜限りのスペシャルライブ。会場ではハローキティとの限定コラボグッズも販売していた。

2016年12月23日 単発公演 山猿だョ‼︎今年も勝手に紅白猿合戦2016
~あの夢への第二歩~

2年連続の年末スペシャルライブ。今公演は山猿の地元である福島県会津若松市で行われた。出身地でワンマンライブを行うのは自身初となった。後に『あにばーさる2 〜山猿だョ!! 今年も勝手に紅白猿合戦2016 あの夢への第二歩〜』として映像作品化された。

2017年2月25日 - 4月15日 コンサートツアー YAMAZARU JAPAN TOUR 2017
‘‘All we need is LOVE

4thアルバム『あいことば4』に伴うライブツアー。ツアーで初めての宮崎公演が行われた。また、初の英表記によるツアータイトルとなった。

2017年11月4日 - 12月3日 コンサートツアー 山猿ライブハウスツアー2017
‘‘東北ロッケンロール

3rdミニアルバム『えんむすび』に伴うライブツアー。秋に敢行、東北地方6県のみで廻るのは自身初、年に2度ツアーを行うのは自身2度目である。

2018年5月26日 - 8月19日 コンサートツアー 山猿だよ!
あなたの街にイマアイに行きますツアー2018

5thアルバム『あいことば5』に伴うライブツアー。初の北海道公演が開催される。『改めまして山猿です!「襲名披露」ツアー2015』以来3年ぶりに、バンドスタイルではなく、DJスタイルで敢行された。

2018年12月22日 単発公演 山猿だョ‼︎ 全員集合 紅白猿合戦2018 in 仙台

2年ぶりの年末スペシャルライブ。今までは地元である福島県内で開催されていたが、今回は初めて福島県以外での開催となった。

出演イベント編集

日程 タイトル 会場・備考
LGMonkees
2010年9月25日 仙台放送まつり2010
「いまドキステージ」
会場 - 勾当台公園 (宮城県)

LGMonkees & Noaとして出演。

2010年10月30日 LGMonkees
LGMonkees』リリース記念イベント
会場 - HMV一番町 (宮城県)

1stミニアルバム『LGMonkees』を購入した者に先着(予約者優先)で参加券を配布して行われたミニライブ。参加券所有者には終了後にLGMonkees直筆サイン色紙がプレゼントされた。

2010年11月27日 LGMonkees
『LGMonkees』発売記念LIVE
会場 - Wonder GOO守谷店 (茨城県)

1stミニアルバム『LGMonkees』を対象のWonderGOOチェーンにて購入した者に、イベント観覧希望の方を対象に先着で100組200名を招待して行われたミニライブ。

2010年12月18日 ジャンプフェスタ2011 会場 - 幕張メッセ国際展示場1ホールから8ホール (千葉県)
2010年12月19日 - 12月26日 LGMonkees
『LGMonkees』インストアライブ

両日共、2人組ユニット「Clef」(当時は3人組)と共演。

2011年3月25日 FLYING POSTMAN PRESS LIVE TOUR 2011 part2‘‘NO BORDER” 会場 - 札幌Sound Lab mole (北海道)

フリーペーパー「FLYING POSTMAN PRESS」主催のライブツアー札幌公演。 三浦大知、SUGAR SHACK FAMILY【Full Of HarmonyLL BROTHERSHI-DLEO/三浦大知】/LGMonkees/韻牙ランド/山口リサPLΛTINUMと共演。

2011年4月28日 豆富小僧」公開前夜祭LIVE 会場 - SHIBUYA-AX (東京都)

挿入歌「宝島」を担当する本格長編3Dオリジナルアニメ映画『豆富小僧』の公開前日に開催された前夜祭ライブ。主題歌を担当したSCANDALをはじめ、同じく挿入歌を担当したAqua TimezCrystal KayHALCALIと共演。

2011年5月20日 SNGT55-ver.9-東日本復興支援スペシャル 会場 - 心斎橋CLUB QUATTRO (大阪府)

アルファエイジアエンジニアTEE、Cold Tommy (オープニングアクト)と共演。

2011年5月28日 J-WAVE PARADISO OSHMAN'S MOVIN' ON UP EARLY SUMMER SESSION feat. LGMonkees 会場 - オッシュマンズ原宿店B1エントランス前 (東京都)

J-WAVE「PARADISO」内の番組OSHMAN'S MOVIN' ON UPによる公開ライブイベント。 リスナー35組70名をステージ前方の優先観覧スペースに招待して行われた。

2011年7月16日 美浜海遊祭2011 会場 - 美浜小野浦海水浴場前「食と健康の館」隣接特設ステージ (愛知県知多郡)

知多半島の夏の祭典「美浜海遊祭2011」のメインイベントである野外ライブ。AAA、SCANDAL、Sweet Licious 、Dream5ももいろクローバーZと共演。

2011年7月17日 第1回「東北六魂祭 会場 - 勾当台公園・市民広場メインステージ (宮城県仙台市)

東北6県を代表する祭り「青森ねぶた祭」「秋田竿燈まつり」「盛岡さんさ踊り」「山形花笠まつり」「仙台七夕まつり」「福島わらじまつり」。東北人の不屈の魂を示すこの6つの祭りが初めて集結し、復興への狼煙をあげるイベント。

2011年7月30日 東日本大震災復興応援コンサート
「ステラ・ミュージックフェスティバル2011 中村あゆみ ニューアーティストも迎えて」
会場 - 河口湖ステラシアター (山梨県南都留郡)

中村あゆみ、キマグレンと共演。

2011年7月24日 復興支援チャリティーイベント
TBC夏まつり2011
絆みやぎ~Smile Again!~
会場 - 勾当台公園・市民広場WESTステージ
2011年7月30日、7月31日 みんなでつなぐ明日への絆
ビアフェスタ in 仙台
supported by アサヒビール
会場 - 錦町公園 (宮城県仙台市)
2011年8月1日 石巻川開き祭り
「がんばろう!石巻 復興ライブ」
会場 - 石巻駅前・立町お祭り広場 (宮城県石巻市)

NO DOUBT TRACKSとして出演。

2011年8月11日 FMヨコハマ公開生放送・公開録音SPECIAL LIVE 会場 - クイーンズスクエア横浜・1階クイーンズサークル
2011年8月27日、8月28日 2011ジュニアスポーツ アジア交流大会 会場 - 駒沢オリンピック公園総合運動場中央広場 (東京都世田谷区)

書道パフォーマンス&絆ライブ

2011年8月26日 FM FUKUI BEAT PHOENIX 2011 会場 - ラブリーパートナーエルパ 屋上駐車場特設ステージ (福井県福井市)
2011年9月10日 2011 RABまつり
~がんばろう東北!がんばれ青森!~
会場 - 青い海公園・特設ステージ (青森県青森市)
2011年9月9日、9月11日 Aqua Timez Make the Best of Tour 2011
2011年10月1日 MUSIC CITY TENJIN 2011
FREEDOM MUSIC LIVE

『MixUp Live』 in 天神ベストホール

会場 - 天神ベストホール (福岡県福岡市中央区ベスト電器福岡本店11階)
2011年9月25日 ヒルクライムチャレンジシリーズ2011 喜多方プレ大会 会場 - 押切公園体育館 (福島県喜多方市)

自転車競技の『ヒルクライムチャレンジシリーズ2011 喜多方プレ大会』のコンセプト、「がんばろう福島」に賛同し出演。

2011年9月24日 仙台放送まつり2011
ともに笑顔!みんな元気になっちゃうぞ‼︎ SP
会場 - 勾当台公園 (宮城県仙台市)

前年に引き続き出演。

2011年10月8日 AGE STOCK 2011 in
TOKYO DOME CITY HALL
supported by Microsoft
会場 - TOKYO DOME CITY HALL (東京都文京区)

日本最大の学生フェス。

2011年10月23日 KAB 元気フェスタ2011 会場 - グランメッセ熊本 (熊本県)
2011年10月29日 - 12月18日 LGMonkees
3090〜愛のうた〜』インストアライブイベント

11月19日のWonderGOO守谷店 Goost公演のみ1stシングル「3090〜愛のうた〜」をWonderGOOチェーンにて購入したイベント観覧希望の者を対象に先着で100組200名を招待しての開催。その他の公演はフリー参加。また 全各公演で対象店舗で商品を購入した者に特典引換券を配布、ライブ終了後、アーティスト本人より「直筆サイン入り色紙」がプレゼントされた。

2011年12月17日 福島イベント(タイトル不明) 会場 - 福島空港2階国内線出発ロビー特設ステージ
2011年12月21日 アスナル金山 presents
ソナーポケットのアスナルトレジャー」
会場 - アスナル金山 明日なる広場 (愛知県)

FM愛知の公開収録。

2011年12月27日 東京ジョイポリス「サンキュークリスマスライブ」 会場 - 東京ジョイポリス 3階Vステージ (東京都)
2012年1月28日 SDD TOWN MEETING @阪急西宮ガーデンズ 会場 - 阪急西宮ガーデンズ 4階スカイガーデン・木の葉のステージ (兵庫県)

飲酒運転撲滅のメッセージを広く届けるトーク&ライブイベント。KOKIAと共演。

2012年2月10日 FILTER88 遅めの新年会スペシャル‼︎ 会場 - 心斎橋 Club joule (大阪府)

SOFFetONE☆DRAFTC&K、アルファらと共演。

2012年2月11日 広島FM「 SUNMALL LIVE ON RADIO 」公開録音 会場 - サンモール5階 Y人Yスタジオ (広島県)
2012年2月18日 NORTH FESTIVAL SAPPORO 2012 会場 - Zepp Sapporo (北海道)

FIRE-BALLDJ KAORIMEGARYU、C&K、JulietMs.OOJAらと共演。

2012年3月3日 福岡cross fm公開生放送
Smile For Children~今、私たちに出来ること~
会場 - 博多大丸パサージュ広場 (福岡県)

MONKEY MAJIKfumikaと共演。

2012年3月11日 第1回福魂祭 会場 - ベルヴィ郡山館 (福島県)
2012年3月17日 HAPPY JACK2012 会場 - 熊本DRUM Be-9 V1・V2、Django、ぺいあのPLUS'他 (熊本県)
2012年4月27日 SNGT55-ver11- 会場 - 心斎橋BIG CAT (大阪府)
2012年3月20日 春のPON!祭り 会場 - 汐留日本テレビ B2F日テレプラザ 特設ステージ (東京都)
2012年5月20日 石川さんカーニバル 会場 - 金沢フォーラス6階、金沢駅地下もてなしドーム (石川県)
2012年6月15日 Yes! We Cannen! 会場 - shibuya duo MUSIC EXCHANGE (東京都)

カサリンチュとの対バンライブ。

2012年5月27日 SEA SEE SEA vol.5~BSB結成1st Anniversary~ 会場 - 下北沢GARDEN (東京都)

いわき市復興支援ソングプロジェクトユニット「BSB」(Beach Street Boys)の結成1周年ライブ。

2012年7月1日 LGMonkees 「3090~愛のうた~in LakeTown」 会場 - イオンレイクタウン mori棟 木の広場 (宮城県)
2012年7月15日 みんなでつなぐ明日への絆 ビールフェスティバル in 仙台 supported by アサヒビール 会場 - 勾当台公園市民広場 (宮城県)
2012年7月21日 TBC 開局60周年 震災復興支援イベント
TBC夏祭り2012 絆みやぎ〜明日へ〜
会場 - 勾当台公園・市民広場WESTステージ (宮城県)
2012年8月1日 - 8月5日 ダイスケ「晴れ空のマーチ」発売記念【あなたのマーチ(街)へお邪魔します♪ツアー】

8月9日のアリオ札幌1階ハーベストコートイベント広場での公演のみ不参加となった。

2012年8月10日 神宮外苑花火大会

2012

会場 - 明治神宮球場 (東京都)
2012年8月12日 MTV ZUSHI FES12 supported by RIVIERA 会場 - リビエラ逗子マリーナ特設会場 (神奈川県)
2012年8月24日 ラジ☆コデ JJ ガールズ・フェス 会場 - Zepp Tokyo (東京都)
2012年9月9日 2012 RAB祭り 会場 - 青森県観光物産館アスパム (青森県)
2012年10月20日 聖和学園短期大学 聖翔祭2012 会場 - 聖和学園短期大学 (宮城県仙台市)

HALCALI、キャラメルペッパーズと共に出演。

2012年10月21日 熊本朝日放送「元気フェスタ2012」 会場 - グランメッセ熊本 (熊本県)
2012年11月17日 岐阜経済大学 岐経祭2012 会場 - 岐阜経済大学野外ステージ (岐阜県)

SO-TAと共に出演。

2012年10月14日 ダイスケ Live 2012 ~ボクらにできること~ 会場 - 松下IMPホール (大阪府)
2012年

~「GO! GO! NO DOUBT TOUR 2012」 ~

  • 2012/9/11 熊本DRUM Be-9 V1 2012/9/12福岡DRUM LOGOS
  • 2012/9/13 広島CLUB QUATTRO2012/9/15岡山CRAZY MAMA KINGDOM
  • 2012/9/16 岡山CRAZY MAMA KINGDOM 2012/9/17梅田CLUB QUATTRO
  • 2012/9/19 名古屋クラブダイアモンドホール 2012/9/21新潟LOTS
  • 2012/9/27 SHIBUYA-AX 2012/9/30仙台サンプラザホール


  • 2012/09/22 中村あゆみWith Friends Vol.3 河口湖ステラシアター
  • 2012/10/06 東北コレクション2012 仙台サンプラザ
  • 2012/10/23 灯火のつどい(合唱コンクール 会津風雅堂
  • 2012/10/28 SWISH 神戸VARIT
  • 2012/11/03 日本医療科学大学 presents NACK5 Girl's Medicine
  • 2012/11/11 福岡市薬剤師会、エフエム福岡、福岡市 社会貢献事業 薬物乱用防止キャンペーン
  • 2012/11/12 FM福岡パワープレイライブ
  • 2012/11/25 「D.E.F.2012」国立オリンピック記念青少年総合センターカルチャー棟大ホール
  • 2012/11/28 LGMonkees 1stアルバム「あいことば」リリースイベント渋谷ヒカリエ
  • 2012/11/29 LGMonkees 1stアルバム「あいことば」リリースイベント福岡キャナルシティ
  • 2012/12/01 LGMonkees 1stアルバム「あいことば」リリースイベント郡山Ati
  • 2012/12/02 LGMonkees 1stアルバム「あいことば」リリースイベントイオン稲毛
  • 2012/12/08 LGMonkees 1stアルバム「あいことば」リリースイベント台場ジョイポリス
  • 2012/12/09 LGMonkees 1stアルバム「あいことば」リリースイベントイクスピアリ
  • 2012/12/13 Aqua Timez“because we are we"tour2012-2013 いわきアリオス
  • 2012/12/16 LGMonkees 1stアルバム「あいことば」リリースイベントWonder GOO守谷店
  • 2012/12/22 FM岡山公開録音JR西日本presents X'masスペシャルライブ
  • 2012/12/23 FM福井×amigas クリスマス大抽選会 LGMonkeesインストアライブ
  • 2012/12/24 クリスマスライブ 台場ジョイポリス

その他の出演編集

舞台編集

交友関係編集

  • 鈴木雅之 - レーベルメイト繋がりということで、鈴木雅之のレギュラーラジオ番組「NACK5 FUNKY BROADWAY」にゲスト出演したことがきっかけで、交友関係が深まり、鈴木雅之が「めざましライブ」に出演した際にシークレットゲストとして「め組のひと」、「ランナウェイ」をコラボ出演した。そして鈴木雅之のアルバム「Open sesame」でも「22時のシンデレラ」という書き下ろし楽曲でコラボを果たしている。初めての出会いの時に鈴木雅之がLGMonkeesの全楽曲を聴きこんでおり、「3090〜愛のうた〜」は親孝行したくなる曲、「Life」は現代版の関白宣言、「赤い実ハジケタ恋空の下」は50年後を語れる男気が素敵だ、「ききて」歌詞がめちゃくちゃ気になった。 など特に歌詞に注目した発言をし、現代の詩人として「俺の想いも託したい」と語った。
  • 太志(Aqua Timez) - もともとファンであったことと、レーベルメイト繋がりで、Aqua Timezの東北ツアーに前座出演したことで交友が深まった。このツアー以外に「福魂祭」や「豆腐小僧 前夜祭」などでも共演しており、メンバー全員と交流があり、「山ちゃん」と呼ばれている。Aqua Timezのアルバム楽曲「君となら」をコラボ収録し、逆にLGMonkeesのツアー「あいことばは生猿です」の福島公演にはスペシャルゲストに太志が参加し、「君となら」「未来列車」をコラボするなど交流が盛んである。
  • 中村あゆみ
  • 亀田和毅
  • 鈴木奈々 - 「赤い実ハジケタ恋空の下」「マタアイマショウ」のMVに出演。鈴木の兄がLGMonkeesのファンで昔からドライブ中に一緒に聴いていた。
  • 高島宗一郎 - 福岡市長。LGMonkeesが表敬訪問した際、インタビュー中に意気投合し、翌日のライブではバックDJを市長が行うという異例の事態にtwitterで情報が拡散。FM福岡のイベントでも一緒にステージにあがった。
  • エハラヤスヒロ - 山猿の「3090〜愛のうた〜」をこよなく愛する。
  • MAY'S
  • 華原朋美
  • 遊助(上地雄輔)
  • ハジ→

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 2018年5月2日、Twitterの投稿ツイートにて掲載

外部リンク編集