メインメニューを開く

山陰労災病院

日本の鳥取県米子市にある病院

山陰労災病院(さんいんろうさいびょういん、英文名称:SAN-IN ROSAI HOSPITAL)は、鳥取県米子市皆生新田一丁目にある独立行政法人労働者健康安全機構が運営する病院である。

Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 山陰労災病院
病院外観
情報
正式名称 独立行政法人労働者健康安全機構 山陰労災病院
英語名称 Sanin Rosai Hospital
前身 労働福祉事業団 山陰労災病院
許可病床数

383床


一般病床:383床
機能評価 一般200床以上500床未満:Ver5.0
開設者 独立行政法人労働者健康安全機構
管理者 石部裕一(院長)
開設年月日 1963年6月
所在地
683-8605
鳥取県米子市皆生新田一丁目8番1号
位置 北緯35度27分7秒
東経133度21分53秒
座標: 北緯35度27分7秒 東経133度21分53秒
二次医療圏 西部
PJ 医療機関
テンプレートを表示

沿革編集

  • 1963年(昭和38年)6月 7診療科200床で開院。
  • 2004年(平成16年)4月1日 - 運営法人を労働福祉事業団より独立行政法人労働者健康福祉機構へ移行。
  • 2016年(平成28年)4月1日 - 運営する法人が、独立行政法人労働者健康福祉機構から独立行政法人労働者健康安全機構へ改組される。

診療科編集

院内サービス編集

交通アクセス編集

バス停留所編集

正面玄関前に日本交通日ノ丸自動車の路線バスが発着するバス停留所(停留所名は労災病院)があり、公共交通機関による交通アクセス条件も良好であるといえる。

医師剣士編集

同病院に勤務する麻酔科医師が第58回全日本剣道選手権大会に鳥取県代表として出場し、ベスト8に進出した。警察官が多勢を占める大会で唯一の医師剣士であり、警察官以外の出場選手が上位入賞を果たすことは稀である。

不祥事編集

同病院は、鳥取県立厚生病院が、本来、来院時1人の患者には請求できない院内トリアージ実施料を誤請求していたと報道されたことを受けて調査。その結果、院内トリアージ実施料の算定を開始した2013年4月24日から2014年7月28日までの間に、実施料を請求した3249件のうち60件が対象外となることが分かった。また、中国四国厚生局トリアージ実施者の届け出をしていない看護士トリアージを実施し、院内トリアージ実施料を算定していたケースが432件あり、計492件(49万2000円分)の実施料を不正に算定していたことが判明した。[1]

脚注編集

外部リンク編集