メインメニューを開く

岡本 智英子(おかもと ちえこ、1959年 - )は、日本法学者関西学院大学大学院経営戦略研究科教授。専門は商法会社法

略歴編集

徳島県出身[1]。 1983年関西学院大学法学部法律学科卒業。 1993年慶應義塾大学大学院法学研究科前期博士課程修了、同後期博士課程単位取得満期退学。

中部学院大学短期大学部専任講師、高知大学人文学部助教授を経て、関西学院大学専門職大学院経営戦略研究科助教授、教授[2]

著書編集

単著編集

分担執筆編集

脚注編集

  1. ^ 『募集株式発行の効力論』(税務経理協会, 2007年)
  2. ^ 岡本 智英子 - 関西学院大学 研究者データベース