メインメニューを開く

岡 新(おか あらた、1890年(明治23年)7月16日 - 1958年(昭和33年)3月23日)は、日本の海軍軍人海兵40期、海大甲種第22期、海軍砲術学校高等科第18期(首席)。最終階級は海軍中将

岡 新
生誕 1890年(明治23年)7月16日
日本の旗 日本東京府
死没 1958年(昭和33年)3月23日
所属組織 日本海軍
軍歴 1910年(明治43年) - 1945年(昭和20年)
最終階級 海軍中将
テンプレートを表示

目次

略歴編集

現在の東京都港区出身。旧制東京府立第一中学校より海軍兵学校第40期入校。入校時成績順位は150名中第38位、卒業時成績順位は144名中首席。

太平洋戦争勃発直前に於ける総力戦研究所での活躍が知られている。

名言編集

「スピード、スピード、これからの歴史は、今までの何倍、何十倍のスピードで進む。起ち上がるのも、亡び去るのも。」「若いときのひらめきには概して間違いがない。ひらめくことがあったら、それを深く深く、徹底的に掘り下げて考えてみろ。・・・」。1945年8月22日の記者会見で[1]

年譜編集

栄典編集

脚注編集

  1. ^ 日本経済新聞2010年4月3日朝刊。毎日新聞記者藤田信勝の日記より
  2. ^ 『官報』第828号「叙任及辞令」1929年10月1日。
  3. ^ 『官報』1930年7月28日 敍任及辭令

参考文献編集

関連項目編集