岐阜県道73号高山清見線

日本の岐阜県の道路

岐阜県道73号高山清見線 (ぎふけんどう73ごう たかやまきよみせん)は、岐阜県高山市上切町から同市清見町大原に至る県道主要地方道)である。

主要地方道
Japanese Route Sign Number 7.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
岐阜県道73号標識
岐阜県道73号高山清見線
総延長 約30 km
実延長 28.939 km[1]
起点 岐阜県高山市上切町
終点 岐阜県高山市清見町大原
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0041.svg 国道41号
Japanese National Route Sign 0158.svg 国道158号

Japanese National Route Sign 0257.svg 国道257号

テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
岐阜県道73号高山清見線、高山市下之切町にて

概要編集

飛騨北部方面と郡上市方面を結ぶ幹線道路。別名「飛騨せせらぎ街道」。東海北陸道中部縦貫道開通前は岐阜市・高山市間の最短ルートであった。

高山市上切町の上切町交差点(国道41号高山国府バイパス高架下)が起点。川上川沿いに南西に向かう。新宮町交差点で国道158号と接続し、重複区間となり南西に向かう。清見町の三日町交差点で国道158号と分かれ、川上川に沿って南西に進む。西ウレ峠を越えて、馬瀬川に沿って進み、高山市清見町大原の国道257号との交点が終点。

路線データ編集

  • 起点:岐阜県高山市上切町[2](上切町交差点=国道41号(国道472号重複)交点)
  • 終点:岐阜県高山市清見町大原(国道257号(国道472号重複)交点)
  • 総延長:約30 km
  • 実延長:28.939 km[1]

歴史編集

  • 1993年平成5年)5月11日 - 建設省から、県道谷高山線の一部、県道名張新宮線の一部および県道高山八幡線の一部が高山清見線として主要地方道に指定される[3]
  • 2016年(平成28年)3月31日 - 区域および起点の変更。起点が高山市冬頭町(冬頭町交差点)から短縮され、同市上切町(上切町交差点)に変更される[2]

路線状況編集

別名編集

重複区間編集

 
国道158号との重複区間、高山市新宮町にて
  • 国道158号国道472号重複:高山市 新宮町交差点・高山市清見町 三日町交差点間)
  • 国道257号(国道472号重複:高山市清見町楢谷・高山市清見町大原間)

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

主な峠編集

  • 西ウレ峠(高山市):日本海側と太平洋側の分水嶺

周辺編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 令和元年岐阜県統計書 (PDF)”. 岐阜県. pp. 180-181 (2020年7月). 2020年10月25日閲覧。
  2. ^ a b 岐阜県告示第228号 (PDF)”. 岐阜県公報号外7 平成28年3月31日. 岐阜県. p. 3 (2016年3月31日). 2022年5月21日閲覧。
  3. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省

関連項目編集