山野 哲也(やまの てつや、TETSUYA YAMANO、1965年10月2日 - )は、日本のレーシングドライバー東京都出身。帰国子女上智大学経済学部経営学科卒業。現在は茨城県守谷市在住。弟の山野直也プロドライバー

山野哲也
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1965-10-02) 1965年10月2日(54歳)
出身地 東京都
過去参加シリーズ
1999-2004
2005-2013
全日本GT選手権
SUPER GT
選手権タイトル
2004
2005,2006
全日本GT選手権
SUPER GT
受賞
上智大学最優秀選手賞
JAFモータースポーツ特別賞
茨城県表彰特別功労賞

来歴編集

概要編集

東京都武蔵野市に生まれ、主に東京都府中市で育つ。父親の仕事の都合で15歳だった1981年、ロサンジェルスに移住。トーランス市のSouth High School在学中の16歳から自動車運転を始めた。University of Southern California 大学に入学後、両親と弟はフランクフルトへ移住。単身で1年間アメリカに残った後、上智大学へ編入。卒業後本田技研工業に入社。従業員として働きながら週末は積極的にモータースポーツに参戦した。1998年チーム国光の代表高橋国光氏の誘いを受けたことから本田技研工業を退社。2000年にレーシングドライバーとして独立し、同時に有限会社コムドライブを設立した。

ジムカーナの経歴:デビューから現代まで編集

上智大学3年生のとき、安全運転技術コンテストに優勝したことがきっかけとなり、バレーボール部から自動車部に移籍。大学4年生だった1988年、AE86を駆り学生自動車連盟主催全関東学生ジムカーナ選手権と全日本学生ジムカーナ選手権の双方で個人タイトルを獲得。上智大学から最優秀選手賞を受賞。1989年にはAS型CR-Xに乗り換え、JAF関東ミドル戦全戦全勝の成績を残す。EF8型CR-Xに乗り換えた1990年~1991年JAF近畿ジムカーナ選手権およびJMRC全国フェスティバルシリーズで2年連続ダブルチャンピオンタイトルを獲得。1992年にJAF全日本ジムカーナ選手権がシリーズ化され、初の全日本チャンピオンを獲得。その後シビック、インテグラ、S2000、NSXと常に新しいホンダ車を投入し、数々の優勝やチャンピオンを獲得した。2007年は、ロータス・エキシージで参戦。外国車による初の全日本チャンピオンをもたらした。2012年にはSUPER GTと同じスバル・BRZでの参戦を表明し、デビューとなった第2戦の広島TS-タカタサーキット戦でBRZ世界初優勝を飾った。2017年にはアバルト・124スパイダーを投入しイタリアブランド初のチャンピオンを獲得。翌年の2018年、第3戦エビスラウンドで逆転優勝を飾り、この日の優勝が全日本ジムカーナ選手権100回目の優勝となった。シーズン終了後には日本自動車連盟から「JAFモータースポーツ特別賞」を受賞した。2019年度はシリーズ10戦中9戦で優勝を果たし、年間最多優勝記録を更新した。

レースの経歴:デビューからSUPER GT3年連続チャンピオンまで編集

ジムカーナと並行して、1992年にホンダ・シティにてN1耐久にレースデビュー。その年には東日本ツーリングカー選手権P1600クラスでシリーズチャンピオン獲得。筑波サーキットでのシビックレースデビュー戦では雨中の予選でポールポジション獲得、決勝も後続を引き離し優勝した。1994年にはシビック東日本シリーズにおいて出場全戦ポールtoフィニッシュを達成。1995年には十勝24時間耐久レースでクラス優勝。1996年にはEK4型シビックをデビューウィンさせ、F1鈴鹿の前座レースであるシビックF1チャレンジカップでポールtoフィニッシュし注目を浴びた。1999年は雨宮勇美氏が主宰するRE雨宮レーシングのオーディションに合格し、全日本GT選手権に参戦開始。参戦初年度よりチャンピオン争いの上位に加わる活躍を見せる。2002年には長谷見昌弘氏率いるハセミ・モータースポーツからシルビアで参戦したが最終戦鈴鹿でエンジンブローし惜しくもチャンピオンを逃した。2004年にはM-TECからホンダ・NSXで参戦。開幕戦の岡山ラウンドで初となるGT300コースレコードを樹立。最終戦鈴鹿で優勝しGTマシンによる自身初のシリーズチャンピオンを獲得した。続く2005年は新たにSUPER GTと改称され、チームレクリスから参戦、トヨタ・MR-Sで8戦中6戦で表彰台に登壇。2年連続チャンピオンを獲得した。2006年のSUPER GTには古巣RE雨宮からマツダ・RX-7で参戦。首位のプリヴェチューリッヒ・紫電と5P差で最終戦富士を迎え、レースでは序盤にスピンを喫してしまうが、ピットワークとパートナー井入宏之の踏ん張りで決勝を6位でフィニッシュ。ポイント争いをしていた紫電がポイント圏外でレースを終えたため、同ポイントながら2位の入賞回数が紫電よりも多かったことから、3年連続チャンピオンを獲得した。SUPER GTの歴史において、3年連続チャンピオンという実績は山野哲也のみ。付け加えるとこの3年連続チャンピオンは異チーム(M-TEC、TEAM RECKLESS、RE雨宮レーシング)、異メーカー(HONDA、TOYOTA、MAZDA)、異タイヤメーカー(ダンロップ、ミシュラン、ヨコハマ)、異ペアドライバー(八木宏之、佐々木孝太、井入宏之)の構成によるもので、同条件での再現はできないものと言われている。

レースの経歴:スバルへの移籍から勇退まで編集

2007年またもや劇的な移籍を決意。クスコレーシングにて4WD仕様のスバル・インプレッサで参戦し、シリーズランキングは一気に22位まで転落。しかしシーズンオフに大改造し、2008年は第4戦セパン佐々木孝太とともに優勝を飾った(チームとしては1998年第5戦以来、4WD及び4ドア車としても初)他、第2戦岡山、最終戦富士でも3位表彰台に上がるなど速さを見せ戦闘力の高さを示した。なお第8戦から佐々木に代わりカルロ・ヴァン・ダムが参戦した。2009年はクスコレーシングの休止により序盤は参戦しなかったが、第6戦よりR&D SPORTよりスバル・レガシィB4にて密山祥吾とともに参戦。トラブルが多かったが2010年にはそのマシンもレガシィB4ながら4WDからFRに変更、さらに第5戦よりトランスアクスル化されエンジンもWRC用ベースとなった。第6戦鈴鹿1000KMレースでは予選11位から着々とポジションアップし、レガシィ初優勝を飾る。2011年も同様の体制で参戦。レガシィのメインフレームの大改造を行ったのが功を奏し戦闘力がアップされたマシンで第5戦鈴鹿(夏の鈴鹿2連勝)と第7戦オートポリスで2勝を上げランキング4位につけた。2012年もR&D SPORTにて佐々木とともに参戦するが、マシンを注目のスバル・BRZで参戦。苦悩の年となったが2013年には戦闘力を上げた。得意とする鈴鹿1000KMレースの予選で自らGT300コースレコードを樹立。決勝も優勝した。2013年の最終戦もてぎでは辰己英治総監督とともに記者会見に出席。SUBARUを勇退するというニュースが全国を駆け巡った。その直後のフリー走行では自らベストラップを出し、決勝も3位表彰台登壇。7年間のTEAM SUBARUでの活動の終止符に相応しいレースとなった。

パイクスピークインターナショナルヒルクライムなどの経歴編集

レースやジムカーナの活動は有名だが、スポット参戦した他のカテゴリーでも実績を残している。全日本ダートトライアル選手権丸和ラウンドでは三菱ランサーで5位に入賞。全日本ラリー選手権新城ラウンドではトヨタ86で2年連続で入賞。特にハイスピードSSではクラストップを連続して記録するなど、高い順応性を示した。2015年には本田技術研究所の開発車両でアメリカコロラド州で行われるパイクスピークインターナショナルヒルクライムに参戦。「Honda Electric SH-AWD with Precision All-Wheel Steer」で総合11位、エキシビションクラス優勝を果たした。2016年は発売前のNSXを模した「4-Motor EV Concept」で総合3位、エレクトリックモディファイドクラス2位、それまで田嶋伸博が持っていた日本人最速記録を自らが出した9分06秒015というタイムで塗り替えた。

マルチタレントとしての活動編集

レース活動の一方で、ドライビングスクールや安全運転のアドバイザー、ジャーナリスト、コースデザイナーをはじめ、自動車メーカー、タイヤメーカー、パーツメーカーの開発テストドライバーとしても活動している。また茨城県守谷市にある「オフィス コムドライブ」の会長も務め、パーツ開発販売等の事業も行なっている。

普段の愛車遍歴はホンダラグレイト、スバルレガシィ、BMWM5、Mercedes AMG C63S、AUDI RS5、Smart BRABUS、Mercedes AMG E63Sなど。

戦歴編集

全日本ジムカーナ選手権編集

  • 1992年 - EF8型CR-XでAIIクラスチャンピオン 第1回目 シリーズ化した選手権での最速初代チャンピオン
  • 1993年 - EF8型CR-X及びEG6型シビックでAIIクラスシリーズ2位
  • 1994年 - EG6型シビックでAIIクラスチャンピオン 第2回目
  • 1995年 - EG6型シビックでAIIクラスチャンピオン 第3回目 JAFカップのみDC2型インテグラで参戦し優勝
  • 1996年 - EK4型シビックでAIIクラスチャンピオン 第4回目 1戦のみDC2型インテグラで参戦しAIIIクラス優勝
  • 1997年 - EK4型シビックでAIIクラスチャンピオン 第5回目
  • 1998年 - EK9型シビックでAIIクラスチャンピオン 第6回目
  • 1999年 - NA1型NSXでAIIIクラスチャンピオン 第7回目
  • 2000年 - AP1型S2000でAIIIクラスチャンピオン 第8回目
  • 2001年 - AP1型S2000でAIIIクラスチャンピオン 第9回目 最終戦をDC5型インテグラで参戦
  • 2002年 - DC5型インテグラでAIIIクラスシリーズ6位
  • 2003年 - AP1型S2000でN3クラスチャンピオン 第10回目
  • 2004年 - NA2型NSXでN3クラスチャンピオン 第11回目
  • 2005年 - NA2型NSXでN3クラスチャンピオン 第12回目
  • 2006年 - AP2型S2000でN3クラスシリーズ2位
  • 2007年 - エキシージでN3クラスシリーズチャンピオン 第13回目 日本選手権初の外国車(イギリス車)でのタイトル
  • 2008年 - エキシージでN3クラスシリーズチャンピオン 第14回目
  • 2009年 - エキシージでN3クラスシリーズ2位
  • 2010年 - エキシージでN3クラスシリーズ4位
  • 2011年 - エキシージでN3クラスシリーズ2位
  • 2012年 - ZC6型BRZでPN2クラスシリーズ2位 BRZデビューで世界初優勝
  • 2013年 - ZC6型BRZでPN3クラスシリーズチャンピオン 第15回目
  • 2014年 - ZC6型BRZでPN3クラスシリーズ2位
  • 2015年 - ZC6型BRZでPN3クラスシリーズチャンピオン 第16回目
  • 2016年 - エキシージでPN4クラスシリーズ5位
  • 2017年 - 124スパイダーでPN2クラスシリーズチャンピオン 第17回目 日本選手権2車種目の外国車(イタリア車)でのタイトル
  • 2018年 - 124スパイダーでPN2クラスシリーズチャンピオン 第18回目 第3戦で全日本ジムカーナ選手権「100戦目の優勝」
  • 2019年 - 124スパイダーでPN2クラスシリーズチャンピオン 第19回目 全10戦中9戦で優勝 年間最多優勝記録を更新

全日本GT選手権/SUPER GT編集

  • 1999年 - RE雨宮マツモトキヨシRX-7で参戦 ドライバーズランキング5位
  • 2000年 - RE雨宮マツモトキヨシRX-7で参戦 ドライバーズランキング5位
  • 2001年 - RE雨宮マツモトキヨシRX-7で参戦 ドライバーズランキング2位
  • 2002年 - ユニシアジェクスシルビアで参戦 ドライバーズランキング3位
  • 2003年 - AMPREX BMW M3GT, CASTLEIDEAL RX-7参戦
  • 2004年 - M-TEC NSXで参戦 GT300クラスチャンピオン
  • 2005年 - TEAM RECKLESS MR-Sで参戦 2年連続GT300クラスチャンピオン
  • 2006年 - 雨宮アスパラドリンク RX-7で参戦 3年連続GT300クラスチャンピオン
  • 2007年 - クスコDUNLOP スバル・インプレッサで参戦 ドライバーズランキング22位
  • 2008年 - クスコDUNLOP スバル・インプレッサで参戦 ドライバーズランキング6位 (この年の第4戦マレーシアセパンサーキットでAWD車初優勝(GT300としてはAWD車初優勝)に導いた)
  • 2009年 - R&D SPORT レガシィB4で第6戦から参戦
  • 2010年 - R&D SPORT レガシィB4で参戦 ドライバーズランキング11位
  • 2011年 - R&D SPORT レガシィB4で参戦 ドライバーズランキング4位
  • 2012年 - R&D SPORT SUBARU BRZ GT300で参戦 ドライバーズランキング14位
  • 2013年 - R&D SPORT SUBARU BRZ GT300で参戦 ドライバーズランキング4位
所属チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 順位 ポイント
1999 RE 雨宮レーシング マツダ・RX-7 GT300 SUZ
4
FSW
4
SUG
Ret
MIN
12
FSW
2
TAI
2
TRM
5
5位 58
2000 GT300 TRM
2
FSW
5
SUG
Ret
FSW
3
TAI
Ret
MIN
4
SUZ
3
5位 57
2001 GT300 TAI
3
FSW
5
SUG
1
FSW
4
TRM
7
SUZ
15
MIN
11
2位 54
2002 ハセミモータースポーツ 日産・シルビア GT300 TAI
4
FSW
Ret
SUG
1
SEP
3
FSW
3
TRM
4
MIN
Ret
SUZ
Ret
3位 70
2003 AMPREX MOTORSPORTS マツダ・RX-7 GT300 TAI FSW SUG FSW FSW
NC
TRM NC 0
BMW・M3 AUT
14
SUZ
Ret
2004 M-TEC CO., LTD. ホンダ・NSX GT300 TAI
3
SUG
7
SEP
2
TOK
2
TRM
2
AUT
6
SUZ
1
1位 93
2005 TEAM RECKLESS トヨタ・MR-S GT300 OKA
5
FSW
3
SEP
2
SUG
3
TRM
8
FSW
3
AUT
1
SUZ
3
1位 93
2006 RE 雨宮レーシング マツダ・RX-7 GT300 SUZ
2
OKA FSW
11
SEP
1
SUG
9
SUZ
4
TRM
4
AUT
2
FSW
6
1位 86
2007 CUSCO RACING スバル・インプレッサ GT300 SUZ
21
OKA
13
FSW
Ret
SEP
5
SUG
Ret
SUZ
Ret
TRM
11
AUT
14
FSW
11
22位 7
2008 GT300 SUZ
6
OKA
3
FSW
18
SEP
1
SUG
14
SUZ
17
TRM
14
AUT
6
FSW
3
6位 59
2009 R&D SPORT スバル・レガシィ B4 GT300 OKA SUZ FSW SEP SUG SUZ
DNQ
FSW
18
AUT TRM
Ret
NC 0
2010 GT300 SUZ
13
OKA
12
FSW
Ret
SEP SUG
13
SUZ
1
FSW
C
TRM
10
11位 21
2011 GT300 OKA
8
FSW
18
SEP
8
SUG
Ret
SUZ
1
FSW
6
AUT
1
TRM
6
4位 56
2012 スバル・BRZ GT300 OKA
Ret
FSW
9
SEP
8
SUG
10
SUZ
Ret
FSW
6
AUT
4
TRM
15
14位 19
2013 GT300 OKA
5
FSW
Ret
SEP
4
SUG
6
SUZ
1
FSW
9
AUT
7
TRM
3
4位 66

エピソード編集

  • South High School 11年生のとき、オールAの成績を取り、父親からの条件をクリア。初めてのクルマ”トヨタカローラSR-5”を中古で購入。
  • 16歳で免許を取得したころ、毎日家のガレージで3時間車庫入れをしていたが「車庫入れが運転がうまくなる第一歩」と言っている。
  • ジムカーナ会場ではEF8型CR-Xで参戦していた当時、その車のカラーリングがリゲインに似ていた(車のカラーリングは黒地に黄色のロゴであったが)ことから、出走時に「勇気のしるし」が流れる。ジムカーナの実況アナウンサーからは「24時間戦えるドライバー」と称されていた。
  • スタート位置が変更された鈴鹿サーキットでの初レースでのポールポジション獲得者。
  • ジムカーナキングの異名を持ち、GTでも前人未到の3連覇を達成しているが、自身のジムカーナのデビュー戦はアルトワークスで転倒、レースのデビュー戦はGA2型シティで予選落ちであった。
  • SUPER GTに参戦してもジムカーナを辞めない理由として「ジムカーナが最も運転がうまくなるカテゴリー」と断言している。
  • ツインリンクもてぎ開催のミジェットレーシング選手権の初代チャンピオン。
  • 上智大学自動車部OB会長を務めている。
  • 令和元年度茨城県表彰「特別功労賞」受賞。SUPER GT3年連続シリーズチャンピオン、全日本ジムカーナ選手権優勝114回&シリーズチャンピオン19回が選考理由。
  • 茨城県守谷市「もりや広報大使」を委嘱される。
  • 東京2020オリンピック聖火ランナーに選出される。

外部リンク編集