メインメニューを開く

山陽・東海道殺人ルート

十津川警部シリーズ > 山陽・東海道殺人ルート

山陽・東海道殺人ルート』(さんようとうかいどうさつじんルート)は、西村京太郎の推理小説。1989年7月に講談社から出版された。

山陽・東海道殺人ルート
著者 西村京太郎
発行日 1989年7月
発行元 講談社
ジャンル 小説
日本の旗 日本
言語 日本語
ページ数 312
コード ISBN 4334738249
ISBN 978-4334738242(文庫本)
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

ストーリー編集

上り特急「さくら」(リメイク版では「はやぶさ」)の個室寝台カルテットで、5千万円を持った男女2人が銃殺された。捜査を進める中、彼等の持っていた5千万円は、未解決となっていた4年前の身代金誘拐事件に使われた物と判明する。被害者の父親、及川俊郎が有力容疑者として捜査線上に浮上した。しかし、彼には同じ日に後から博多を出る特急「あさかぜ82号」(リメイク版では後から山陽本線に合流する「サンライズ出雲」)に乗っていたという決定的なアリバイが発覚した。十津川捜査班が山陽・東海道を走る列車を使ったトリック解明に挑む。

登場人物編集

警視庁編集

  • 久保 - 警視庁科学研究所の技師。札束に特殊インクが塗られていると突き止めた。

その他編集

  • 及川俊郎 - 4年前の少女誘拐事件で娘を殺害され、身代金を奪われた父親。
  • 杉浦明 - スーパーのチェーン店の社長で、国家公安委員も務める。
  • 長山卓也 - 「さくら」で殺害された男。元レストランのオーナー。
  • 小野内ゆう子(リメイク版では小野内亜矢) - 「さくら」で殺害された女性。

テレビドラマ編集

1990年版編集

西村京太郎トラベルミステリー17・山陽・東海道殺人ルート』は、テレビ朝日系列2時間ドラマ土曜ワイド劇場』(毎週土曜日21:02 - 22:51、JST)で1990年1月13日に放送された。主演は三橋達也

キャスト
その他

さくら」「あさかぜ」が舞台。「みずほ」がアリバイトリックとして使われた。 1990年版では被害者の女性が事件に遭う前、車掌に食堂車について尋ねていたが、2008年時点では廃止となっていたため、2008年版では車掌が『名古屋から車内販売があります』と案内していた。

2008年版編集

西村京太郎トラベルミステリー50・山陽~東海道連続殺人ルート』は、テレビ朝日系列2時間ドラマ土曜ワイド劇場』(土曜日21:00 - 23:21、JST)で2008年9月27日に放送された。主演は高橋英樹

テレビ朝日開局50周年記念番組。

キャスト
その他

はやぶさ」「サンライズ出雲」が舞台。ヘリコプターがアリバイトリックとして使われた。 1990年版とは誘拐犯のリーダーの末路が異なる。

元警部・山内役で出演した高田純次は、第58作より亀井刑事の役で出演している。