メインメニューを開く

山田 裕貴(やまだ ゆうき、1990年9月18日[1] - )は、日本俳優愛知県名古屋市出身[2]。身長178cm[1]。血液型はO型[3]ワタナベエンターテインメント所属[1]。俳優集団D2およびD-BOYSのメンバーである。

やまだ ゆうき
山田 裕貴
生年月日 (1990-09-18) 1990年9月18日(28歳)
出身地 日本の旗 日本愛知県名古屋市
身長 178 cm
血液型 O型
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ、映画、舞台
活動期間 2010年 -
著名な家族 山田和利
事務所 ワタナベエンターテインメント
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
テレビドラマ
海賊戦隊ゴーカイジャー
GTO』『イタズラなKiss〜Love in TOKYO
HiGH&LOW』シリーズ
3人のパパ』『ホリデイラブ』『特捜9
健康で文化的な最低限度の生活
映画
ホットロード』『ストロボ・エッジ
HiGH&LOW』シリーズ
トモダチゲーム』『亜人
あゝ、荒野』『となりの怪物くん
万引き家族
舞台
『宮本武蔵(完全版)』
備考
D☆DATE新メンバーオーディション:D-BOYS部門グランプリ受賞

目次

略歴編集

高校卒業後、芝居の勉強をするためにワタナベエンターテイメントカレッジに入る[4]。(6期)卒業[5]2010年に開催された「D☆DATE新メンバーオーディション」のファイナリストとなったが、D☆DATEの新メンバーには選ばれなかった。しかし、事前投票で1位だったこともあり、ファイナル開催時に急遽設けられた「D-BOYS部門」のグランプリとなる[6][7]。その後ワタナベエンターテインメントに所属。グランプリ受賞時には「D-BOYSに加入」と発表されていたが[6]、同年12月、D2に加入[8]

2011年、テレビドラマ『海賊戦隊ゴーカイジャー』のゴーカイブルー/ジョー・ギブケン役で俳優デビュー[9][注 1][注 2]

2012年6月、テレビドラマ『D×TOWN「ボクらが恋愛できない理由」』で初主演を務める[7]

2013年7月、D2メンバー初のソロ写真集を出版する[9]。同年10月にD2がD-BOYSに加入し、D-BOYSメンバーとなる。

2014年、『ライヴ』で映画初主演を務める[11]

2016年8月、舞台『宮本武蔵(完全版)』で舞台初主演を務める。作品は読売演劇大賞優秀作品賞を受賞した[12]

2017年は『おんな城主 直虎』で大河初出演を果たした他、映画だけで14本出演し、うち12本が公開になるなど飛躍の年となり、その役柄と印象のふり幅から「カメレオン俳優」とも呼ばれるようになった[13][14]

人物編集

父はプロ野球広島東洋カープ一軍内野守備走塁コーチの山田和利[15][16]。自身は小・中学校まで野球をやっていたが、「プロ野球選手にはなれない」と思い、高校で野球を辞めた[16][17]。2018年8月10日にナゴヤドームで行われた中日ドラゴンズ対東京ヤクルトスワローズ戦では父親がドラゴンズ現役時代に着けていた背番号30のユニフォームを着て始球式を行った[18]

特技は野球・バレーボール、趣味はスポーツ全般・サブカルチャー[3]

出演編集

テレビドラマ編集

バラエティ編集

CM編集

映画編集

WEBシネマ編集

  • 踊る大宣伝会議、或いは私は如何にして踊るのを止めてゲームのルールを変えるに至ったか。[注 3](ネスレシアターon YouTube) - 新見和也 役
    • Season 1(2014年)
    • Season 2(2015年)
  • ふたりのきっと、(2014年、ネスレシアターon YouTube) - 勇人 役[56]

ネット配信編集

舞台編集

イベント編集

ミュージックビデオ編集

声優編集

カバーモデル編集

  • *彼女限定* -ずっとキミが好き-(2013年11月26日、集英社)

作品編集

写真集編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ ただし、ワタナベエンターテインメント所属以前に映画『私の優しくない先輩』に出演した経歴がある。
  2. ^ なお、メインライターの荒川稔久曰くギブケンの人物のモデルは山田の父と同じ中日ドラゴンズで活躍した高木守道である。また、名前は高木の出身校である岐阜県立岐阜商業高等学校をもじって付けたものである[10]
  3. ^ タイトル中「ゲームの」に二重取り消し線が入るのが正式表記。

出典編集

  1. ^ a b c 山田裕貴”. ワタナベエンターテインメント. 2014年6月10日閲覧。
  2. ^ 山田裕貴です”. 山田裕貴オフィシャルブログ (2013年10月18日). 2015年2月11日閲覧。
  3. ^ a b 山田裕貴”. タレントデータバンク. 2017年4月22日閲覧。
  4. ^ a b 山田裕貴×前山剛久 (2016年1月). D★DAYS Vol.95. (インタビュー). Deview.. https://deview.co.jp/X_ddays_95?set_cookie=2 2017年1月31日閲覧。 
  5. ^ 卒業生・在校生紹介”. ワタナベエンターテイメントカレッジ. 2013年11月5日閲覧。
  6. ^ a b “山田裕貴、落選もD-BOYSに加入決定”. サンケイスポーツ. (2010年9月20日). オリジナル2010年9月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100925144450/http://news.goo.ne.jp/article/sanspo/entertainment/ssp20100920040.html 2014年6月10日閲覧。 
  7. ^ a b “ゴーカイブルー・山田裕貴がドラマ初主演 同期のライバル堀井新太と初共演”. ORICON STYLE. (2012年6月1日). http://www.oricon.co.jp/news/2012368/full/ 2013年11月5日閲覧。 
  8. ^ はじめまして☆”. 山田裕貴 BLOG (2010年12月24日). 2013年8月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年11月5日閲覧。
  9. ^ a b c 山田裕貴、1st写真集発売イベントで「堤ファミリーにいれてもらいたい!」と熱望”. De☆View (2013年8月7日). 2013年11月5日閲覧。
  10. ^ 「荒川稔久 インタビュー」『宇宙船』vol.132、ホビージャパン、2011年、90-91頁。ISBN 978-4-7986-0213-4
  11. ^ a b 『ライヴ』”. 山田裕貴オフィシャルブログ「Trust yourself」 (2014年2月22日). 2014年4月28日閲覧。
  12. ^ 山田裕貴「感謝」、主演舞台『宮本武蔵(完全版)』が読売演劇大賞優秀作品賞を受賞!”. クランクイン!. ハリウッド・チャンネル (2017年1月19日). 2018年6月23日閲覧。
  13. ^ “今年だけで映画12本公開”カメレオン俳優・山田裕貴の原点に「生きていけるか不安だった」過去”. モデルプレス (2017年9月18日). 2018年3月15日閲覧。
  14. ^ 賀来賢人&間宮祥太朗&高杉真宙&山田裕貴、2017年大躍進を遂げた男たち”. cinemacafe.net (2017年12月28日). 2018年3月15日閲覧。
  15. ^ 『プロ野球選手名鑑〈1997年度決定版〉』 エンターブレイン、1997年ISBN 978-4583033709
  16. ^ a b “【シネマ通信簿】山田裕貴「ライヴ」で初主演「ウルっときた」”. スポーツ報知. (2014年5月2日). オリジナル2014年5月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140502084545/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20140502-OHT1T50099.html 2014年6月10日閲覧。 
  17. ^ テレビ朝日|海賊戦隊ゴーカイジャー”. テレビ朝日. 2011年9月6日閲覧。
  18. ^ 山田裕貴が父・和利の背番号30を着けナゴヤドームのマウンドに登板”. 映画ナタリー. ナターシャ (2018年8月10日). 2018年8月15日閲覧。
  19. ^ TRUMP7日目☆”. 山田裕貴 BLOG (2013年1月29日). 2013年2月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年11月5日閲覧。
  20. ^ 山田裕貴 (2013年9月4日). 【インタビュー】『イタズラなKiss~Love in TOKYO』に出演!山田裕貴インタビュー. インタビュアー:門脇弥沙. TV LIFE.. オリジナルの2013年9月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130909110532/http://www.tvlife.jp/2013/09/04/11464 2017年12月29日閲覧。 
  21. ^ 山田裕貴 (2016年1月23日). “『荒地の恋』第3話”. Trust yourself.. 2017年1月31日閲覧。
  22. ^ 松井珠理奈&山田裕貴、“死幣”怖すぎて「こんな顔になっちゃった」 変顔ショット披露”. クランクイン!! (2016年6月25日). 2016年10月16日閲覧。
  23. ^ テレビ朝日|シリーズ2000回を記念してあの宇宙海賊と夢の共演!”. テレビ朝日. 2016年8月22日閲覧。
  24. ^ 山田裕貴、クリスマスに「フラれました」 多部未華子の元カレ役に”. モデルプレス (2016年12月2日). 2016年12月15日閲覧。
  25. ^ a b “吉沢亮主演の実写版「トモダチゲーム」に山田裕貴、大倉士門、根本凪が出演”. コミックナタリー (株式会社ナターシャ). (2017年1月4日). http://natalie.mu/comic/news/215529 2017年1月4日閲覧。 
  26. ^ 堀井新太×山田裕貴×三津谷亮 (2017年4月19日). 堀井新太×山田裕貴×三津谷亮インタビュー「赤ちゃんには勝てない(笑)」『3人のパパ』に出演. (インタビュー). TV LIFE.. http://www.tvlife.jp/pickup/114543 2017年4月26日閲覧。 
  27. ^ “仲里依紗:「ホリデイラブ」でベッドイン? “イケメン経営者”山田裕貴に迫られ…”. MANTANWEB. (2018年2月2日). https://mantan-web.jp/article/20180202dog00m200043000c.html 2018年2月20日閲覧。 
  28. ^ 山田裕貴、イノッチの後輩刑事役「この春、生き残らなきゃ」”. ORICON NEWS. オリコン (2017年12月28日). 2018年3月15日閲覧。
  29. ^ “ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」川栄李奈&山田裕貴が吉岡里帆の同期に”. コミックナタリー (ナターシャ). (2018年6月5日). https://natalie.mu/comic/news/285227 2018年6月5日閲覧。 
  30. ^ “2019年度前期 連続テレビ小説「なつぞら」キャスト発表!”. NHKドラマトピックス (日本放送協会). (2018年4月26日). http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/1000/296281.html 2018年4月26日閲覧。 
  31. ^ 山田裕貴公式Twitter@00_yuki_yの2016年7月6日のツイート2018年8月15日閲覧。
  32. ^ “山田裕貴の主演映画、イモトのWiFiとコラボCM”. nikkansports.com. (2018年7月20日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201807200000531.html 2018年8月15日閲覧。 
  33. ^ 瀬戸康史&山田裕貴、8代目「キターッ!」 サンテ新CMで先輩後輩役”. マイナビニュース. マイナビ (2018年7月27日). 2018年8月15日閲覧。
  34. ^ 『俺たち賞金稼ぎ団』”. 山田裕貴オフィシャルブログ「Trust yourself」 (2014年2月9日). 2014年2月28日閲覧。
  35. ^ 山田裕貴&高岡奏輔が闇金業者役で共演!主人公は『ガチバン』の人気キャラ”. シネマトゥデイ (2015年6月30日). 2015年7月1日閲覧。
  36. ^ a b 「闇金ドッグス」続編2作が公開決定!山田裕貴&青木玄徳がそれぞれ主演”. 映画.com (2016年3月17日). 2016年3月17日閲覧。
  37. ^ テンパる山田裕貴に青木玄徳がツッコミの嵐!絶妙コンビ芸に場内爆笑”. 映画.com (2016年12月10日). 2018年3月5日閲覧。
  38. ^ 山田裕貴、衝撃的な“刺青姿”を披露!「闇金ドッグス6」予告&ポスター入手”. 映画.com (2017年7月28日). 2018年3月5日閲覧。
  39. ^ 青木玄徳&山田裕貴は「イケメンのお笑いコンビ」 第7弾「闇金ドッグス」公開”. 映画.com (2017年9月2日). 2018年3月5日閲覧。
  40. ^ 山田裕貴VS金狂いのゲス家族!「闇金ドッグス8」ポスター&予告&劇中カット公開”. 映画.com (2018年2月23日). 2018年3月5日閲覧。
  41. ^ a b 山田裕貴×青木玄徳「闇金ドッグス」またまた続編決定!“史上最悪の物語”が来春公開”. 映画.com (2017年12月19日). 2018年3月5日閲覧。
  42. ^ 山田裕貴、両親の”ごきげんな過去”を告白 映画『ふきげんな過去』トークショー”. De☆view. oricon ME (2016年6月22日). 2016年10月16日閲覧。
  43. ^ 山田裕貴 (2017年11月9日). 山田裕貴が語る、『HiGH&LOW』の人気キャラ・村山とシンクロする思い. インタビュアー:黒豆直樹. ぴあ映画生活.. http://cinema.pia.co.jp/news/172257/72825/ 2018年2月20日閲覧。 
  44. ^ 注目の若手俳優・山田裕貴が菜々緒をナンパ!“ウザめ”なチャラ男熱演”. モデルプレス (2016年4月4日). 2016年4月4日閲覧。
  45. ^ 山田裕貴×堀井新太 (2016年8月17日). 山田裕貴、堀井新太の「最悪」エピソードにツッコミ「人生そんなに上手くいかないよ」〈松井愛莉が直撃!「青空エール」リレーインタビューVol.4〉. (インタビュー). モデルプレス.. https://mdpr.jp/interview/detail/1606442 2016年12月15日閲覧。 
  46. ^ 懐かしのヒーロー『破裏拳ポリマー』が、2017年5月実写映画化決定! 主演は、本作がアクション初挑戦の溝端淳平さんに”. アニメイトタイムズ. アニメイト (2016年11月15日). 2016年11月15日閲覧。
  47. ^ 村上虹郎「二度めの夏、二度と会えない君」映画化に主演!切なすぎる思い抱え、タイムリープ”. 映画.com (2016年9月12日). 2016年9月12日閲覧。
  48. ^ “佐藤健主演「亜人」で綾野剛が佐藤役!玉山鉄二、城田優、千葉雄大ら新キャスト7名”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2017年2月17日). http://natalie.mu/eiga/news/221102 2017年2月17日閲覧。 
  49. ^ 今波にノッてる若手なのに…山田裕貴、警備員に止められる”. シネマトゥデイ. 2017年9月6日閲覧。
  50. ^ 「デメキン」健太郎と山田裕貴が“不良の歩き方”披露、博多弁の怒号飛び交う”. 映画ナタリー (2017年11月21日). 2018年3月5日閲覧。
  51. ^ “菅田将暉×土屋太鳳「となりの怪物くん」に古川雄輝、山田裕貴、池田エライザら出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2017年11月15日). http://natalie.mu/eiga/news/256783 2017年11月15日閲覧。 
  52. ^ 山田裕貴、『万引き家族』のカンヌ最高賞に歓喜! 北条保役で出演”. マイナビニュース. マイナビ (2018年5月20日). 2018年6月12日閲覧。
  53. ^ 壬生智裕 (2018年8月17日). “山田裕貴『虹色デイズ』監督との苦いエピソードを明かす”. シネマトゥデイ. 2018年10月12日閲覧。
  54. ^ 浜辺美波、憧れの北川景子との共演に感激!竹内涼真は山田裕貴の存在を猛アピール”. Movie Walker (2018年6月18日). 2018年6月23日閲覧。
  55. ^ 山田裕貴「あの頃、君を追いかけた」に役者人生の命運を懸けた”. 映画.com (2018年10月4日). 2018年10月12日閲覧。
  56. ^ 現役女子高校生女優の桜井美南が“キットカット”で受験生を応援!”. ザテレビジョン (2014年12月17日). 2015年2月11日閲覧。
  57. ^ 「ミス・シャーロック」山田裕貴演じる“絵に描いたようなダメ息子”の写真到着”. 映画ナタリー. ナターシャ (2018年6月1日). 2018年6月12日閲覧。
  58. ^ “山田裕貴が舞台の主演に初挑戦!脱イケメンへ変身”. スポーツ報知. (2016年4月3日). オリジナル2016年9月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160915003951/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160402-OHT1T50128.html 2017年4月26日閲覧。 
  59. ^ 山田裕貴、元プロ野球選手の父・ゆかりの地でランウェイ 歓声に満面の笑み〈TGC広島2017〉”. モデルプレス (2017年12月9日). 2018年6月23日閲覧。
  60. ^ 山田裕貴の“ニカッ”と笑顔にきゅん〈TGC2018S/S〉”. モデルプレス (2018年3月31日). 2018年6月12日閲覧。
  61. ^ 【GirlsAward】山田裕貴&齋藤飛鳥、制服姿でランウェイ登場 ボールペン攻撃に快感?「その痛みも嫌いじゃない」”. ORICON NEWS. オリコン (2018年9月16日). 2018年10月12日閲覧。
  62. ^ 山田裕貴、2nd写真集発売に笑顔「自分の歩みがすべてここに」”. 映画ナタリー. ナターシャ (2017年11月18日). 2017年12月29日閲覧。

外部リンク編集