山脇直司

日本の哲学者

山脇 直司(やまわき なおし、1949年3月26日 - )は、日本の哲学者。専門は公共哲学、社会思想史、ドイツ観念論など。星槎大学学長[1]東京大学名誉教授、地球システム・倫理学会副会長[2]日本共生科学会会長。

山脇 直司
人物情報
生誕 (1949-03-26) 1949年3月26日
日本の旗 日本青森県八戸市
出身校 一橋大学上智大学ミュンヘン大学
学問
研究分野 哲学
研究機関 東海大学上智大学東京大学星槎大学
学位 哲学博士
テンプレートを表示

経歴編集

1949年、青森県八戸市生まれ。1967年に青森県立八戸高等学校を卒業後、一橋大学経済学部に進み、1972年に卒業。大学での指導教員は塩野谷祐一であった。上智大学大学院哲学研究科に進み、1975年に修士課程を修了。大学院での指導教員はルートヴィヒ・アルムブルスタークラウス・リーゼンフーバーであった。1978年、旧西ドイツミュンヘン大学に留学し、ローベルト・シュペーマンの下で学ぶ。1982年、同大学の哲学博士号を取得。

帰国後、東海大学文学部文明学科専任講師についた。上智大学文学部哲学科助教授を経て、1988年の東大駒場騒動の際に谷嶋喬四郎東京大学教授の推薦を受け、東京大学教養学部社会科学科助教授となった。1993年に同大学教授に昇進。1996年からは東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻教授。2013年に東京大学を定年退任し、星槎大学通信制課程共生科学部教授となった。2019年より、同大学学長をつとめている。

学外では、経済産業省産業構造審議会基本政策部会委員、国際連合大学グローバルセミナー企画委員、東京大学ドイツ・ヨーロッパ研究センター執行委員などを務めた。現在は、八戸市特派大使[3]、日本共生科学会会長、地球システム・倫理学会副会長、(非営利)一般財団法人京都フォーラム評議員。

研究内容・業績編集

著書編集

単著編集

  • 『ヨーロッパ社会思想史』(東京大学出版会、1992年)
  • 『包括的社会哲学』(東京大学出版会、1993年)
  • 『新社会哲学宣言』(創文社、1999年)
  • 『経済の倫理学』(丸善、2002年)
  • 『公共哲学とは何か』(ちくま新書、2004年)
  • 『社会福祉思想の革新』(かわさき市民アカデミー出版部、2005年)
  • 『グローカル公共哲学――「活私開公」のヴィジョンのために』(東京大学出版会、2008年)
  • 『社会とどうかかわるか』(岩波書店、2008年)
  • 『社会思想史を学ぶ』(ちくま新書、2009年)
  • 『公共哲学からの応答_3.11の衝撃のあとで』(筑摩選書、2011年)
  • 'Glocal Public Philosophy'(Lit Verlag, 2016)
  • 『私の知的遍歴_哲学・時代・創見』(デーリー東北新聞社、2017年)

単編著編集

共編著編集

  • (ペーター コスロフスキー・鬼塚雄丞・杉浦克己・松原隆一郎・橋本努)『資本主義の倫理』(サイエンス社、1996年)
  • 田中克彦糟谷啓介)『ライブラリ相関社会科学 (4) 言語・国家、そして権力』(サイエンス社、1997年)
  • 大沢真理大森彌・松原隆一郎)『ライブラリ相関社会科学 (5) 現代日本のパブリック・フィロソフィ』(サイエンス社、1998年)
  • 内田隆三森政稔米谷匡史)『ライブラリ相関社会科学 (7) ネイションの軌跡』(サイエンス社、2001年)
  • 佐々木毅村田雄二郎)『東アジアにおける公共知の創出――過去・現在・未来』(東京大学出版会、2003年)
  • 丸山真人柴田寿子)『ライブラリ相関社会科学 (10) グローバル化の行方』(サイエンス社、2004年)
  • 宮本久雄)『公共哲学の古典と将来』(東京大学出版会、2005年)
  • (星川啓慈・山梨有希子・斎藤謙次・濱田陽・田丸徳善)『現代世界と宗教の課題―宗教間対話と公共哲学』(蒼天社出版、2005年)
  • 金泰昌)『公共哲学 (18) 組織・経営から考える公共性』(東京大学出版会、2006年)
  • 田中秀夫)『共和主義の思想空間――シヴィック・ヒューマニズムの可能性』(名古屋大学出版会、2006年)
  • (押村高)『共和主義の思想空間_シヴィック・ヒューマニズムの可能性』(名古屋大学出版会、2006年)
  • (西永堅ほか)『共生社会の構築のために_教育・福祉・国際・スポーツ』(星槎大学出版会、2019年)

訳書編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 令和4年度星槎大学入学式学長式辞”. 星槎大学. 2022年4月9日閲覧。
  2. ^ 地球システム・倫理学会 役員”. 2019年6月17日閲覧。
  3. ^ 【八戸特派大使通信】第20回 山脇 直司”. 八戸市. 2020年1月7日閲覧。
  4. ^ Ken-ichi Sasaki et al (2010). Guest Editor: Naoshi Yamawaki. ed. “Table of Contents Japanese Philosophy Today”. DIOGENES 57(3). 
  5. ^ 『私の知的遍歴-哲学・時代・創見-』デーリー東北新聞社、2017年11月1日、100-101頁。 
  6. ^ 文化の多様性と通底の価値”. www.nihongonosekai.com. 2022年9月2日閲覧。

外部リンク編集