メインメニューを開く

岐阜県第3区(ぎふけんだい3く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

日本の旗岐阜県第3区
衆議院小選挙区 岐阜県2.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 関市美濃市羽島市各務原市山県市瑞穂市本巣市岐阜市(旧柳津町域)、羽島郡本巣郡
(2017年7月16日現在)
比例区 東海ブロック
設置年 1994年
選出議員 武藤容治
有権者数 426,481人
1.79 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2018年9月登録日)
テンプレートを表示

区域編集

歴史編集

中選挙区時代は「旧岐阜1区」の一部にあたり、武藤嘉文(各務原市・関市などが地盤)・大野明(羽島市・羽島郡および山県郡などが支持地域)・松野幸泰(本巣郡を地盤)の3人の自由民主党代議士の地盤が混在していたが、小選挙区制が初めて導入された第41回衆議院議員総選挙(1996年)にあたり武藤が自民党公認候補となった。武藤は中選挙区時代の第31回衆議院議員総選挙(1967年)から第43回衆議院議員総選挙(2003年)連続13回当選を果たした。

一方、岐阜市(岐阜県第1区)を取り巻く岐阜・名古屋圏のベットタウンという地域的特性や、岐阜県内で比較的労働組合の活動が盛んな地域であり、中選挙区時代は複数の自民党代議士の支持基盤が混在していた政治的事情もあり、保守王国である岐阜県でも非自民候補が善戦する選挙区でもあった。2003年の第43回衆議院議員総選挙では民主党園田康博が善戦し総選挙区では武藤に敗れたものの比例復活当選。小選挙区制度導入後、県内の小選挙区で立候補した非自民候補が初めて議席を獲得することになった。

2005年の第44回衆議院議員総選挙直前に武藤嘉文が引退を表明。後任の自民党候補をめぐり、自民党岐阜県連は嘉文の二男容治大野泰正(大野明・大野つや子夫妻の子息)と調整していたが、泰正が郵政民営化法案に反対していたことから、同党岐阜県連からの申請を待たず自民党本部は武藤容治を公認した。県連側は「党本部による頭越しの公認」と党本部に反発する場面もあった[1]。選挙は、容治が嘉文から地盤を引き継ぎ初当選、園田も比例復活で議席を守った。

2009年の第45回衆議院議員総選挙では政権交代の波に乗り園田が当選。小選挙区導入後初めて非自民候補が県内の小選挙区で勝利した。いっぽう容治は比例復活も出来ずに落選し、小選挙区制導入後初めて岐阜県下5選挙区で自民候補が議席を失う結果となった[2]。選挙後まもなく武藤嘉文が死去。

2012年の第46回衆議院議員総選挙ではが容治が返り咲き、園田は比例復活も出来ずに落選した。

2014年の第47回衆議院議員総選挙でも容治が議席を守る。一方園田は比例復活も出来ずに落選、選挙後政界引退。

2017年の第48回衆議院議員総選挙では、容治が早々と出馬表明したのに対し、民進党(旧民主党)は園田の後継候補が難航し、直前に阪口直人を鞍替えで擁立[3]させたが、民進党の事実上の分裂に伴い阪口は希望の党に転籍して立候補。選挙は容治が4選。

小選挙区選出議員編集

選挙結果編集

解散日:2017年9月28日 投票日:2017年(平成29年)10月22日
当日有権者数:426,163人 最終投票率:53.94%(前回比:+3.28ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
武藤容治62自由民主党127,308票
56.9%
――公明党推薦
阪口直人54希望の党68,404票
30.6%
53.7%
井上諭50日本共産党28,093票
12.6%
22.1%

解散日:2014年11月21日 投票日:2014年(平成26年)12月14日
当日有権者数:416,478人 最終投票率:50.68%(前回比:-8.52ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
武藤容治59自由民主党107,872票
52.6%
――公明党
園田康博47民主党77,074票
37.6%
71.4%
服部頼義56日本共産党20,276票
9.9%
18.8%

解散日:2012年11月16日 投票日:2012年(平成24年)12月16日
当日有権者数:418,209人 最終投票率:59.20%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
武藤容治57自由民主党120,865票
50.8%
――公明党
園田康博45民主党70,107票
29.5%
58.0%国民新党
木村周二55日本未来の党30,893票
13.0%
25.6%
服部頼義54日本共産党15,979票
6.7%
13.2%

解散日:2009年7月21日 投票日:2009年(平成21年)8月30日
当日有権者数:416,239人 最終投票率:70.6%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
園田康博42民主党165,017票
57.4%
――
武藤容治53自由民主党116,353票
40.4%
70.5%
馬渕保彦45幸福実現党6,341票
2.2%
3.8%

解散日:2005年8月8日 投票日:2005年(平成17年)9月11日
当日有権者数:411,134人 最終投票率:69.41%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
武藤容治49自由民主党137,562票
49.3%
――
比当園田康博38民主党120,598票
43.2%
87.7%
山田一枝65日本共産党21,091票
7.6%
15.3%

解散日:2003年10月10日 投票日:2003年(平成15年)11月9日 最終投票率:60.79%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
武藤嘉文76自由民主党115,221票
47.8%
――
比当園田康博36民主党110,796票
45.9%
96.2%
宮川勝義61日本共産党15,278票
6.3%
13.3%

解散日:2000年6月2日 投票日:2000年(平成12年)6月25日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
武藤嘉文73自由民主党129,842票
53.0%
――
園田康博33民主党89,874票
36.7%
69.2%
小川理47日本共産党25,042票
10.2%
19.3%

解散日:1996年9月27日 投票日:1996年(平成8年)10月20日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
武藤嘉文69自由民主党117,933票
53.1%
――
吉岡徹男48新進党75,038票
33.8%
63.6%
倉田倬治64日本共産党29,071票
13.1%
24.7%

脚注編集

  1. ^ “驚いていると武藤容治氏 衆院岐阜3区”. 共同通信社. 47NEWS. (2005年8月16日). http://www.47news.jp/CN/200508/CN2005081601001149.html 2013年9月7日閲覧。 
  2. ^ 岐阜県においては小選挙区導入後全選挙区自民党候補がすべて制していたが、2009年総選挙では岐阜1区(野田聖子)・岐阜3区(武藤容治)・岐阜5区(古屋圭司)の自民党3現職が敗れる波乱が起きた。野田・古屋は比例東海ブロックで復活当選。
  3. ^ 阪口は和歌山2区比例近畿ブロック選出の元職。第47回衆議院議員総選挙では和歌山2区で出馬したが落選。次期総選挙では三重県第4区に民進党公認で出馬予定であったが、民進党は三重県の選挙区減少のため後継候補不在だった岐阜県第3区に鞍替え

関連項目編集