メインメニューを開く

岡崎 宏司(おかざき こうじ、1940年[1][2]4月20日[3] - )は、日本の自動車評論家。本名は同じ字だが「ひろし」と読む[1]内閣府第7次中央交通安全対策会議専門委員[4]国土交通省安全基準検討会委員[5]。2000年から2001年に開催された三菱自動車品質諮問委員会のメンバー[6][7]。東京生まれ、1965年日本大学芸術学部放送学科卒業[3]日本自動車ジャーナリスト協会会員[8]。「クルマの動質」についての研究評価を専門とする[9]

息子に自動車ジャーナリストの岡崎五朗がいる[10]

目次

著作編集

主な出稿先は、『カーアンドドライバー』、『MADURO』、『メンズクラブ』(2012年をもち、連載終了)、『サンデー毎日』(2011年をもち、722回の連載終了)

他に、『モーターファン』、『NAVI』『毎日新聞(夕刊)』、『報知新聞』、『週刊プレイボーイ』、『月刊プレイボーイ』、『メンズエクストラ』、『SAPIO』、『LEON』などに連載していた。カーグラフィックのコラム「FROM OUTSIDE」も1990年頃、執筆していた。

  • フォルクスワーゲン&7thゴルフ 連鎖する奇跡(『日之出出版刊』)
  • 激論!もっとマトモなクルマに乗りなさい(徳大寺有恒と共著:小学館刊)
  • いつも隣にクルマがあった(筑摩書房刊、1996年)
  • 自動車の危機(ちくま新書/筑摩書房刊、1994年)
  • カリフォルニア・ストーリー(講談社刊、1989年)
  • ハワイ・ストーリー(講談社刊 、1988年)
  • 『トヨタ自動車の研究』(グランプリ出版、2002年)
  • LUXURY TVにて、ブログ「岡崎宏司のクルマ DE トリップ」を連載(プロッツ、2008年)
  • Web LEONにて、岡崎宏司の「クルマ備忘録」連載中(2017年〜)

レース編集

小関典幸のクルーとして高岡祥郎とともに1977年のLondon–Sydney Marathon英語版に出場した(総合19位)[11][12]

1974年、小関典幸とともにBAJA1000に出場。車両トラブルで途中リタイア。

テレビ出演編集

出典編集