山路哲生 (プロ野球審判)

2017年7月26日 横須賀スタジアムにて

山路 哲生(やまじ てつお、1979年10月12日 - )は、日本のプロ野球審判員。

来歴・人物編集

竹原市立竹原中学校→広島県瀬戸内高等学校九州国際大学大和工商リース→オオニシスポーツ勤務時代に広島県高野連審判員を経て、2004年にパシフィック・リーグ審判部に入局。現在の審判員袖番号は45(2004年~2005年は37。2006年~2010年までは5)。2018年終了時点での試合出場数は938試合。2009年7月24日のオールスターゲーム第1戦(札幌)では初出場にして球審を務めた。2010年、北海道日本ハムファイターズ福岡ソフトバンクホークス開幕戦にて球審を務めた。 2019年8月15日、埼玉西武ライオンズオリックス・バファローズ21回戦(メットライフドーム)で一塁塁審を務め、通算1000試合出場を達成した。[1]

審判出場記録編集

(記録は2019年シーズン終了時)

表彰編集

  • イースタン・リーグ優秀審判員:1回 (2007年)

(記録は2019年シーズン終了時)

脚注編集

  1. ^ 山路哲生審判員 通算1000試合出場達成のお知らせ”. 日本野球機構. 2020年4月29日閲覧。

外部リンク編集