岡山県道377号山口押撫線

日本の岡山県の道路

岡山県道377号山口押撫線(おかやまけんどう377ごう やまぐちおしなでせん)は、岡山県笠岡市山口と笠岡市押撫を結ぶ一般県道である。

一般県道
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 7.svgJapanese Route Sign Number 7.svg
岡山県道377号標識
岡山県道377号山口押撫線
実延長 8.7 km2015年4月1日現在) [1]
制定年 1960年昭和35年)
道路の方角 東西
起点 岡山県笠岡市山口
終点 岡山県笠岡市押撫
接続する
主な道路
記法
岡山県道48号笠岡美星線
岡山県道34号笠岡井原線
岡山県道3号井原福山港線
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

概要編集

笠岡市山口を起点としているものの、広域営農団地農道備南地区北幹線(通称・備南街道北線)を整備するために、笠岡市新賀(岡山県道48号笠岡美星線岡山県道168号新賀小坂東線 交点)から笠岡市東大戸(岡山県道34号笠岡井原線 交点)にかけて既存道路の本県道が活用され、それに伴う整備で新道設置と経路変更が行われたことで、事実上の起点は笠岡市新賀となっている。また、笠岡市押撫を終点としているもの、終点付近で並行していた笠岡市道を拡幅およびショートカットする形で新道設置が行われ、事実上の終点は笠岡市篠坂(岡山県道3号井原福山港線 交点)となっている。

路線データ編集

歴史編集

年表編集

路線状況編集

広域農営農団地農道備南地区北幹線(通称・備南街道北線)の一部として活用されている区間(新賀 - 東大戸)と、それ以外の区間(東大戸 - 押撫)とでは路線の整備状況が異なっている。岡山県道34号笠岡井原線を境として後者の区間では、一部に二輪車までしか通行できないコンクリート舗装の畦道区間(東大戸)が存在し、自動車では全線走破することはできない[3]

重用区間編集

  • 岡山県道48号笠岡美星線 (山口 - 新賀)
  • 岡山県道34号笠岡井原線 (東大戸)

通行不能区間編集

  • 自動車のみ有 (東大戸)

地理編集

通過する自治体編集

  • 岡山県
    • 笠岡市

通過する地域編集

  • 笠岡市
    • 山口 - 新賀 - みの越 - 東大戸 - 西大戸 - 入田(にゅうた) - 篠坂 - 押撫 

交差する道路編集

現道

  • 岡山県道48号笠岡美星線、岡山県道168号新賀小坂東線 (新賀)
  • 岡山県道34号笠岡井原線 (東大戸) …… 2地点で交差。
  • 岡山県道377号山口押撫線新道 (篠坂)
  • 岡山県道3号井原福山港線 (押撫)

新道

  • 岡山県道377号山口押撫線現道 (篠坂)
  • 岡山県道3号井原福山港線 (篠坂)

沿線の主な施設編集

並行する旧街道編集

  • 長迫道[5] (山口 - 東大戸)
  • 笠岡往来 (東大戸 - 押撫) …… 鴨方往来(備中浜街道)が整備される以前よりある備中笠岡備後福山を結ぶ道。福山往来、坪生古道とも、呼称は様々。
    • 入田番所跡 (入田) …… 備後福山藩1706年宝永3年)ごろまで小田郡の大戸村と入田村の境に設けていた番所[6][7]の備後表(びんごおもて)に必要とされていたイグサ染めに用いる粘土が付近一帯で産出されていたことから、その取り締まりに設けていたとされる[6][7]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ それまでは固定番号はなく、路線改廃の度に整理番号が変わっていた。

出典編集

  1. ^ a b 11 運輸及び通信 (表89) (XLS)”. 岡山県統計年報 平成27年版. 岡山県庁総合政策局統計分析課. 2017年5月4日閲覧。
  2. ^ 平成29年4月14日 第11880号 (告示第251号) (PDF)”. 岡山県公報. 岡山県庁. p. 9. 2017年5月4日閲覧。
  3. ^ 県民の皆さんから寄せられたご意見・ご提言 (平成21年9月) : 県道山口押撫線について”. マルチメディア目安箱. 岡山県庁. 2017年5月4日閲覧。
  4. ^ “山陽道篠坂PAにスマートIC 笠岡市が導入検討”. 山陽新聞 (山陽新聞社). (2016年6月15日). http://www.sanyonews.jp/article/366109/1/ 2017年5月4日閲覧。 
  5. ^ にいやま「文化を楽しみ育てる会」 2008, pp. 84-85.
  6. ^ a b ぶらり笠岡友の会 2009, p. 76.
  7. ^ a b 笠岡クイズ王選手権テキスト・問題作成委員会 2007, p. 129.

参考文献編集

  • ぶらり笠岡友の会『笠岡界隈ぶらり散策』日本文教出版〈岡山文庫 262〉、2009年。ISBN 978-4-8212-5262-6
  • にいやま「文化を楽しみ育てる会」『伝えたいわがふるさと 地域をあげて学校教育を支える』吉備人出版、2008年。
  • 笠岡クイズ王選手権テキスト・問題作成委員会『笠岡ふるさとガイド』笠岡市役所、2007年。

関連項目編集

外部リンク編集