山田 信大(やまだ のぶひろ、1974年3月8日 - )は地方競馬船橋競馬場所属の調教師、元騎手。得意戦法は追込新潟県競馬のスタージョッキーだった渡辺正治は従兄。

山田信大
Nobuhiro-Yamada20100830.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 新潟県新潟市
生年月日 (1974-03-08) 1974年3月8日(45歳)
騎手情報
所属団体 千葉県競馬組合
所属厩舎 山浦武(船橋)
勝負服 胴白、袖青(船橋)
胴青、袖赤、白一文字(新潟)
初免許年 1991年
騎手引退日 2015年3月31日
通算勝利 1613勝
調教師情報
初免許年 2015年4月1日
経歴
所属 新潟県競馬→船橋競馬場
テンプレートを表示

来歴編集

1991年10月5日新潟競馬場でデビュー。その後渡辺正治、森川一二三、向山牧(現笠松所属)、榎伸彦、酒井忍(現川崎所属)らとリーディングジョッキーの座を争う。

デビュー2年目の1992年新潟グランプリで人気薄ながらイチヨシクイーンで重賞初制覇。

1993年8月8日第8回全日本新人王争覇戦出場(10人中8位)[1]

1995年1996年新潟ダービー連覇。以後、リーディングの座には就けずも着実に腕を磨く。同年10月22日第2回新潟競馬8日目第9競走きんもくせい特別(500万下)でトマムフレッシュに騎乗(13頭立て9番人気4着)し、中央競馬初騎乗。

1998年地方競馬通算500勝達成。

廃止後の2002年から船橋所属で南関東での騎乗開始。

2004年、トキノコジローで羽田盃を制覇。

2005年地方競馬通算1000勝達成。

2007年7月29日、地方競馬通算1,200勝を達成。

2010年4月23日第2回大井競馬5日目第6競走3歳条件戦(64万円以上113.2万円未満 )をナリショーワンダーで優勝(9頭立て6番人気)し、13297戦目で地方競馬通算1400勝達成[2]

平成26年度 第5回調教師免許試験に合格し[3]、2015年4月1日付で調教師となる。同年9月1日付けで厩舎を開業した[4]

主な騎乗馬編集

脚注編集

  1. ^ 第8回 全日本新人王争覇戦 - おうまのアイコン wire-to-wire 〜競馬のドット絵・無料HP素材専門サイト〜
  2. ^ 山田信大騎手 地方通算1400勝達成 - さとちゃんの地方けいば日記
  3. ^ 平成26年度 第4回及び第5回調教師・騎手免許試験新規合格者について”. 地方競馬全国協会 (2015年3月17日). 2015年9月13日閲覧。
  4. ^ 高橋華代子 (2015年9月10日). “山田信大厩舎初出走!”. 南関魂. 2015年9月13日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集