メインメニューを開く

山田 昇(やまだ のぼる、1950年昭和25年)2月9日 - 1989年平成元年)2月24日[1][2])は、日本のヒマラヤ登山家8000メートル峰14座のうち9座に12回登頂。

やまだ のぼる
山田 昇
生誕 (1950-02-09) 1950年2月9日
群馬県沼田市
死没 1989年2月24日(1989-02-24)(39歳)
アメリカ合衆国アラスカ州マッキンリー
国籍 日本の旗 日本
出身校 群馬県立沼田高等学校
著名な実績

8000メートル峰9座登頂

うち5座無酸素登頂

エベレスト登頂3回

1983年
1985年植村直己物語撮影隊
1988年

目次

概要編集

1950年2月9日群馬県沼田市に生まれる。1965年群馬県立沼田高等学校入学、2年時より山岳部に所属。1968年群馬県立沼田高等学校卒業、沼田山岳会に入会。

1969年群馬県立前橋職業訓練校卒業、川崎市の池貝鉄鋼に入社。1976年退職。群馬県に戻り、木材店や自動車会社などに勤務の傍ら、沼田山岳会での活動を続ける。

1978年にダウラギリに登頂して以降、世界の高峰に次々と登頂成功させる。8000メートル峰14座のうち9座に12回登頂(うち5座無酸素登頂)、その多くを冬季や未踏の難ルートからの登攀で達成した。8000メートル峰9座登頂は、名塚秀二田辺治近藤和美と共に、全14座達成の竹内洋岳に次ぐ日本人2位の記録[3][4]

1989年、冬季マッキンリー登攀中に、不慮の遭難死を遂げた。1989年当時、8000m峰14座を完登していた登山家は、1986年秋に達成したラインホルト・メスナー(42歳・イタリア)と、翌1987年秋に達成したイェジ・ククチカ(39歳・ポーランド)のみで、山田昇は9座登頂で世界3番手につけていた[5]

沼田市の生家には記念館として「山田昇ヒマラヤ資料館」が建てられており、ゆかりの品が保管されている。

 
「オーロラの詩」の碑

略歴編集

エピソード編集

  • 高校3年時に学校をサボって平標山-谷川岳の縦走を行ったが、1週間の停学処分となってしまった。
  • 職業訓練校卒業後、川崎市の池貝鉄工に就職。同時に小西正継率いる当時超先鋭的な山岳同志会に入るも、準会員のまま1年足らずで退会。故郷の沼田山岳会に再入会し、毎週のように川崎から通った[11]
  • 1987年2月北京において、日本・中国・ネパールの三国首脳によって「三国友好登山」の議定書が調印された。ネパール側からとチベット側から同時に登攀を始めて、エベレストの頂上で交差してそれぞれ反対側に降りていくという計画がたてられ、チョモランマ・サガルマータ三国合同交差縦走隊が結成された。中国側からの第1次登攀隊には山田昇(日本)、ツェリン・ドルジ(中国)、アン・ハクパ(ネパール)、ネパール側からの第1次登攀隊にはTVクルーの山本宗彦,中村進,三枝照雄が選ばれた。1988年5月5日にそれぞれの1次隊が登頂を目指した。この様子は日本テレビ開局35周年記念特番『チョモランマがそこにある!』で生中継されたが、山田ら縦走隊3人のペースが予想外に速かったことと、TV撮影隊員の出発・到着が大きく遅れたために、山田らは山頂で1時間も待機したが頂上で落ち合うことはできず、頂上から中継されたのはTV隊の3人だけだった[12]。2次隊(三谷統一郎等)も控えていたが、1次隊が成功と見做されて2次隊による交差は行われなかった。その後山田昇は短期での5大陸最高峰登頂を目指し、僅か135日間でマッキンリー、モンブラン、アコンカグア、キリマンジャロを登頂した。

山田昇記念杯編集

  • 1990年、山田昇の功績を顕彰して、武尊山において10Kgの負荷を背負って競う『山田昇記念杯登山競争大会』が設けられた(毎年9月最終日曜日開催)。2009年までに20回開催されたのち、2011年よりトレイルランニングのスタイルで競う『上州武尊山スカイビュートレイル』としてリニューアルされた。2014年にはさらに『上州武尊山スカイビューウルトラトレイル』としてリニューアルされ、3部門(「川場村山田昇メモリアルカップ」「みなかみ町スカイビュートレイル60」「片品村スカイビュートレイル30」)に分かれて開催されている[13]

TV映画出演等編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 日本日付。現地日付では2月23日。いずれも推定日付。
  2. ^ 『史上最強の登山家 山田昇』 読売新聞社編 1989年10月2日 p.75
  3. ^ 竹内洋岳さん、日本人初の8000メートル14座制覇へ出発(スポーツ報知) Archived 2012年4月4日, at the Wayback Machine.
  4. ^ 日本人初の快挙、8000m峰14座登頂 竹内洋岳、日本経済新聞 2012年5月26日
  5. ^ Faust Adventures Guild. “Hirotaka Takeuchi”. 2016年6月20日閲覧。
  6. ^ 西峰(ヤルン・カン、8,505m)にも縦走登頂している。
  7. ^ 日本山岳協会. “冬期アンナプルナ南壁敗退記1984”. 2016年6月20日閲覧。
  8. ^ 八木原圀明. “THE FIRST WINTER ASCENT OF THE SOUTH FACE OF ANNAPURNA I, 1987-1988”. 2016年6月20日閲覧。
  9. ^ 重広恒夫. “日本山岳会とわたしの登山②”. 2016年6月20日閲覧。
  10. ^ a b 山本篤. “ガイドプロフィール”. 2016年6月20日閲覧。
  11. ^ 佐瀬稔著『ヒマラヤを駆け抜けた男:山田昇の青春譜』(中公文庫,1997年) [要ページ番号]
  12. ^ 文部省登山研修所. “登山研修vol.4”. 2016年6月20日閲覧。
  13. ^ 上州武尊山スカイビュー・ウルトラトレイル実行委員会. “上州武尊山スカイビュー・ウルトラトレイル”. 2016年6月20日閲覧。

参考文献編集

関連書籍編集

関連項目編集

外部リンク編集