メインメニューを開く

岡山大学病院三朝医療センター

岡山大学病院三朝医療センター(おかやまだいがくびょういんみささいりょうセンター)は、鳥取県東伯郡三朝町にあった、国立大学法人岡山大学の附属大学病院だった。岡山県岡山市北区にある岡山大学病院の分院だった。

Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 岡山大学病院三朝医療センター

Okayama University Hospital Misasa Medical Center.jpg病院外観

情報
前身 岡山医科大学三朝温泉療養所
岡山大学医学部附属病院三朝分院
開設者 国立大学法人岡山大学
開設年月日 1939年7月28日
閉鎖年月日 2016年2月6日
所在地
682-0192
位置 北緯35度24分48秒 東経133度52分51.5秒 / 北緯35.41333度 東経133.880972度 / 35.41333; 133.880972 (岡山大学病院三朝医療センター)座標: 北緯35度24分48秒 東経133度52分51.5秒 / 北緯35.41333度 東経133.880972度 / 35.41333; 133.880972 (岡山大学病院三朝医療センター)
PJ 医療機関
テンプレートを表示
岡山大学病院三朝医療センターの位置(鳥取県内)
岡山大学病院三朝医療センター
三朝医療センターの位置(鳥取県)

世界有数の放射能温泉である三朝温泉にあり、大学附属の病院として、複合温泉療法などを取り入れた地域医療にも注力していた。 隣接して岡山大学地球物質科学研究センターがある。

植木等が晩年、当院に入院し温泉療法を使っていたことがある[1]

沿革編集

診療科編集

交通アクセス編集

脚注編集

外部リンク編集