メインメニューを開く

山田 義仁(やまだ よしひと、1961年11月30日 - )は、日本実業家オムロン株式会社代表取締役社長。

人物・経歴編集

大阪府大阪市出身。桃山学院高等学校を経て[1]、1984年同志社大学経済学部卒業、立石電機(現オムロン)入社[2]、健康機器事業部営業に配属。以降長年健康医療機器部門に従事し、2000年ヘルスケアビジネスカンパニー商品企画課長に就任。2001年米国Omron Healthcare, Inc.副社長。2003年欧州Omron Healthcare, Europe B.V.社長。2006年オムロンヘルスケア執行役員経営統轄部長[3]。2008年オムロンヘルスケア代表取締役社長に就任。2010年オムロン執行役員常務。2011年からオムロン代表取締役社長を務め[2]、「事業を通じて社会的課題を解決する」を理念に経営を行った[4]

脚注編集

  1. ^ 「経営者:編集長インタビュー 山田義仁オムロン社長」週刊エコノミスト 2016年1月12日特大号
  2. ^ a b オムロン社長に49歳の山田氏昇格 立石氏は退任 日本経済新聞2011/1/17付
  3. ^ 「役員人事、執行役員人事のお知らせ」オムロン ヘルスケア株式会社
  4. ^ 「多産多死のマネジメント」オムロン山田社長日経ビジネス2017年7月26日(水)
先代:
作田久男
オムロン社長
第5代:2011年 -
次代:
(現職)