メインメニューを開く

岡 就栄(おか なりひで、生没年不詳)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将毛利氏小早川氏の家臣。通称は与次郎、与三左衛門尉。受領名和泉。子に景忠

元々は奈須姓を名乗っていたが岡姓に改名した。毛利興元幸松丸元就に仕える。天文11年(1542年)、元就から安芸国高田郡北で一町七反半を下賜された。天文13年(1544年)、元就の三男小早川隆景の竹原小早川氏相続の際は元就の命で随行し、以後隆景の家臣となる。小早川家文書にある正月の座配立書では上座から10番目前後に記されている。

天正2年(1574年)、安芸呉保にて隆景から50貫を与えられた。天正7年(1579年)までの間に家督を子の景忠に譲っている。

参考文献編集