岡山 兼吉(おかやま けんきち、1854年7月31日(嘉永7年7月7日) - 1894年(明治27年)5月28日)は、明治時代弁護士衆議院議員(当選1回)。東京専門学校(早稲田大学の前身)および英吉利法律学校(中央大学の前身)の創設に参画したことでも知られる。梧堂

岡山 兼吉
おかやま けんきち
Okayama Kenkichi.jpg
生年月日 (1854-07-31) 1854年7月31日
出生地 遠江国城東郡横須賀
没年月日 (1894-05-28) 1894年5月28日(39歳没)
出身校 東京大学
所属政党 議員集会所

選挙区 静岡3区
当選回数 1回
在任期間 1890年7月1日 - 1891年12月25日
テンプレートを表示

略歴編集

遠江国城東郡横須賀(現在の静岡県掛川市)生まれ。初名重吉。父は横須賀藩の元締役。1865年(慶応元年)に同藩の三好家の養子となり、このとき兼吉と改名。維新後いったん実家に戻った後、別の家に養子に出された。東京開成学校を経て1882年東京大学を卒業。東大時代に高田早苗天野為之市島謙吉らと親交を得、鷗渡会のメンバーとなる。

弁護士業のかたわら東京専門学校で開校時から法律学を担当したが、やがて同校の神田進出および設立準備中の英吉利法律学校との合併を画策。1885年6月の評議員会で否決されるや山田喜之助とともに早稲田を離れ、英吉利法律学校に転じた。

1889年東京代言人新組合会長となる。1890年第1回衆議院議員総選挙で静岡3区から出馬して当選。次の選挙には出馬せず、1894年に死去。弁護士として請け負った訴訟件数は2300余に及んだという[1]

かつての同志だった市島謙吉は岡山について「若し天寿を相当保つたならば、恐らく政治家として将た事業家として大いに名を成したであらうに、一弁護士で終つたのは惜しむべきである」と評した[2]

主な著書編集

  • 『英米商法律原論』(共著、1884年)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『タイムトラベル中大125:1885→2010』 19頁
  2. ^ 市島謙吉 『随筆早稲田』 翰墨同好会・南有書院、1935年、136頁

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集