メインメニューを開く

山田 修司(やまだ しゅうじ、1956年6月2日[1] - )は北海道札幌市出身[1]バレーボール選手監督。元全日本

来歴・人物編集

東海大四高では3年時にインターハイ国体で優勝[1]1975年富士フイルムに加入し[1][2]、入団1年目からレギュラーに抜擢された[1]198488年の富士フイルムの日本リーグ5連覇には、選手・主将として大きく貢献、杉本公雄御嶽和也蘇武幸志三橋栄三郎らとともに黄金時代を築き上げた。

1979年以来全日本メンバーとしても活躍し[2]1981年ワールドカップでは敢闘賞を受賞。1984年ロサンゼルスオリンピックでも、主将としてチームを牽引した[1]

1987年に現役を引退[1]。その後1992年に富士フイルムの監督に就任し、同年の日本リーグで優勝[1]。その後も2001年まで監督を務めた[2][3]

受賞歴編集

  • 1975年 - 第9回日本リーグ スパイク賞、新人賞
  • 1978年 - 第12回日本リーグ 敢闘賞、ベスト6
  • 1979年 - 第13回日本リーグ 敢闘賞、ベスト6
  • 1980年 - 第14回日本リーグ 敢闘賞、ベスト6
  • 1981年 - 第15回日本リーグ 最高殊勲選手賞、ベスト6
  • 1982年 - 第16回日本リーグ 敢闘賞、スパイク賞、ベスト6
  • 1983年 - 第17回日本リーグ 最高殊勲選手賞、スパイク賞、ベスト6

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h 日本工業新聞 1998.07.29「監督さん登場“喜努愛楽”:富士写真フイルム バレーボール部監督・山田修司さん」
  2. ^ a b c 毎日新聞 2001.04.19「[羽ばたいて半世紀]黒鷲旗バレーボール/8 元富士フイルム・山田修司さん」
  3. ^ 読売新聞 2002.05.12「男子バレーボールの古豪、富士フイルム廃部へ 「将来的な魅力に限界」」