岡山石(おかやませき、 Okayamalite)は、1998年に発表された新鉱物国立科学博物館鉱物学者松原聰などにより、岡山県川上郡備中町布賀(現高梁市地図 - Google マップ)から発見された[1]。布賀はゲーレン石・スパー石スカルンが発達している[2]化学組成はCa2B2SiO7で、正方晶系ゲーレン石 (Gehlenite) のアルミニウム硼素で置き換えた組成の種である。産出地の県名から命名された。

岡山石
化学式 Ca2B2SiO7
結晶系 正方晶系
文献 Satoshi Matsumoto; Ritsuro Miyawaki; Akira Kato; Kazumi Yokoyama (October 1998). “Okayamalite, Ca2B2SiO7, a new mineral,boron analogue of gehlenite” (pdf). Mineralogical Magazine 62 (5): 703-706. http://www.minersoc.org/pages/Archive-MM/Volume_62/62-5-703.pdf 2014年12月3日閲覧。. 
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示

脚注編集

  1. ^ Matsubara, S. (1998): Okayamalite, Ca2B2SiO7, a new mineral, boron analogue of gehlenite. Mineral. Mag., 62, 703-706.
  2. ^ 草地功, 逸見千代子, 逸見吉之助、岡山県備中町布賀産含大江石脈 『岩石鉱物鉱床学会誌』 1984年 79巻 7号 p.267-275, doi:10.2465/ganko1941.79.267

関連項目編集

外部リンク編集