岐阜競輪場(ぎふけいりんじょう)は、岐阜県岐阜市にある競輪場。施設所有および主催は岐阜市。競技実施はJKA中日本地区本部中部支部。

岐阜競輪場
地図
基本情報
所在地 岐阜県岐阜市東栄町5-16-1
座標 北緯35度24分51.1秒 東経136度47分2.1秒 / 北緯35.414194度 東経136.783917度 / 35.414194; 136.783917座標: 北緯35度24分51.1秒 東経136度47分2.1秒 / 北緯35.414194度 東経136.783917度 / 35.414194; 136.783917
電話投票 43#
開設 1949年(昭和24年)9月24日
施行者 岐阜市
走路 400m
重勝式投票 Kドリームス
公式サイト 岐阜競輪ホームページ
配信サイト ケイリンライブ!
実況
担当 松本剣志
記念競輪
名称 長良川鵜飼カップ
開催月 9月(次回は2024年)
テンプレートを表示

概要 編集

岐阜競輪場は1949年に開設された。記念競輪 (GIII) は2008年から長良川鵜飼カップ(2007年まで「金華賞争奪戦」、それ以前は「岐阜グランプリ争奪戦」)の名称で開催されており、かつては12月に開催されていたが近年は9月に開催されている。特別開催は過去に1996年2001年2011年オールスター競輪、また2006年2021年[注 1]共同通信社杯が、2024年には読売新聞社杯全日本選抜競輪が開催された。

イメージキャラクターは長良川鵜飼PRマスコット「うーたん」の競輪場仕様で、それにちなみ「うーたんカップ争奪戦」も開催されている。

2004年4月から2015年3月までCS放送のスポーツ専門チャンネルEXスポーツにおいて「ケイリンライブ!」(2012年9月までの番組名は「ケイリンライブ!282(ツーパーツー)」)の放送を行っていた。

トータリゼータシステム日本ベンダーネット2003年4月3連単導入時にオムロンから変更)を採用していたが、2016年11月15日から富士通フロンテックを採用している。

2008年7月23日から重勝式車券にあたるKドリームスの発売が行われるようになった。

ミッドナイト競輪は当初は他場で借り上げにて開催してきたが、2024年5月4日の開催より自場で開催される事になった[1][2]。また、ナイター競輪も実施していなかったが、同年7月22日より実施される[3]

2022年9月記念競輪 (GIII) を最後に施設の改修工事のため本場開催を一時的に休止していた[4](休止期間中は大垣競輪場を借り上げてのミッドナイト競輪開催のほか、同年12月と2023年2月に豊橋競輪場を借り上げての昼間開催が行われた[5][6])。

2024年1月20日、旧バックスタンドを解体した上で作られた新管理棟が完成し竣工式を実施[7][8]。新管理棟は全国の競輪場で初となる女性専用宿泊室を備えたほか、地元若手選手育成のための道場も新設された。また、併せてナイター照明設備も設置したことで、今後は自場でのナイター競輪やミッドナイト競輪の開催も可能になった[注 2]。のちに、25日からのFI戦で本場開催を再開した。

バンク 編集

400mバンクを採用。クセのない標準的なバンクで直線も長いため、どの脚質の選手でも存分に力を発揮できるバンクである。なお走路の内側に大きな池があるのが特徴で、これにより選手がペダルを踏む感覚である「バンクの重さ」への注意が必要となる。

ホームバンクとする主な選手 編集

歴代記念競輪優勝者 編集

優勝者 登録地
2002年 渡邊秀明 神奈川
2003年 荒井崇博 佐賀
2004年 加藤慎平 岐阜
2005年 松本一成 新潟
2007年 濱口高彰 岐阜
2008年
2009年 坂本亮馬 福岡
2010年 永井清史 岐阜
2012年 浅井康太 三重
2013年 村上義弘 京都
2014年 山崎芳仁 福島
2015年
2016年 武田豊樹 茨城
2017年 成清貴之 千葉
2018年 桑原大志 山口
2019年 太田竜馬 徳島
2020年 郡司浩平 神奈川
2022年 松浦悠士 広島
2024年
※1節4日間制開催となった、2002年4月以降の歴代記念競輪優勝者を列記。

アクセス 編集

JR東海東海道線高山本線岐阜駅から当場まで無料送迎バスが運行されている。

2005年までは名鉄美濃町線田神線競輪場前駅があり、アクセスとなっていた。

競輪場前駅廃止後は田神駅名鉄各務原線)が最寄り駅となっている。徒歩15分。

岐阜バスの場合、快速イオンモール各務原線・岐阜各務原線(平日のみ運行)・尾崎団地線「競輪場前」下車、または岐阜関線・岐阜美濃線・大洞団地線・岐阜日野線・岐阜聖徳学園大線「岐阜日産前」下車、徒歩5分。

関連項目 編集

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ 当初はCOVID-19の影響で入場制限した上での開催となる予定だったが、岐阜県独自の緊急事態宣言の影響で無観客で開催された。
  2. ^ 以前は、ミッドナイトのみを大垣や小倉を借り上げて開催を行っていた。

出典 編集

  1. ^ 令和6年度 新規ナイター競輪・ミッドナイト競輪開催場 及び各種企画レース等の実施場について” (PDF). JKA (2024年2月7日). 2024年2月10日閲覧。
  2. ^ 2024年度上期(4月~9月)開催日程について”. KEIRIN.JP (2024年2月7日). 2024年2月10日閲覧。
  3. ^ 全国競輪開催日程予定一覧表(令和6年4月)” (PDF). JKA (2024年2月7日). 2024年2月10日閲覧。
  4. ^ 『本場開催』”. 岐阜競輪 服部佳代子コラム. 2023年2月10日閲覧。
  5. ^ 『岐阜競輪本場開催ロス』”. 岐阜競輪 服部佳代子コラム. 2023年2月10日閲覧。
  6. ^ 『ギフチョウカップが終わりました』”. 岐阜競輪 服部佳代子コラム. 2023年2月10日閲覧。
  7. ^ KEIRINスポニチ [@sponichikeirin] (2024年1月21日). "【#岐阜競輪】". X(旧Twitter)より2024年1月21日閲覧
  8. ^ “岐阜競輪場新管理棟完成竣工式”. スポーツニッポン (スポーツニッポン新聞社). (2024年1月21日). https://keirinsponichi.jp/keirin_news/%E5%B2%90%E9%98%9C%E7%AB%B6%E8%BC%AA%E5%A0%B4%E6%96%B0%E7%AE%A1%E7%90%86%E6%A3%9F%E5%AE%8C%E6%88%90%E7%AB%A3%E5%B7%A5%E5%BC%8F/ 2024年2月10日閲覧。 

外部リンク 編集