岡山県道443号大井野千屋花見線

日本の岡山県の道路
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
岡山県道443号標識

岡山県道443号大井野千屋花見線(おかやまけんどう443ごう おおいのちやはなみせん)は、岡山県新見市内を通る一般県道である。

概要編集

路線データ編集

  • 起点:岡山県新見市大佐大井野(岡山県道317号千屋実大佐線交点)
  • 終点:岡山県新見市千屋花見(国道180号交点)
  • 総延長:7.4km
  • 実延長:総延長に同じ
  • 冬期閉鎖区間および閉鎖期間:新見市大佐大井野 - 新見市千屋花見間(4.0km、12月15日 - 翌年3月31日

沿革編集

  • 1973年1月30日 岡山県告示第86号により認定される。
  • 2005年3月31日 新見市と阿哲郡の全4町が対等合併して改めて新見市が発足したことに伴い全線が新見市域のみを通る路線になり、併せて起点の地名表記が変更される(阿哲郡大佐町大井野→新見市大佐大井野)。
  • 2006年4月1日 県道の管理権限を岡山県から新見市へ移譲[1]

地理編集

通過する自治体編集

  • 新見市

接続道路編集

  • 岡山県道317号千屋実大佐線(新見市大佐大井野〔起点〕)
  • 国道180号(新見市千屋花見〔終点〕)

編集

  • 市倉峠(新見市大佐大井野 - 新見市千屋井原間)

名所・旧跡・観光地編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 岡山県ホームページ - 市町村に移譲された事務・権限の一覧

関連項目編集