山田 家正(やまだ いえまさ、1935年(昭和10年) - )は、日本の植物生態学者環境学者理学博士北海道大学)。北海道ユネスコ連絡協議会会長、元小樽商科大学学長・小樽商科大学名誉教授

経歴編集

東京都立青山高等学校卒。1959年(昭和34年)北海道大学理学部卒。1962年(昭和37年)大学院理学研究科修了。その後、小樽商科大学商学部講師として赴任。1979年(昭和54年)同商学部助教授1979年(昭和54年)同商学部教授。小樽商科大学短期大学部長を経て、1992年(平成4年)第7代小樽商科大学学長に就任。2002年(平成14年)小樽商科大学学長退官。同名誉教授。北海道ユネスコ連絡協議会会長、北海道東海大学工学部非常勤講師(2002年-2008年)

研究分野編集

生態環境における研究が専門で、特に植物分類学植物生態学を研究対象としている。

主要論文編集

  • 『海藻の垂直分布』(季刊自然科学と博物館 42巻、1975年)
  • 『日本海,北部太平洋及びその隣接海域沿岸における褐藻アナメ(Agarum cribosum Bory)の種内分類群』(小樽商科大学人文研究 60巻、1980年)
  • 産学連携の視点から』(藻類 48巻、2000年)

関連項目編集

参考文献編集

先代:
藤井榮一
小樽商科大学学長
第7代: 1992年2002年
次代:
秋山義昭