山田 昌(やまだ まさ、1930年(昭和5年)5月12日 - )は、日本の女優愛知県常滑市出身、知多市新舞子在住。劇団「劇座」代表。夫は俳優天野鎮雄愛知県立常滑高等学校卒業[1]

やまだ まさ
山田 昌
生年月日 (1930-05-12) 1930年5月12日(91歳)
出生地 愛知県常滑市
国籍 日本の旗 日本
職業 俳優
配偶者 天野鎮雄
所属劇団 劇座
主な作品
名古屋嫁入り物語
テンプレートを表示

人物・来歴編集

愛知県常滑市で生まれ、19歳まで過ごした。

1949年NHK名古屋放送劇団に入団。

1985年、劇団「劇座」を結成。同年、付属俳優養成所の「名古屋劇塾」の設立にも参加した。

銀河テレビ小説』シリーズではNHK名古屋制作ドラマの主演女優を務め、1989年からの『名古屋嫁入り物語』シリーズでは、毎回植木等とともに花嫁の両親役を務める。

名古屋弁を話せる女優として全国に知られるようになり、名古屋を舞台としたテレビドラマに多く出演する機会に恵まれる。

汚くない言葉を選ぶよう心掛け、必ずしも本来の名古屋弁ではないことは承知しており、「放送用名古屋弁山田流家元」を名乗っている。

朗読劇「この子達の夏」を大森暁美長内美那子高田敏江柳川慶子山口果林らと、23年続けている。「広島・長崎で原爆を落とされた時、何を思い、何をしていたか、その時の体験者・遺族の方々の話を忠実に伝承…二度と戦争をしてはいけない」と平和の大切さを訴えている。

2021年4月、大村秀章知事リコール運動の不正署名が社会問題となる中、名古屋市では市長選挙が行われ、現職の河村たかしが5回目の当選を果たした。同年5月30日、リコール運動を発案・牽引した河村と署名偽造事件を取材したドキュメンタリー『大名古屋狂詩曲―総理を狙う男と、民主主義』(東海テレビ)が放映。山田は同番組で名古屋弁によるナレーションを務めた[2][3]

出演編集

テレビドラマ編集

映画編集

舞台編集

CM編集

受賞歴編集

  • 1982年(昭和57年):名古屋市芸術賞特賞
  • 1992年(平成4年):愛知県芸術文化選奨
  • 1998年(平成10年):松原英治・若尾正也演劇賞

脚注編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.562
  2. ^ “これぞ「美しい名古屋弁」…女優・山田昌さん(91)が名古屋市長に喝「河村さん、大概にしとかないかんよ」”. 東海テレビ. (2021年5月28日). https://www.tokai-tv.com/tokainews/article_20210528_174326 2021年6月7日閲覧。 
  3. ^ 大名古屋狂詩曲 総理を狙う男と、民主主義”. 東海テレビ. 2021年6月7日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集