山田勝次郎

日本の経済学者

山田 勝次郎(やまだ かつじろう、1897年10月7日 - 1982年6月7日)は、日本の経済学者。筆名は柏崎次郎蠟山政道の弟、蝋山芳郎の兄。

来歴編集

群馬県出身。東京帝国大学卒。京都帝国大学助教授となるが、1930年共産党シンパ事件で辞職。プロレタリア科学研究所に入り、マルクス経済学の立場から農業問題を研究した。44年高崎倉庫社長、のち会長。

著書編集

  • 戦乱の教訓と国民の修養 文明堂、1919.
  • 農業に於ける資本主義の発達 日本資本主義発達史講座.第2部 資本主義発達史 岩波書店、1932-1933.
  • マルクス資本論 柏崎次郎 岩波書店、1936. 大思想文庫
  • 米と繭の経済構造 岩波書店、1942.
  • 地代論論争批判 同友社、1948.
  • 恐慌分析講座 宮川実共編. 青木書店、1950.
  • 地代論 1957. 岩波全書

翻訳編集

  • 農業政策 ヴィゴドヂンスキー 東畑精一共訳. 岩波書店、1924.

参考編集

  • 日本人名大事典:[1]