メインメニューを開く

山田 暢久(やまだ のぶひさ、1975年9月10日 - )は、静岡県藤枝市出身の元プロサッカー選手、サッカー指導者。ポジションミッドフィールダーディフェンダーフォワード山田智紀は元プロサッカー選手。

山田 暢久 Football pictogram.svg
名前
愛称 ヤマ、ノブ、タリー
カタカナ ヤマダ ノブヒサ
ラテン文字 YAMADA Nobuhisa
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1975-09-10) 1975年9月10日(44歳)
出身地 静岡県藤枝市
身長 175cm
体重 72kg
選手情報
ポジション MF / DF / FW
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1994-2013 浦和レッドダイヤモンズ 501 (25)
代表歴2
2002-2004 日本の旗 日本 15 (1)
監督歴
2019- イトゥアーノFC横浜
1. 国内リーグ戦に限る。2013年12月31日現在。
2. 2004年2月18日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

1994年の入団以来、浦和レッドダイヤモンズ一筋でプレーしたバンディエラである。

来歴編集

1994年に藤枝東高校から浦和レッドダイヤモンズに入団。デビュー当時はフォワード福田正博と2トップを組むこともあったが、1995年以降は主に右サイドバックや右ウイングバックとしてプレーしている。その他にもトップ下、ボランチ、センターバックなど、ゴールキーパーを除くあらゆるポジションで起用される。

2003年は日本代表の右サイドバックに定着した。チームでも右ウイングバックのレギュラーを守り、ナビスコカップ優勝で自身初のタイトルを獲得した。

2004年は1stステージでは右ウイングバック、山瀬功治が負傷で戦線離脱した2ndステージではトップ下として活躍。2ndステージを制して最後のステージ優勝をキャプテンとして飾ったが、チャンピオンシップでは横浜F・マリノスに敗れた。

2005年8月24日ヴィッセル神戸戦(駒場)でJ1リーグ300試合出場を達成。20代ではリーグ初。

2006年は序盤こそ定位置の右サイドで出場していたが、夏場にコンディションを落として控えに回った。しかし、途中出場で決勝点を決めた9月16日サンフレッチェ広島戦以降、トップ下の一角としてレギュラーに復帰。自己最多の6得点を挙げて優勝に貢献した。

2007年は再び右ウイングバックに戻された。10月29日名古屋グランパス戦で肉離れを起こすまではリーグ戦、ACL、ナビスコカップなどの公式戦のほとんど全てに先発出場した。4月7日ジュビロ磐田戦(埼玉スタジアム)でJ1リーグ350試合出場を達成。この記録はJ1最年少記録。

2008年は開幕戦から数試合はトップ下を任され、その後はボランチや右ウイングバックとして出場した。10月19日に行われた神戸戦では初めて左サイドバックでスタメン出場するが、後半開始から右サイドバックにポジションを替えた。11月8日コンサドーレ札幌戦(札幌ドーム)で史上3人目となる、J1リーグ400試合出場を達成。

2009年はチームが8シーズンぶりに4バックを採用する中で、右サイドバックのレギュラーを確保する。また、田中マルクス闘莉王が抜けたナビスコカップ予選では、坪井慶介と共にセンターバックとしてもプレーした。

2010年田中マルクス闘莉王が名古屋に移籍したため、開幕戦からセンターバックで出場。夏場にスピラノビッチが復帰して以降もセンターバックとして出場した。

2011年は開幕当初はセンターバック、東日本大震災での中断明けからは主にボランチ、終盤戦は左右のサイドバックとして出場し、さまざまなポジションで貴重な戦力として活躍した。

2012年途中出場が続いていたが、怪我により長期離脱を強いられる。終盤、永田充が右太もも裏の肉離れから長期離脱を余儀なくされ、センターバックとしてスタメンに入り3位浮上に大きく貢献した。

2013年4月27日の清水エスパルス戦でデビューから20年目を迎えた。Jリーグで1チームで在籍20年目を迎えるのは史上初、海外でもGKを除くフィールドプレイヤーで1チーム在籍20年を超える選手は、フランチェスコ・トッティライアン・ギグス他数人しかいない。奇しくも静岡県草薙総合運動場陸上競技場で行われたデビュー戦と同一カードとなった。これを記念し、当日は山田暢久20thアニバーサリーが行われた。 5月11日の鹿島アントラーズ戦に83分から途中出場し、今季リーグ戦初出場した。

10月27日柏レイソル戦に途中出場し、伊東輝悦楢崎正剛に次ぐJリーグ通算500試合出場を達成した。 同一チーム在籍20年を迎えた選手の500試合出場はJリーグ初の快挙である。

 
退団する山田へ向け、URAWA BOYSはコレオグラフィーを作った。

2013年シーズン限りで契約満了[1] に伴い、現役を引退した[2]。バンディエラ(フランチャイズ・プレイヤー、ワン・クラブ・マン)歴21年間は“ミスター・レッズ”福田を超えチーム最長。2014年末、Jリーグ功労選手賞を受賞[3]

引退後は浦和のクラブスタッフとなり、2015年、ユースチームのサポートコーチを務める[4]。2017年2月8日に業務委託契約が解除される。

2019年、神奈川県社会人サッカーリーグ1部のイトゥアーノFC横浜の監督に就任[5]

引退試合編集

2014年7月5日埼玉スタジアム2002で『山田暢久引退試合 NOBUHISA YAMADA TESTIMONIAL』が行われた。

山田暢久引退試合 NOBUHISA YAMADA TESTIMONIAL
2014年7月5日
17:04
浦和レッズ 5 - 6 レッズ歴代選抜 Rest of the REDS
李忠成   11分
関根貴大   62分
矢島慎也   65分
 山田直輝   78分
 山田暢久   82分
レポート ポンテ   19分
ワシントン   26分
山田暢久   28分
ワシントン   45分
池田伸康   54分
山田樹生   71分
埼玉スタジアム2002
観客数: 33,828人
主審: 東城穣

参加選手編集

浦和レッズ(監督:ミハイロ・ペトロヴィッチ

  • 6.山田暢久
    • 山田暢は71分から浦和レッズチームで出場
  • 浦和レッズ現役所属選手。但しレッズ歴代選抜チームより出場する選手と西川周作を除く
    • 山岸範宏は6月に山形に移籍した為、レッズ歴代選抜チームより出場予定であったが出場出来なくなったまた、入れ替わる形で水戸より加入した岩舘直は浦和レッズチームで参加した。
  • 浦和レッズユース選手(24.小川紘生、25.茂木力也、26.斎藤翔太

レッズ歴代選抜 Rest of the REDS(監督:ギド・ブッフバルト

エピソード編集

  • 2004年2月9日茨城県鹿嶋市での日本代表合宿中に、他の7選手とともに無断外出していたことが発覚。他の選手と異なり飲食はしなかったものの、監督だったジーコは「裏切り行為と感じた」として、山田ら8人を代表から外した[6]
  • 2005年4月に行われた大分トリニータ戦でペナルティエリア内で相手選手に倒され肩が外れてしまった。しかし、その際に相手選手のファールをとらずに山田のシミュレーションをとりイエローカードを貰ってしまった。そのシーンは、2013年8月22日テレビ朝日で放送された『マツコ&有吉の怒り新党』内のコーナーで「気の毒なイエローカード」として取り上げられた[7]

所属クラブ編集

個人成績編集

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
1994 浦和 - J 15 1 0 0 3 0 18 1
1995 42 1 - 3 0 45 1
1996 30 3 11 0 4 1 45 4
1997 13 22 1 6 0 2 0 30 1
1998 2 34 0 4 0 3 0 41 0
1999 J1 29 1 4 1 2 1 35 3
2000 J2 39 2 2 0 2 0 43 2
2001 J1 27 3 6 0 4 1 37 4
2002 28 1 8 0 1 0 37 1
2003 6 27 3 11 0 1 0 39 3
2004 27 2 9 2 4 0 40 4
2005 32 3 10 1 5 2 47 6
2006 32 6 7 1 5 0 44 7
2007 29 0 2 0 0 0 31 0
2008 28 0 6 0 2 0 36 0
2009 30 0 7 1 1 0 38 1
2010 27 0 4 0 4 0 35 0
2011 24 0 4 0 4 0 32 0
2012 8 0 5 0 2 0 15 0
2013 10 0 3 0 1 0 14 0
通算 日本 J1 501 25 107 6 51 5 659 36
日本 J2 39 2 2 0 2 0 43 2
総通算 540 27 109 6 53 5 702 38

その他の公式戦

国際大会個人成績 FIFA
年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点
AFCACLクラブW杯
2007 浦和 6 9 1 2 0
2008 4 0 -
2013 1 0 -
通算 AFC 14 1 2 0

その他の国際公式戦

タイトル編集

クラブ編集

浦和レッドダイヤモンズ

個人編集

代表歴編集

出場大会など編集

試合数編集

  • 国際Aマッチ 15試合 1得点 (2002年 - 2004年)


日本代表国際Aマッチ
出場得点
2002 1 0
2003 11 0
2004 3 1
通算 15 1

ゴール編集

# 開催年月日 開催地 対戦国 勝敗 試合概要
1. 2004年2月7日 日本鹿嶋   マレーシア ○ 4-0 キリンチャレンジカップ2004

指導歴編集

関連項目編集

外部リンク編集

注釈編集

[ヘルプ]
  1. ^ “山田暢久との契約について”. 浦和レッドダイヤモンズ. (2013年11月20日). http://www.urawa-reds.co.jp/topteamtopics/%E5%B1%B1%E7%94%B0%E6%9A%A2%E4%B9%85%E3%81%A8%E3%81%AE%E5%A5%91%E7%B4%84%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/ 2013年11月20日閲覧。 
  2. ^ “山田暢久 現役引退会見”. 浦和レッドダイヤモンズ. (2014年1月29日). http://www.urawa-reds.co.jp/topteamtopics/%e5%b1%b1%e7%94%b0%e6%9a%a2%e4%b9%85-%e7%8f%be%e5%bd%b9%e5%bc%95%e9%80%80%e4%bc%9a%e8%a6%8b/ 2014年1月30日閲覧。 
  3. ^ “功労選手賞について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2014年10月22日), オリジナルの2014年10月21日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20141021094646/http://www.j-league.or.jp/release/000/00006114.html 2014年10月23日閲覧。 
  4. ^ “2015シーズン 育成部門体制について” (プレスリリース), 浦和レッドダイヤモンズ, (2015年3月25日), http://www.urawa-reds.co.jp/clubinfo/2015%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%B3-%E8%82%B2%E6%88%90%E9%83%A8%E9%96%80%E4%BD%93%E5%88%B6%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/ 2015年3月25日閲覧。 
  5. ^ ““浦和のレジェンド”元日本代表DF山田暢久氏が社会人Lの監督に就任”. スポーツニッポン. (2019年1月12日). https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2019/01/12/kiji/20190112s00002000150000c.html 2019年1月12日閲覧。 
  6. ^ サッカー日本代表 シンガポール戦代表発表、無断外出組外す サッカーW杯 - asahi.com
  7. ^ 「怒り新党」が紹介したレッズ山田の″気の毒なイエローカード″ - ライブドアニュース