メインメニューを開く

山田 芳裕(やまだ よしひろ、1968年1月7日 - )は、日本漫画家新潟県新潟市出身。既婚[1]

山田芳裕
本名 山田 善広[1]
生誕 (1968-01-07) 1968年1月7日(51歳)
新潟県新潟市
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1987年-
代表作デカスロン
ジャイアント
へうげもの
受賞 『へうげもの』で、第13回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞と第14回手塚治虫文化賞マンガ大賞受賞
テンプレートを表示

目次

略歴編集

私立新潟明訓高等学校卒業。1987年立正大学法学部在学中に『大正野郎』でデビュー。

その後も講談社の『モーニング』や『月刊アフタヌーン』で短篇を発表していたが、小学館ヤングサンデー』に連載した『デカスロン』が人気となった。さらに『度胸星』を連載するも、『ヤングサンデー』の方針変更のため打ち切りとなったといわれている[2]

その後は発表の場を再び講談社に戻り、古巣『モーニング』で2000年に『いよっおみっちゃん』、2001年から2004年まで『ジャイアント』、2005年から2017年まで『へうげもの』を、2018年は『仕掛暮らし』(原作:池波正太郎)を連載していた。

作風編集

個性豊かなキャラクターと、オリジナリティの高いストーリーで読ませる作家である。作品ごとに個性的な切り口の工夫があり、この作家の特徴となっている。

デビュー作以来、人間の持つ独特のこだわりをテーマにした作品が多く、一般には知名度も人気も低い競技をはめ込んで成功した『デカスロン』、SF的アイディアを盛り込んだ『度胸星』と発表している。

作品リスト編集

  • 大正野郎(1987年、『週刊モーニング』、講談社、全2巻)
  • 考える侍(1989年、『コミック・アフタヌーン』、講談社、全1巻)
  • しわあせ(1991年、『モーニングパーティ増刊』、講談社、全1巻)
  • やぁ!(1991年、『ミスターマガジン』、講談社、全1巻)
  • ザ・プライザー(原作:末田今日也、『漫画アクションキャラクター』、双葉社、全1巻)
  • デカスロン(1992年、『週刊ヤングサンデー』、小学館、全23巻、文庫版全13巻)
  • 度胸星(2000年、『週刊ヤングサンデー』、小学館、全4巻、講談社より完全版全4巻)
  • いよっおみっちゃん(2000年、『週刊モーニング』、講談社、全1巻)
  • ジャイアント(2001年 - 2004年、『週刊モーニング』、講談社、全9巻)- 日本人メジャーリーガーの活躍を描く。
  • へうげもの(2005年 - 2017年、『週刊モーニング』、講談社、全25巻) - 安土桃山時代を舞台に、古田織部(古田重然)を主人公にした作品。第13回(2009年)文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、第14回手塚治虫文化賞マンガ大賞受賞。2011年4月からアニメ化放送された。
  • 泣く男(短編集、全1巻)
  • 仕掛暮らし(原作:池波正太郎、2018年、『週刊モーニング』、講談社、全1巻)

脚注編集

  1. ^ a b 『モーニング』2017年53号および、『へうげもの』25巻より。
  2. ^ "第34弾 初夜「へうげもの」". BSマンガ夜話. NHK衛星第2テレビジョン (再放送はNHK総合テレビジョン). 2008-06-17 (再放送は2008-09-09)放送.

外部リンク編集