メインメニューを開く

山田カントリー(やまだカントリー)は、吉本興業東京本社(東京吉本、厳密には子会社のよしもとクリエイティブ・エージェンシー)所属のお笑いコンビ。東京NSC9期生。

山田カントリー
メンバー 山田 庸平
浅井 優
結成年 2003年
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー 東京
活動時期 2004年[1] -
出身 東京NSC9期生
芸種 漫才
過去の代表番組 クイズ!紳助くん(浅井のみ)
同期 ハリセンボン
しずる
出雲阿国
ゆったり感
えんにち
オオカミ少年
ライス
エリートヤンキー
ジューシーズ
囲碁将棋
テンプレートを表示

目次

メンバー編集

山田 庸平(やまだ ようへい、 (1981-01-02) 1981年1月2日(38歳) - )

  • ツッコミ担当。立ち位置は向かって左。身長173cm。体重68kg。B型
  • 神奈川県大和市出身。
  • 趣味はバスケットボール、DVD鑑賞。
  • 好物はラーメン、ハンバーグ、ゴボウサラダ。
  • 特技は山田タイフーン。
  • 高校時代のニックネームは「油」。
  • エリートヤンキー西島曰く、人前が苦手。
  • 囲碁将棋のシチサンLIVEで9期忘年会を行った際、満員の客を前にずっとエリートヤンキー西島の手を握ってトークをしていた。(2009年12月18日シチサンLIVEより)
  • 11月27日の花金寄席に出演した際、噛み過ぎて「どうもありがとうございました」と挨拶するところを、「どうもすみませんでした」と謝った。他にも「どうも昭島でした」と言ったこともある。
  • 相方がジャイアント馬場の格好をしたコントを行ったとき、「馬場さん」ではなく「浅井くん」と言ってしまい、驚いた相方の顔をみて訂正しようとし「優くん」と下の名前で呼んでしまった。
  • 餃子の王将ぎょうざ倶楽部カードを持っている。(2009年10月23日ブログより)
  • 以前ライブで「山田カントリーのウィキペディアは無い」という流れになった際、客に上から「誰か作れ」とツッコミを入れたが、今は山田カントリーウィキペディア作成者に感謝している。(2010年1月8日ブログより)
  • 畑中しんじろうが「Tokyo9」というライブで「おもしろいか・おもしろくないか/売れるか・売れないか/そしてその理由」を評価した際は「おもろくない/売れるわけない/マジでつまんない」と言われた。同ライブでは、畑中と山田がどつき合いの喧嘩をするというミニコントをはじめ、不仲をネタにしたものが多かった。もちろんネタで、実際に仲が悪いわけではない

浅井 優(あさい まさる、 (1978-01-20) 1978年1月20日(41歳) - )

ネタ編集

  • 主に漫才を行う。
  • 浅井の高身長を生かしたネタが多い。

概要編集

  • 結成のきっかけは、NSCで山田が浅井をナンパしたことから。
  • NSC時代は「北まくら」というコンビ名だったが、縁起が悪いということで講師に「売れる気あんのか!」と怒られ、泣く泣く「山田カントリー」に改名した。
  • 「山田カントリー」の由来は、山田が先輩に名前を覚えてもらえないためコンビ名に名前を入れたいと言い、浅井が「山田カントリー」と言って決まった。
  • 出囃子はTHE HIGH-LOWSのサンダーロード。
  • 吉本では非常に珍しいB型コンビ。その他のB型コンビには、フットボールアワーインパルスクレオパトラなどがいる。
  • ジューシーズの松橋曰く、NSC時代から今と同じくらいの漫才が出来ていたらしい。しかし逆に言えばそのときから成長していないと言われた[3]

出演番組編集

単独ライブ編集

  • 2013年2月16日 囲碁将棋プロデュース鷺沼単独DAY「浅井VS山田」(渋谷シアターD)

脚注編集

外部リンク編集