メインメニューを開く

山田秀三

山田 秀三(やまだ ひでぞう、1899年6月30日[1]- 1992年7月28日)は、日本アイヌ語地名研究家官僚実業家

東北地方北海道他、多数の地名を現地実証重視で研究した。北海道曹達株式会社の経営者でもあった。

目次

人物編集

戦前はエリート官僚として東條英機首相とも交友があり、戦後はアイヌ語地名研究家として金田一京助知里真志保久保寺逸彦と交友関係を持ち、知里真志保に「私の(アイヌ語研究の)弟子であり(現地調査の)師匠である」と言わしめた。後に藍綬褒章を受章。

妻の総子は片山廣子の娘。宗瑛、井本しげといった筆名を用いて小説家として活動したが、結婚後に筆を折った。堀辰雄聖家族』の絹子、『菜穂子』の菜穂子のモデルとなった人物とも言われる[2]

略年譜編集

著作編集

  • 『物資統制に就いて』湘風会パンフレツト 1938年
  • 『東北と北海道のアイヌ語地名考 山河を愛する人々に捧ぐ』楡書房 1957年
  • 『札幌のアイヌ地名を尋ねて』楡書房 1965年
  • 『北海道の旅と地名』北海道文化財保護協会 コタン双書 1970年
  • 『北海道の川の名』電通北海道支社 1971年
  • 『アイヌ語地名の研究 山田秀三著作集』草風館 1982年
  • 『北海道の地名』北海道新聞社 1984年
  • 『アイヌ語地名を歩く』北海道新聞社 1986年
  • 『関東地名物語--谷(ヤ)谷戸(ヤト)谷津(ヤツ)谷地(ヤチ)の研究』草風館 1990年
  • 『東北・アイヌ語地名の研究』草風館 1993年
  • 『アイヌ語地名の輪郭』草風館 1995年

共編著編集

注釈・出典編集

  1. ^ 『著作権台帳』
  2. ^ 川村湊『物語の娘』

関連項目編集

外部リンク編集