メインメニューを開く

山野会(やまのかい[1])は、20世紀に活動した日本暴力団熊本県熊本市内に本部を置いた指定暴力団であった[2]。2001年までに消滅[3]

山野会
設立 1954年
設立者 山野義治
設立場所 熊本県熊本市
本部 〒860-0816
熊本県熊本市本荘町721-14
首領 初代:山野義治
二代目:蓑田正敏
三代目:池田鉄雄
活動期間 20世紀
活動範囲 熊本県内
構成員数
(推定)
70名(2001年時点)
友好組織 熊本連合
敵対組織 山口組

目次

来歴編集

山野義治が1954年に熊本市を本拠地として「新選組」という団体を結成。これが1956年頃に“山野会”へ改称し、1972年に蓑田正敏が二代目を襲名、さらに1986年に池田鉄雄が三代目会長に就任した[4]

暴対法施行後の1993年までに同法に基づく指定暴力団となる[4]。のち1998年にも再度の指定を受けたものの、やがて団体自体が消滅。2001年の11月をもって指定取り消しとなった[3]

情勢編集

本部は熊本県熊本市本荘町721-14に所在していた[2]警察白書の報告によれば、熊本県内を専らの勢力範囲とし、1993年の時点でおよそ100名[4]、2001年の時点でおよそ70名[2]の構成員を擁した。同じく熊本市内の「虎門会」、「大久保一家」、「西心会」、および「大村一門」という4団体とともに、熊本の“反山口組の牙城”と言われた親睦団体「熊本連合」を結成していた[5]

歴代編集

会長 期間
山野義治 1954—1972
蓑田正敏 1972—1986
池田鉄雄 1986—消滅

出典編集