岡崎洋 (棋士)

日本の将棋棋士

岡崎 洋(おかざき ひろし、1967年5月4日 - )は、将棋棋士棋士番号は209。千葉県出身。平野広吉七段門下。

 岡崎洋 七段
名前 岡崎洋
生年月日 (1967-05-04) 1967年5月4日(57歳)
プロ入り年月日 1993年10月1日(26歳)
棋士番号 209
出身地 千葉県
所属 日本将棋連盟(関東)
師匠 平野広吉七段
段位 七段
棋士DB 岡崎洋
2024年4月12日現在
テンプレートを表示

棋歴

編集
  • 1981年に奨励会に入会。1級から2級に降級したり、初段で3年停滞したりするなど苦労し、23歳でようやく三段に昇段する。
  • 三段リーグでも苦戦が続いたが、期間中に26歳の年齢制限を迎える第13回三段リーグ(1993年度上半期)では一転して前半から首位に立ち、後半負けが込んだが2位を死守し、四段昇段を果たした。
  • 第45期(2004年度)王位戦でリーグ入り。深浦康市に勝利するが、リーグ残留失敗。
  • 第64期(2005年度)順位戦C級1組で、出だしから8連勝する。9回戦で昇級を争う渡辺明竜王(当時)との直接対決に敗れ、自力昇級がなくなったが、最終10回戦で渡辺明が窪田義行に敗れたため、再び岡崎に昇級のチャンスが巡ってきていた。しかし岡崎も中田功に敗れたため、惜しくもB級2組への昇級を逃した(昇級者は山崎隆之、渡辺明)。その後第65期第67期に降級点を喫し、C級2組へ降級。
  • 翌年の2015年度は、4月から11月まで公式戦12連敗と不振が続き、順位戦C級2組でも3勝7敗に終わり、前期の活躍で順位3位にもかかわらず累積2つ目の降級点となる不運な1年となった。
  • 七段昇段を決めた直後に行われた、第76期(2017年度)順位戦C級2組最終局で井出隼平に敗れ3勝7敗の成績に終わる。今期の順位の差で累積3つ目の降級点を喫し、2018年度以降はフリークラスに編入され、順位戦に出場できないこととなった(在籍期限は岡崎が満60歳となる2028年3月まで)。

棋風

編集
  • 居飛車党ではあるが、年に数回はゴキゲン中飛車などの振り飛車も指す。
  • テンポのよい攻めが身上で、自分の方から仕掛けることが多い[1]

人物

編集
  • 好不調のサイクルが激しいことなどから「マシーン」という愛称がある[2]

昇段履歴

編集

昇段規定は、将棋の段級 を参照。

主な成績

編集

在籍クラス

編集
順位戦・竜王戦の在籍クラスの年別一覧
開始
年度
(出典)順位戦 (出典)竜王戦
名人 A級 B級 C級 0 竜王 1組 2組 3組 4組 5組 6組 決勝
T
1組 2組 1組 2組
1993 52 昇段前 7 6組 --
1994 53 C246 8 6組 --
1995 54 C227 9 6組 --
1996 55 C215 10 6組 --
1997 56 C202 11 5組 --
1998 57 C120 12 5組 --
1999 58 C125 13 4組 --
2000 59 C119 14 3組 --
2001 60 C111 15 3組 --
2002 61 C115 16 3組 --
2003 62 C115 17 3組 --
2004 63 C131 18 3組 --
2005 64 C119 19 4組 --
2006 65 C103 20 4組 --
2007 66 C128 21 4組 --
2008 67 C119 22 4組 --
2009 68 C202 23 4組 --
2010 69 C229 24 5組 --
2011 70 C234 25 5組 --
2012 71 C239 26 5組 --
2013 72 C216 27 6組 --
2014 73 C221 28 6組 --
2015 74 C203 29 6組 --
2016 75 C239 30 6組 --
2017 76 C236 31 6組 --
2018 77 F編 32 6組 --
2019 78 F編 33 6組 --
2020 79 F編 34 6組 --
2021 80 F編 35 6組 --
2022 81 F編 36 6組 --
2023 82 F編 37 6組 --
順位戦、竜王戦の 枠表記 は挑戦者。右欄の数字は勝-敗(番勝負/PO含まず)。
順位戦の右数字はクラス内順位 ( x当期降級点 / *累積降級点 / +降級点消去 )
順位戦の「F編」はフリークラス編入 /「F宣」は宣言によるフリークラス転出。
竜王戦の 太字 はランキング戦優勝、竜王戦の 組(添字) は棋士以外の枠での出場。

脚注

編集
  1. ^ 日本将棋連盟モバイル・定跡探訪(阿久津八段の解説、2016.3)
  2. ^ 「棋士名鑑」(宝島社)、将棋世界付録「現役プロ棋士データブック2016 【上】あ~た行」
  3. ^ 岡崎洋六段が七段に昇段|将棋ニュース|日本将棋連盟”. 日本将棋連盟 (2018年2月20日). 2019年6月8日閲覧。

関連項目

編集

外部リンク

編集