メインメニューを開く

山田 信夫(やまだ のぶお、1920年2月17日 - 1987年4月26日)は、日本東洋史学者。

目次

来歴・人物編集

山口県出身。第六高等学校(現・岡山大学)を経て、東京帝国大学(現・東京大学)卒。静岡大学助教授、大阪大学文学部助教授、67年教授。83年定年退官、名誉教授。京都女子大学教授。アジア遊牧民族、東西交渉史を専攻、中世ウイグル世俗文書を研究。中国史学者の西嶋定生とは六高・東京帝大の同級生で親交深かった。

著作編集

単書編集

編著・共編著編集

翻訳編集

  • 『突厥伝(周書・隋書・北史・旧唐書・新唐書) 騎馬民族史 正史北狄伝2』平凡社東洋文庫 1972
  • マルカム・ロスーマクドナルド『地のはての海の彼方へ 図説探検の世界史 17』集英社 1976
  • クラヴィホ『チムール帝国紀行』桃源社 1967 新装版1979

記念論集編集

  • 『人と人』山田信夫教授追悼紀念事業会 1989

参考文献編集

  • 日本人名大辞典