メインメニューを開く

山都町(やまとまち)は、福島県耶麻郡にあったである。

山都町
廃止日 2006年1月4日
廃止理由 新設合併
喜多方市、塩川町山都町熱塩加納村高郷村
喜多方市
現在の自治体 喜多方市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 福島県
耶麻郡
団体コード 07404-7
面積 156.21km2
総人口 4,046
推計人口、2006年1月1日)
隣接自治体 喜多方市
高郷村熱塩加納村
西会津町会津坂下町
新潟県新発田市阿賀町
山形県飯豊町小国町
町の木 イイデスギ
町の花 シャクナゲ
町の鳥 セキレイ
山都町役場
所在地 969-4111
福島県耶麻郡山都町字蔵ノ後954番地の1
外部リンク 山都町観光協会
座標 北緯37度38分34.7秒
東経139度46分12秒
山都町の県内位置図
 表示 ウィキプロジェクト

2006年1月4日に、喜多方市および耶麻郡熱塩加納村塩川町高郷村と合併し、新しい喜多方市合併特例区の一つとなったため、普通地方公共団体としては廃止した。

目次

地理編集

福島県の北西部にあり、町の北部の飯豊連峰山頂付近で、新潟県山形県と接する。

飯豊連峰付近のほとんどは、南西部を新潟県、北東部を山形県が占めているが、山頂の神社とその参道が福島県山都町に属するため、飯豊連峰の三国岳、種蒔山、飯豊山、御西岳と続く稜線に沿って、細長く突き出た形の町域を有する。

町域は全般に山がちで、南端にある盆地周辺に都市機能が集まり、周辺町村と鉄道道路で結ばれる。南東方向に会津盆地が続き、周辺地域の中心都市である会津若松市がある。

  • 山:飯豊連峰(飯豊山、御西岳、種蒔山、三国岳)
  • 河川:阿賀川只見川、一ノ戸川

隣接していた自治体編集

歴史編集

沿革編集

姉妹都市編集

交通編集

道路編集

鉄道編集

観光編集

町内で生産したソバをもとに町おこしをすすめている。生産農家で直接ソバ食の提供を行っている。 特に蕎麦で有名な集落が「宮古」地区。ほとんどの家が蕎麦を提供。   

一の木に温泉が湧出。

関連項目編集