メインメニューを開く

岡山県道428号倉敷西環状線

日本の岡山県の道路

岡山県道428号倉敷西環状線(おかやまけんどう428ごう くらしきにし かんじょうせん)は、岡山県倉敷市の酒津から広江二丁目に至る一般県道である。

一般県道
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 8.svg
岡山県道428号標識
岡山県道428号倉敷西環状線
路線延長 実延長 15.1 km [1]
道路の方角 北 ⇒ 南西 ⇒ 南東 ⇒ 南
北端 岡山県倉敷市酒津
「酒津交差点」
岡山県道24号倉敷清音線
南端 岡山県倉敷市広江二丁目
「広江一丁目交差点」
国道430号
岡山県道62号玉野福田線
接続する
主な道路
記法
岡山県道396号酒津中島線
岡山県道60号倉敷笠岡線
Japanese National Route Sign 0429.svg国道429号
Japanese National Route Sign 0430.svg国道430号
岡山県道275号藤戸連島線
岡山県道398号水島港唐船線
岡山県道188号水島港線
岡山県道274号福田老松線
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

概要編集

倉敷市の中心部(水島地区を含む)の外側(西南部)を半環状で各路線に連絡する。路線の前半区間は2車線の高梁川左岸堤防を利用した堤防道路、後半区間は都市計画道路として整備された4車線以上の街路となっている。[2]

路線データ編集

歴史編集

年表編集

  • 1983年昭和58年)
    • 倉敷市中畝三丁目 - 倉敷市東塚三丁目間の緩衝緑地の整備に着手。
  • 1987年(昭和62年)
    • 倉敷市中畝三丁目 - 倉敷市東塚三丁目間の緩衝緑地が「岡山県立都市公園水島緑地」として完成。
  • 1996年平成8年)度
    • 都市計画道路3・3・倉301号駅前古城池霞橋線のうち、唯一の未開通区間となっていた倉敷市連島町西之浦 - 倉敷市連島中央五丁目間が県事業として建設に着手。本県道のバイパス道路として事業化。[3][4][5]
  • 2008年(平成20年)2月6日15時
    • 倉敷市連島町西之浦 - 倉敷市連島中央5丁目間のバイパス道路のうち、1 km が部分供用開始。[5]
  • 2012年(平成24年)10月5日15時
    • 倉敷市連島町西之浦 - 倉敷市連島中央5丁目間のバイパス道路のうち、残る 0.6km が供用開始。[5]

路線状況編集

高梁川左岸に沿って走る堤防道路区間にはJR山陽本線の踏切があり、幅員が狭く大型車同士のすれ違いが困難。渋滞することがある。また、堤防道路区間のうち岡山県道396号酒津中島線(倉敷市水江)から国道429号(倉敷市片島町)にかけては、2車線道路であっても車線幅2.75mかつ外側線なしの狭小車線になっており、ガードレール未設置箇所も多いため、通行には注意を要する。

バイパス編集

  • 連島町西之浦 - 連島中央五丁目
    • 2012年(平成24年)10月5日に開通した 0.6 km を含む延長約 1.6 km の事業区間[5]。都市計画道路3・3・倉301号駅前古城池霞橋線に指定[2]。この区間における従来区間は、藤戸連島街道に並行する通称「連島街道」と呼ばれる道で、幅員が狭小(1.5車線)かつ歩道が未整備の上、大型車の通行が禁止されている箇所が存在。安全で円滑な交通の確保を図るため、1996年(平成8年)度からバイパス整備に着手。同区間のうち 1 km が2008年(平成20年)2月6日15時より、残る 0.6 km は2012年(平成24年)10月5日15時より供用開始。幅員 12.0 (22.0) m、車道幅員 3.0 m × 4車線、自転車歩行者道 幅員 3.0 m × 両側。[5]

重複区間編集

  • 岡山県道396号酒津中島線 (倉敷市酒津〔起点〕 - 倉敷市水江)
  • 国道429号 (倉敷市片島町 - 倉敷市連島町西之浦)
  • 国道430号 (倉敷市連島町西之浦)
  • 岡山県道398号水島港唐船線 (倉敷市神田一丁目)

道路施設編集

 
岡山県立都市公園水島緑地区間
  • 岡山県立都市公園水島緑地
    • 本県道の倉敷市中畝三丁目 - 倉敷市東塚三丁目間にある緑地帯。水島臨海工業地域と住居地域の間に設けられた面積 12.0 ha の緩衝緑地[6]で、園路や休憩舎等を備え、桜並木ソメイヨシノ)が約160本あり、隠れた桜名所として知られている[7]。1983年(昭和58年)から1987年(昭和62年)にかけて建設。

地理編集

通過する自治体編集

接続する主な道路編集

国道2号と交差するものの、当該地点の国道2号は地域高規格道路倉敷福山道路玉島バイパス)に指定されており、ランプウェーのある場所以外では出入りできない構造のため、本県道とは直接の接続はしていない。接続する主な道路は次のとおり。

沿線編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈

出典

  1. ^ a b 「岡山県統計年報」、岡山県庁総合政策局統計調査課、平成22年度版(表90)、2013年(平成25年)2月2日閲覧。
  2. ^ a b 「倉敷市都市計画図」、倉敷市役所建設局都市計画課、2013年(平成25年)2月2日閲覧。
  3. ^ 「都市計画道路一覧」 (平成24年3月31日現在版) (PDF)倉敷市公式ホームページ、倉敷市役所、2013年(平成25年)2月2日閲覧。
  4. ^ 「第7次倉敷市都市計画道路網整備五ヶ年計画」(平成24年度~平成28年度) (PDF)倉敷市公式ホームページ、倉敷市役所、2013年(平成25年)2月2日閲覧。
  5. ^ a b c d e 「県道倉敷西環状線の供用開始について」(2012年9月21日発表)『岡山県ホームページ』、2013年(平成25年)2月2日閲覧。
  6. ^ 「岡山県立の都市公園」『岡山県ホームページ』、岡山県庁、2013年(平成25年)2月2日閲覧。
  7. ^ 「県立都市公園・水島緑地」(特集: くらしき桜MAP)『倉敷観光WEB』、倉敷市観光情報発信協議会、2013年(平成25年)2月2日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集