メインメニューを開く

山田 順子(やまだ じゅんこ、1948年12月12日[1] - )は、日本の英米文学翻訳家福岡県生まれ、立教大学社会学部卒業。

1975年ハンナ・セネシュ『ハンナの日記』(平安書店刊)にてデビュー[2]。翻訳は、児童書からSF、ミステリーまで幅広い分野にわたっている。日本推理作家協会会員。

浅倉久志が中心となって、翻訳家の交流会「エイト・ダイナーズ」が、小尾芙佐深町眞理子大村美根子、山田順子、佐藤高子鎌田三平白石朗というメンバーで行われていた[3]

翻訳編集

  • ピアズ・アンソニイ
    • 魔法の国ザンス:早川書房(ハヤカワ文庫)
      1. 『カメレオンの呪文』 1981年
      2. 『魔王の聖域』 1982年
      3. 『ルーグナ城の秘密』 1984年
      4. 『魔法の通廊』 1985年
      5. 『人喰い鬼の探索』 1986年
      6. 『夢馬の使命』 1987年
      7. 『王女とドラゴン』 1989年
      8. 『幽霊の勇士』 1992年
      9. 『ゴーレムの挑戦』 1994年
      10. 『悪魔の挑発』 1995年
      11. 『王子と二人の婚約者』 1996年
      12. 『マーフィの呪い』 1999年
      13. 『セントールの選択』 2000年
      14. 『魔法使いの困惑』 2002年
      15. 『ゴブリン娘と魔法の杖』 2003年
      16. 『ナーダ王女の憂鬱』 2005年
      17. 『名誉王トレントの決断』 2006年
      18. 『ガーゴイルの誓い』 2008年
      19. 『女悪魔の任務』 2009年
      20. 『魔王とひとしずくの涙』 2009年
      21. 『アイダ王女の小さな月』 2010年
  • マーガレット・マーヒー
    • 『クリスマスの魔術師(世界の青春ノベルズ)』 岩波書店 1996年
    • 『錬金術』岩波書店 2005年
    • 『マディガンのファンタジア 下(未来への綱わたり)』 岩波書店 2008年
    • 『マディガンのファンタジア 上(未来からのねがい)』岩波書店 2008年
  • ジョージ・ガイプ著『バック・トゥ・ザ・フューチャー新潮文庫 1985年
  • クレイグ・S. ガードナー英語版著 『バック・トゥ・ザ・フューチャー2』 新潮社 1989年
  • クレイグ・S. ガードナー著 『バック・トゥ・ザ・フューチャー3』 新潮社 1990年
  • スティーヴン・キング著 『恐怖の四季』「スタンド・バイ・ミー―秋の目覚め」新潮社 1987年
  • スティーヴン・キング著 『デスペレーション』 上巻・下巻 (新潮文庫) 新潮社 2000年
  • リチャード・バックマン(スティーヴン・キング)著 『レギュレイターズ』 上巻・下巻 (新潮文庫) 新潮社 2000年
  • ホイットリー・ストリーバー著『ウルフェン(Hayakawa novels)』早川書房 1981年
  • ホイットリー・ストリーバー著『ウルフェン(ハヤカワ文庫)』 早川書房 1987年
  • ロバート・A・ハインライン著『レッド・プラネット』 創元推理文庫 1985年
  • ロバート・A・ハインライン著『宇宙船ガリレオ号』 創元SF文庫 1992年 ISBN 4488618111
  • ティム・ウィン=ジョーンズ英語版著 『ぼくも変身できるかもしれない』 岩波書店 1999年
  • ティム・ウィン・ジョーンズ著 『火星を見たことありますか』 岩波書店 1999年
  • デイヴィッド・アーモンド著 『肩胛骨は翼のなごり』 東京創元社 2000年
  • デイヴィッド・アーモンド著 『秘密の心臓』 東京創元社 2004年
  • ジェイニー・ボライソー(Janie Bolitho)著『容疑者たちの事情(創元推理文庫)』 東京創元社 2004年
  • ジェイニー・ボライソー著『クリスマスに死体がふたつ(創元推理文庫)』 東京創元社 2006年
  • A・A・ミルン著『赤い館の秘密 新訳版』創元推理文庫 2019年

その他

脚注編集