メインメニューを開く

岐阜市歴史博物館(ぎふしれきしはくぶつかん、Gifu City Museum of History)は、岐阜県岐阜市市営の博物館である。岐阜城のある金華山麓の岐阜公園内にある。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 岐阜市歴史博物館
Gifu City Museum of History
Gifu City Museum of History 1.JPG
施設情報
専門分野 岐阜市の歴史と伝統工芸
事業主体 岐阜市
開館 1985年(昭和60年)11月
所在地 500-8003
岐阜県岐阜市大宮町2丁目18-1(岐阜公園内)
位置 北緯35度26分0.27秒 東経136度46分22秒 / 北緯35.4334083度 東経136.77278度 / 35.4334083; 136.77278座標: 北緯35度26分0.27秒 東経136度46分22秒 / 北緯35.4334083度 東経136.77278度 / 35.4334083; 136.77278
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:GLAM

主に岐阜市の歴史と伝統工芸を紹介している。戦国ワンダーランドと称して織田信長の時代の楽市楽座などを原寸大で復元した体感・体験型の展示施設がある。

目次

沿革編集

  • 1972年(昭和47年) - 社会教育委員会の意見書を受けて設立準備。
  • 1985年(昭和60年)11月 - 開館。開館記念展「近世大名の生活と美」。
  • 1994年(平成6年)4月 - 加藤栄三・東一記念美術館が岐阜市に移管され、歴史博物館の分館となる。
  • 1994年(平成6年)11月 - 入館者数100万人を超える。
  • 1995年(平成7年)3月 - リニューアルオープンし、新しい総合展示室が披露される。同年11月1日に開館20年を迎える。
  • 1996年(平成8年)1月 - 岐阜市・柳津町合併に伴い、柳津歴史民俗資料室が歴史博物館の分室となる。
  • 2017年(平成29年)4月1日 - 甲冑研究家・吉田幸平の収集品117件を寄贈され、一部を公開[1]

主な収蔵品編集

歴史資料編集

鵜飼関連資料編集

  • 鵜飼用具一式 重要有形民俗文化財
  • 「鵜飼遊楽図」六曲1隻 江戸時代中期 紙本著色
  • 「長良川上覧鵜飼図」狩野晴真 2幅 江戸時代後期 絹本著色
  • 「公家遊楽図」六曲1隻 江戸時代 紙本著色
  • 「十二ヶ月花鳥図」狩野洞雲 六曲一双 江戸時代中期 絹本著色
  • 「十二ヶ月花鳥図」月岡雪斎 1冊 江戸時代後期 絹本著色
  • 「鵜飼図」 松川半山筆 1幅 江戸時代後期 絹本著色
  • 長良川鵜飼図」牧田種麿 1幅 江戸時代後期 - 明治 絹本著色
  • 「木曽六十九駅 加納」歌川豊国(三代)画 1枚
  • 「鵜飼図長襦袢」 
  • 「染付鵜飼図大皿」
  • 「鵜飼図印籠」

伝統工芸品編集

隣接施設編集

 
加藤栄三・東一記念美術館

施設情報編集

  • 開館時間
午前9時~午後5時 入館は午後4時30分まで
  • 休館日
毎週月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)
祝日の翌日
年末・年始
  • 入館料
大人 300円
小・中学生 240円
(団体割引き有り)
下記対象は入館無料
  • 岐阜市内の70歳以上。
  • 岐阜市内の身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳の交付を受けているか、その介護者。
  • 家庭の日(毎月第3日曜日)に入館する中学生以下の児童・生徒。
  • 家庭の日(毎月第3日曜日)に入館する中学生以下の児童・生徒に同伴する家族(高校生以上)。但し特別展を除く。
  • 市内の小中学生(特別展は除く)

交通編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 山野拓郎 (2017年4月11日). “岐阜市出身の甲冑研究家遺族、収集品117件寄贈 市歴博へ”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 岐阜全県版 

関連項目編集

外部リンク編集