メインメニューを開く

岡山大学医療技術短期大学部(おかやまだいがくいりょうぎじゅつたんきだいがくぶ、英語: School of Health Sciences Okayama University[2])は、岡山県岡山市鹿田町2-5-1[1]に本部を置いていた日本国立大学である。1987年に設置され、2002年に廃止された。大学の略称は岡大医短。学生募集は1998年度まで。1999年度より岡山大学医学部保健学科の設置により短期大学は学生募集を停止し、2002年3月31日正式廃止[3]

岡山大学医療技術短期大学部
大学設置 1987年
創立 1922年
廃止 2002年
学校種別 国立
本部所在地 岡山県岡山市鹿田町2-5-1[1]
学部 看護学科
診療放射線技術学科
衛生技術学科
研究科 助産学特別専攻
テンプレートを表示

目次

概要編集

大学全体編集

教育および研究編集

  • 岡山大学医療技術短期大学部は医療技術者養成に特化した短大となっており、大学病院での臨床実習が取りいれられていた。

学風および特色編集

  • 岡山大学医療技術短期大学部は、1922年創立の岡山医科大学附属医院産婆看護婦養成科に始まり、とりわけ看護教育には伝統がある。現在、医学部保健学科においてもその伝統が受継がれている。

沿革編集

  • 1922年 岡山医科大学附属医院産婆看護婦養成科を置く。
  • 1945年 岡山医科大学附属病院委員厚生女学部と改称。
  • 1949年12月 岡山医科大学附属厚生女学部と改称。
  • 1951年 岡山大学医学部看護学校に改組。
  • 1955年 岡山大学医学部附属看護学校に改組。
  • 1987年 岡山大学医学部附属看護学校を発展改組して岡山大学医療技術短期大学部を置き、以下の学科とする。
    • 看護学科:在学者数は女子81[4]
    • 診療放射線技術学科:在学者数は40(うち女子5)[4]
    • 衛生技術学科:在学者数は40(うち男子6)[4]
  • 1998年度をもって学生募集を終了。翌年度より岡山大学医学部に発展改組。学生数(看護学科:男2、女238 診療放射線学科:男58、女73 衛生技術学科:男7、女116[5]

基礎データ編集

所在地編集

  • 岡山県岡山市鹿田町2-5-1[1]

象徴編集

教育および研究編集

組織編集

学科編集

  • 看護学科
  • 診療放射線技術学科
  • 衛生技術学科

専攻科編集

  • 助産学特別専攻

別科編集

  • なし

取得資格について編集

受験資格

大学関係者と組織編集

大学関係者一覧編集

大学関係者編集

歴代学長

施設編集

キャンパス編集

  • 設備:岡山大学鹿田キャンパス内に短大独自の校舎があった。鹿田キャンパスの概要については、岡山大学を参照。

対外関係編集

卒業後の進路について編集

就職について編集

  • 岡山大学病院をはじめ医療機関への就職者が多いものとなっていた。

編入学・進学実績編集

  • 看護学科では、本短大の専攻科へ進学した人もいる。

短期大学関連書物編集

  • 『岡山大学医療技術短期大学部10周年記念誌』:岡山市立図書館に所蔵されている。

参考文献編集

関連項目編集

関連サイト編集

脚注編集

  1. ^ a b 現在は、岡山県岡山市北区鹿田町2-5-1
  2. ^ http://ci.nii.ac.jp/ncid/AN10355371より。2014年12月20日閲覧。
  3. ^ 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』244頁より。
  4. ^ a b c 昭和63年度版『全国学校総覧』(以下『総覧』と略す。)42頁より。
  5. ^ 1999年度版『総覧』49頁より。
  6. ^ 岡山市立中央図書館に所蔵されている。