メインメニューを開く

岡 市之助(おか いちのすけ、1860年3月28日安政7年 3月7日[1][2]) - 1916年(大正5年)7月20日[1][2])は、日清戦争から第一次世界大戦までの時期の、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍中将男爵

岡 市之助
Gen. Oka Ichinosuke.jpg
岡市之助
生誕 1860年3月28日
山口県
死没 (1916-07-20) 1916年7月20日(56歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1881 - 1916
最終階級 陸軍中将
テンプレートを表示

目次

経歴編集

長州藩士・陸軍1等軍吏、岡吉春(品川弥二郎の命で錦の御旗を密造[要出典])の二男としてで生まれる[1]。大阪外語学校を経て、1881年(明治14年)12月、陸軍士官学校(旧4期)を卒業[1][3]

卒業後は歩兵第8旅団副官歩兵第20連隊中隊長、陸士教官を歴任[1]日清戦争には第1師団参謀として出征[1][2]参謀本部第2部員、兼軍令部第2局員を歴任し、日露戦争では陸軍省軍務局軍事課長をつとめた[1][2]1905年(明治38年)3月、陸軍少将[1][3]。歩兵第22旅団長、参謀本部総務部長、歩兵第29旅団長、軍務局長、陸軍次官などを経て、1912年(明治45年)2月、陸軍中将に進んだ[1][2][3]

軍部大臣現役武官制改正問題では、次官でありながら木越安綱陸相批判の急先鋒となった[2]第3師団長を経て、1914年(大正3年)4月、陸軍大臣に就任し[1][2][3]上原勇作陸相以来の懸案であった2個師団増設を実現した[2]。陸軍長州閥の中心的存在であったが、1916年(大正5年)3月、健康上の理由のため陸相を辞して待命となった[1][2]。同年7月6月、日清・日露・第一次世界大戦の軍功により男爵位を授けられた[4]

栄典編集

親族編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『日本陸海軍総合事典』第2版、39頁。
  2. ^ a b c d e f g h i 『日本陸軍将官辞典』163頁。
  3. ^ a b c d 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』62頁。
  4. ^ 『官報』第1180号、大正5年7月7日。
  5. ^ 『官報』第8073号「叙任及辞令」1910年5月23日。
  6. ^ 『官報』第3671号「叙任及辞令」1895年9月21日。
  7. ^ 『官報』第3862号・付録「辞令」1896年5月16日。
  8. ^ 『官報』第5072号「叙任及辞令」1900年6月1日。
  9. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1906年12月30日。
  10. ^ 『官報』第539号「叙任及辞令」1914年5月18日。
  11. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  12. ^ 『官報』第6433号「叙任及辞令」1904年12月8日。

参考文献編集

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。

外部リンク編集


公職
先代:
楠瀬幸彦
陸軍大臣
1914 - 1916
次代:
大島健一
日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
岡(市之助)家初代
1916年
次代:
岡春雄