メインメニューを開く

岡崎神社(おかざきじんじゃ)は、京都市左京区岡崎東天王町にある神社である。別名「東天王」とも言われる。かつて付近一帯が野兎の生息地であったことから、兎が氏神様の神使とされる。

岡崎神社
Okazaki-jinja haiden.jpg
拝殿
所在地 京都府京都市左京区岡崎東天王町51番地
[1]
位置 北緯35度1分2.7秒
東経135度47分19.6秒
座標: 北緯35度1分2.7秒 東経135度47分19.6秒
主祭神 素戔嗚尊(牛頭天王
櫛稲田媛命(頗梨采女
八柱御子神(八王子
社格 郷社
創建 延暦13年(794年
別名 東天王社東天王
札所等 京都十六社
全国清々会(素戔嗚尊奉祀神社五十九社霊場)
例祭 7月16日(お涼み)
テンプレートを表示

祭神編集

祭神として素戔嗚尊(すさのおのみこと)、櫛稲田媛命(くしなだひめのみこと)とその御子・三女五男八柱神を祀る。

歴史編集

延暦13年(794年)、桓武天皇平安京遷都の際に、王城鎮護のため平安京の四方に建てられた社の一つとされ、都の東に鎮座するころから東天王と称される。

清和天皇が、貞観11年(869年)に造営し、播磨国廣峯から祭神を迎え祀り、当寺同地にあった東光寺の鎮守社の役割を果たした。

治承2年(1178年)には高倉天皇中宮徳子の御産の幣帛を賜ったことにより、安産の神として信仰される。元応元年(1319年)には後醍醐天皇により社殿を再建、正一位の神階と神宝を賜っている。

安産の神とされる他、多産である兎が神使であること、祭神の素戔嗚尊と櫛稲田媛命に子供が多いことから子授けの神ともされ、神社創建の由来から方除けの神ともされている。

境内編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ アクセス”. 岡﨑神社. 2017年1月25日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集