岐阜県道56号南濃関ケ原線

日本の岐阜県の道路

岐阜県道56号南濃関ケ原線(ぎふけんどう56ごう なんのうせきがはらせん)は、岐阜県海津市南濃町から同県不破郡関ケ原町に至る主要地方道である。

主要地方道
Japanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
岐阜県道56号標識
主要地方道 南濃関ケ原線
薩摩カイコウズ街道
制定年 1977年(昭和52年)
起点 岐阜県海津市南濃町
終点 岐阜県不破郡関ケ原町
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0258.svg 国道258号
岐阜県道25号南濃北勢線
岐阜県道96号大垣養老公園線
Japanese National Route Sign 0365.svg 国道365号
E1 名神高速道路
Japanese National Route Sign 0021.svg 国道21号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
岐阜県道56号南濃関ケ原線、養老郡養老町一色にて

概要編集

 
起点となる国道258号との駒野交差点で岐阜県道8号津島南濃線に接続する

起点および終点が一般国道指定区間路線である国道258号国道21号と接続し、大垣市街地[注釈 1]を通過することなく連絡する。1991年平成3年)に岐阜県と鹿児島県の姉妹県盟約20周年を記念して鹿児島県木のカイコウズが沿道に植栽され、“薩摩カイコウズ街道”の愛称が付されている。

路線データ編集

岐阜県法規集[1]に基づく起終点および経過地は次のとおり

路線状況編集

通称編集

 
県道標識と薩摩カイコウズ街道の標識
薩摩カイコウズ街道
“カイコウズ”とは学名をアメリカデイゴといい、1966年昭和41年)に鹿児島県木として制定された樹木である[2][3]江戸時代に、度重なる洪水が発生していた輪中治水対策として、木曽三川を分流させる宝暦治水薩摩藩が実施した[4]ことが縁で1971年昭和46年)に岐阜県と鹿児島県が姉妹県盟約として締結し、1991年(平成3年)の姉妹県盟約締結20周年事業として、鹿児島県の木であるカイコウズが当路線を中心に海津市の木曽三川公園から[5]関ケ原町までの35kmにわたって植栽された[2][6]
 
養老町竜泉寺交差点にて、周辺沿線には養老ミート本社工場があり、多くの飛騨牛などの焼肉店がある
養老焼肉街道
養老町内では、焼肉店が集合して沿道に軒を連ねていることから、“養老焼肉街道”と呼称される[7]

重複区間編集

  • 国道365号(大垣市上石津町牧田・牧田小学校南交差点 - 不破郡関ケ原町大字関ケ原・中町交差点)

道路施設編集

  • 広瀬橋(牧田川、大垣市上石津町牧田)

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

海津市
養老郡養老町
大垣市
 
岐阜県道227号牧田室原線との重複区間となる牧田川に架かる広瀬橋、大垣市上石津町牧田にて
 
大垣市上石津町牧田の牧田小学校南交差点から国道21号に接続する終点となる不破郡関ケ原町一ツ軒交差点までの区間は、国道365号との重複区間となる
不破郡関ケ原町

沿線編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 当路線が通過する大垣市は、平成の大合併以前は養老郡上石津町であった地域である。

出典編集

  1. ^ 県道の路線認定(昭和52年2月27日岐阜県告示第120号)”. 岐阜県法規集. 岐阜県. 2013年1月27日閲覧。
  2. ^ a b 薩摩カイコウズ街道”. 海津市役所商工観光課. 2013年1月27日閲覧。
  3. ^ シンボル(県木・県鳥・県花)”. 鹿児島県知事公室広報課. 2013年1月27日閲覧。
  4. ^ 宝暦治水250周年特集号 (PDF). 木曽川文庫 KISSO. 51. 国土交通省中部地方整備局木曽川下流河川事務所. (2004年夏) 
  5. ^ Google マップ”. Google. 2013年1月27日閲覧。
  6. ^ 鹿児島県との交流について”. 岐阜県秘書広報部門広報課. 2013年1月27日閲覧。
  7. ^ 養老 焼肉街道を往く”. 大垣地域ポータルサイト 西美濃. 2013年1月19日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集