メインメニューを開く
歌川広重『東海道五十三次・岡﨑』

岡崎宿(おかざきしゅく、おかざきじゅく)は、東海道五十三次の38番目の宿場である。現在の愛知県岡崎市中心部。詳しくは岡崎市を参照。

石高は五万石しかなくとも徳川幕府の下では神君生誕の三河国岡崎城(築城は三河西郷氏西郷稠頼)の城下町を背景に宿場町の規模も駿河国府中宿静岡県静岡市葵区)に次いで大きかった。

目次

アクセス編集

史跡・みどころ編集

隣の宿編集

東海道
藤川宿 - 岡崎宿 - 池鯉鮒宿

外部リンク編集

  ウィキメディア・コモンズには、岡崎宿に関するカテゴリがあります。