山高 親之(やまたか ちかゆき)は、戦国時代武将甲斐武田氏の家臣。

 
山高親之
時代 戦国時代
生誕 永正6年(1509年
死没 永禄9年6月18日1566年7月15日
官位 石見
主君 武田信虎信玄
氏族 山高氏
父母 父:山高信之
テンプレートを表示

山高氏は甲斐武田氏の庶流。甲斐国巨摩郡山高を領した。

親之は武川衆十二騎でも随一と称されたという。武田信虎信玄の二代に仕え、後に信玄の弟・武田信繁配下となる。永禄4年(1561年)、第四次川中島の戦いに出陣するが、信繁はこの合戦で討死してしまう。そこで親之はその首級を敵より奪還し、信玄の下へ帰還した。

永禄9年(1566年)、死去。父と同じく山高村の高龍寺に葬られた。